IBM Watson Blog

【使ってみよう! Watson Analytics-その④】データの把握 – Explore機能編

記事をシェアする:

Watson Analyticsの3つの機能の一つである「Explore」により、データのビジュアライゼーションとデータからの関連性を見ることができます。
今回は、「Explore」の使い方について解説します。

1.まずWatson Analyticsにログインしましょう。

2.Exploreの機能を利用するには3通りの方法があります。
①Watson AnalyticsのWelcomeページから前回のアップロードしたデータを選択する方法、②トップイメージの「Explore」をクリックする方法、そして③「Add」ボタンから作成する方法の3つです。
wa_20150107_01

3.(方法その①:メインのイメージをクリックする方法)
メインメニューのExploreをクリックすると利用可能なデータがポップアップされます。そこから可視化したいデータを選択します。
wa_20150107_02

(その②:Addボタンから追加する方法)
中央部の「Add」をクリックすることでExploreの対象となるデータを選択することができます。もし新規にデータを付け加えたいのであれば、 「Drop your file here or tap to browse」を選択し、再度新しくデータをアップロードしてください。
wa_20150107_03

wa_20150107_04

(方法その③:メニュー以下のタイル部分から選択する方法)
Welcomeページの下部に表示されているタイル部分で可視化したいデータを選択し、「Exploration」を選択することによる可視化を行うことが可能です。
wa_20150107_05

さて、一旦データを選択した後、ワークスペースとなる「Workbook」の作成に移ります。Workbookを作成すれば、Watson Analyticsが自動的にデータを調査し、準備が整います。
wa_20150107_06

Workbookを作成した後、上手のような画面が表示されます。ここでは、「American Time Use Survey (Lite)」のデータから自動的に検出された関連性を示すと共に、何がしたいかをWatson Analyticsが質問を投げかけます。自然言語(英語のみ)で回答するか、下に表示されている選択肢を選択することによりデータのビジュアライゼーションの詳細を見ることができます。
wa_20150107_07

このデータ例では、教育レベルによる週毎の売上の詳細を可視化しています。メインのグラフの上部には、集計した値や関連しそうな指標などが表示されています。さらに別の視点や切り口でデータを把握したい場合には、「+ new」をクリックしします。
表示されている画面を保存したいときには、左上のページのメニューボタンをクリックして、名前を保存すれば設定を保存することができます。
wa_20150107_08

wa_20150107_09

このように様々な視点でデータの可視化を行い、知見を得ることが可能です。
wa_20150107_10

More stories

ブログで学ぶSPSS_Modeler #07- モデル評価に欠かせない予測変数の重要度!そのカラクリと存在意義

Data Science and AI, SPSS Modeler ヒモトク, アナリティクス...

  皆様こんにちはIBMの西牧です。   SPSS Modelerでモデルを作成すると大抵の場合、予測変数の相対重要度が出ます。     個々のフィールドがどの程度予測に影響を与え ...続きを読む


【Webセミナー抄録】労働安全の即戦力! AIによる危険源の見える化

IBM Data and AI, IBM Watson Blog

5月26日(水)13:00-14:00に開催されたWebセミナー「労働安全の即戦力! AIによる危険源の見える化〜経営課題に安全の確保を掲げる三井化学様の安心安全な労働環境づくりへの貢献事例のご紹介〜」の抄録です。 &n ...続きを読む


身近な疑問をヒモトク#06-答えはお客様の中にある!アンケートの自由回答からニーズを顕在化させる

Data Science and AI, SPSS Modeler ヒモトク, アナリティクス...

  こんにちは。マーケティングバリューアップの千野といいます。   みなさんは日頃、アンケートに協力することはあるでしょうか。 かつては紙一択だったアンケート。最近はスマホやタブレットの調査が低コスト ...続きを読む