事業継続

【COVID-19対応】DX実現のための全社員育成(Virtual Learning 90日間無料試行)

記事をシェアする:

COVID-19の影響により、人の移動が制限される状況は、今後も続くと考えています。この新しい環境下でもビジネスを継続的に成長させていくためのソリューションの一つとして、株式会社ニューズピックス、Cornerstone、日本アイ・ビー・エムの三社合同で緊急に立ち上げたソリューション「Virtual Learning Free」をご紹介します。

Virtual Learning Freeでは、DX(デジタル・トランスフォーメーション)実現に必要な基礎知識をe-Learning形式で学ぶことが可能です。この未曽有の危機を私たちが共に乗り越えるためのご支援として、また、Virtual Learningがお客様に適したものであることを見極めていただくために、各社契約ごとに90日間無料でお試しいただけます。


DX人材育成の対象は専門家から全社員へ

日本では「2025年の崖」が広まる前後から、DX人材の育成に取り組む企業が多くなってきました。データ・サイエンティストやITアドボケイト/エバンジェリストなど、DXをリードする人材の育成が進められ、彼らによってDX企画、実現化が進められています。

一方で最近は、

  • DXで実現した新しい業務・システムを現場に有効活用してもらえない
  • 働き方改革にDXを取り入れたいため、全社員がDXを企画できるようにしたい

というようなご相談が多くなってきています。今後ますます加速するであろうDX。そのための基礎知識は、新しいリテラシーとして、全社員に求められることになるでしょう。DX実現に向けて、「推進者」である専門家の育成を継続すると共に、「DX活用者」「企画者」として全社員の育成を開始すべき時期に来ています。


Virtual Learningの特長

一般的に、「全社員」という大規模な育成を行うときは、e-Learningが使用されます。しかし、大量にあるコンテンツを受講することは、非常に負荷が高いものです。Virtual Learningでは、この負荷を軽減するために、受講生の得意分野を判断し、得意分野ごとに各コンテンツの推奨受講順序を提示します。また、お客様企業の社員の受講歴データと受講後アンケート結果をご提供します。このデータを分析することで、各社に適した育成方針検討が期待できます。

  • DX実現における、あなたの得意分野を判断します
  • 各コンテンツを学ぶ推奨順序(Learning Path)を提示します
  • 今後の育成方針検討のため、受講データおよびアンケート結果を提供します

DXの得意分野:DX実現に必要な3つの機能

IBMではDX実現に必要な機能を「Business」「Integration」「Technology」の3つに分解しています。各機能に必要となる知識や資質を考慮すると、すべてを一人で担える人は少数です。不得意な分野を無理やり押し付けるのではなく、各個人に適した分野を学習させることを推奨します。Virtual Learning Freeでは、簡易アセスメントを用いて得意分野を判断します。

  • Business:業務の中に改革機会を見出す
  • Integration:ビジネスと技術、ユーザーと新業務/IT、を繋ぎ合意形成する
  • Technology:複数の技術知識を基に、適用技術を決断する

Learning Path:

無料お試し用のVirtual Learning Freeでは、IBMの知見を基にした「得意分野」と「推奨受講順序」を、静的に示します。本格活用する際は、会社が受講を求めるコンテンツのほか、個人の受講歴を基にした推奨コンテンツを、個別最適に、動的に示すことが可能です

データによる育成方針検討:

受講歴やアンケート結果のデータは、企業として今後目指すべき育成の方向性を検討する際の重要なインプットとなります。基礎講座を広げるべきか、実践的な学びを進めるべきか、それともまだ学習の必要性を啓発する段階にあるのか。Business、Integration、Technologyのいずれが社員に受け入れられやすいのか、などをデータから読み取ることで、貴社独自の育成方針検討を支援します。

Virtual-Learning-全体スキームイメージ
 


コンテンツ、ツール紹介

コンテンツ:

株式会社ニューズピックスとIBMが保有する動画コンテンツを無償で提供します。基礎講座としては、前述の3分野のほか、「経営層,現場リーダー」に向けたコンテンツを提供します。また、応用講座として「DX企画実践」のコンテンツも提供します。

ほぼ全てのコンテンツは5分以内にまとめられており、休憩時間などに気軽に受講できるようになっています。コンテンツ例
ツール:

Cornerstoneが保有するラーニング・プラットフォーム(コーナーストーン・ラーニング)を提供します。

コーナーストーン・ラーニングは、個人最適なLearning Pathの提供、コンテンツの検索により、受講者を支援します。また、学習状況の管理、受講状況データ等の分析による人事施策の提案などにより、企業側の育成担当者を支援します。

Virtual Learning Free画面イメージ

 

 


ご相談、お申込み方法

以下のフォームからお問い合わせください。折り返し、ご連絡いたします。

→ お問い合わせ

 

【サービス、企業紹介】

NewsPicks Enterprise

NewsPicksは、The Wall Street JournalやThe New York Timesなどの国内外100メディアのニュースのほか、NewsPicks編集部が作成するオリジナル記事も配信するソーシャル経済メディアです。各業界の著名人や有識者が投稿したコメントと共に、多角的にニュースを読み解くことができます。「NewsPicks Enterprise」は、主にエンタープライズ企業の組織活性化・人材育成といった課題解決を、テクノロジーとコンテンツの力でサポートする新ブランドです。NewsPicksを企業専用の社内メディアとして活用できるSaaS、法人向けMOOC(eラーニング)、社内カンファレンス企画、研修企画などを提供しています。
https://enterprise.newspicks.com/mooc

Cornerstone社

コーナーストーンオンデマンド(NASDAQ: CSOD)は、クラウドベースのラーニングおよびタレントマネジメントソフトウェアのグローバルリーダーです。ラーニングで人々の可能性を引き出し、社員のライフサイクルを通じて、継続して人材を育成し、戦略的に人材管理を行うことを支援します。コーナーストーンのソリューションは世界180か国、40を超える言語で、7,000社、7,500万ユーザー以上に使用されています。
https://www.cornerstoneondemand.jp/company/about-jp

More 事業継続 stories

間接業務におけるDX  -BPOを通じた共創と変革の加速-

IBM Services, Others

吉崎 貴哉 日本アイ・ビー・エム株式会社 グローバル・ビジネス・サービス事業本部 コグニティブ・プロセス・サービス 事業企画 アソシエイト・パートナー     間接業務におけるDXの課題とBPO 今や ...続きを読む


IBM とAlliance to End Plastic Waste、データプラットフォームを構築し 環境内の世界中のプラスチック廃棄物の追跡を支援

IBM Services

IBMはサポートメンバーとしてアライアンスに参加:データプラットフォーム開発で協力し、プラスチック・バリューチェーンの利害関係者をサポート [米国ニューヨーク州アーモンク – 2020年12月15日(現地時間)発] IB ...続きを読む


新型コロナウイルスの時代にSalesforceのユーザー企業が対応し、生き延び、前進するために取り組んでいる4つのこと

IBM Services, Others

新型コロナウイルス感染症(以下、新型コロナウイルス)のパンデミックからの回復の道のりは依然として平坦ではないと言わざるを得ません。多くの業界、企業が苦闘してきた一方で、素早く対応した組織もありました。1つだけ明らかなこと ...続きを読む