IBM Watson Blog

<イベント開催 3/12>DataとAIで変える顧客接点 – 価値創出へのシフト

記事をシェアする:

いまや80%以上の企業がAIの活用を重視しており、多くのAI利用の事例が巷を賑わすようになりました。しかし、いまだチャットボットのような自動応答の仕組みのみAIを使っている企業が多く、AIをビジネスプロセスの中に取り込み、ビジネス価値を創出すべく活用できている企業は一部に限られているのが現状です。

数々の企業のWatson導入を支援してきたIBMはその経験から、AI実用化の成功の鍵はDataにあると考えています。
本セミナーでは、AIのより高度なビジネス活用を志向される企業の皆様に向け、DataをAIで活用し、さまざまな顧客接点での対応を高いサービスレベルで効率化する仕組みについて、ご紹介します。
さらに、AI活用によって得られる新たなDataに潜む価値とその利用についてご提案します。

<セミナー概要>

セミナー名

DataとAIで変える顧客接点

– 価値創出へのシフト

開催日時

会場

対象

お申込み

<スケジュール>

時間 講演内容
14:00 – 14:10 オープニング

IBMクラウド事業本部 Data & AI事業部長 理事
黒川 亮 

14:10 – 15:00 進むAIのビジネス活用 – AI実用化の鍵はDataとAIのサイクルにあり

IBMクラウド事業本部 Data & AI事業部
テクニカルソリューション 部長
田中 孝

AIは、ビジネスプロセスに組み込み日々の業務に活用していくことで価値創出のドライバーとなります。これには、業務データを元に学習モデルをつくり、そのモデルをビジネス・プロセスに適用し、利用過程で得られたフィードバックを学習モデルに戻すというサイクルの構築が必要になります。本セッションでは、AI実用化のためのアプローチについてご紹介します。

15:00 – 15:05 休憩
15:05 – 15:35 AIで進める効率化とサービス改善

IBMクラウド事業本部 Data & AI事業部
ワトソン・テクニカル・セールス
平澤 修

慢性的な人手不足の一方、顧客ニーズは多様化し、お客様への対応にはより深く幅広い知識と理解が求められています。Watsonを活用することで、お客様への対応属人化から解放し、過去の知見や経験から最適な対応を導きだすことができます。限られたリソースによるお客様の対応を最大限に効率化するためのWatsonソリューションをご紹介します。

15:35 – 15:45 休憩
15:45 – 16:15 DataとAIによる価値への転換

IBM クラウド事業本部Data & AI事業部
プロダクト&ソリューション
本郷 千代

お客様の購買履歴やWebサイトの行動ログなど、企業のアプリケーションには顧客のニーズと行動の理解を助ける貴重なデータが含まれています。また、AIの実装によって得られるお客様との対話履歴はお客様とその関心をより深く理解するための新しい資産と言えます。このようなDataをAIやデータサイエンスによって価値へと転換することが、IBMが描くDataとAIによるビジネス変革への道筋です。本セッションでは、これらのデータの活用を促進する仕組みについて、お話しします。

16:15 – 16:20 休憩
16:20 – 17:05 お客様講演:オムニチャネル・カスタマーセンターにおけるAIの活用事例

グローバル大手消費財メーカー
川村 有吾様

顧客接点改革にIBM Watsonを活用されているお客様に、実際の経験を通じて得た導入のポイントや改善点などについてお話しいただきます。

 

<お問い合わせ窓口>
IBMアクセスセンター
フリーダイヤル:0120-550 -210 受付時間:9:00~17:00(土、日、祝日を除く)
※お問い合わせの際は「3/12 Watsonセミナー」の件とお申し付けください。

 

More IBM Watson Blog stories

【4〜5月開催】IBM SPSS Modeler 無料体験セミナー(AIT主催)

アナリティクス, イベント・セミナー

AITのSPSS体験セミナーは、数年前よりほぼ毎月実施させていただいております。のべ600名以上のユーザー様に ...続きを読む


【3月29日(金)開催】IBM Notes/Domino V10 バージョンアップ・セミナー

Events, イベント・セミナー, コラボレーション

V10バージョンアップのための技術情報をお届けします Notes/Dominoの最新バージョン「V10」では、 ...続きを読む