IBM Cloud アップデート情報

IBM Cloudのロケーション名の命名構造変更のお知らせ

記事をシェアする:

IBM Cloudの新しいロケーション名表示

IBM Cloudはグローバルでの可用性を継続的に拡大しています。

世界中で展開する地理的地域、リージョン、データセンターの名称について、一貫性があり、階層構造をわかりやすく示すために、ロケーションの命名構造を変更しました。

従来からのリージョン名称に精通しているお客様は、米国南部やシドニーなどの名前を思い浮かべるでしょう。それらは地理的に一貫しているわけではないため、このロケーション名について、データセンターが物理的所在地となる都市名に揃えていくことにします。

プログラムのIDは今のところ変更されていないため、APIの観点からは大きな影響はありません。 従来のロケーション名と新しいロケーション名を以下にまとめます。

 

従来のロケーション名表示/ID
新しいロケーション名表示/ID
US South/us-south
Dallas/us-south
US East/us-east
Washington DC/us-east
United Kingdom/eu-gb
London/eu-gb
Germany/eu-de
Frankfurt/eu-de
Sydney/au-syd
Sydney/au-syd
AP North/jp-tok
Tokyo/jp-tok

 

 

 

 

 

 

 

さらにデータセンター全体の包括的なリストや詳しい情報については IBM Docs をご覧ください。

 

原文:https://www.ibm.com/blogs/bluemix/2018/11/updated-global-location-names-for-ibm-cloud/(US)

More IBM Cloud アップデート情報 stories

第14回【開催レポート】『コンテナ共創センター勉強会〜VMwareが考えるコンテナとKubernetesの世界〜』

IBM Cloud Blog, IBM Partner Ecosystem

こんにちは、日本IBM クラウドテクニカルセールスの中山です。 この記事では4月27日に行われた第12回コンテナ共創センター勉強会の様子をご紹介します。 COVID-19の影響で発足当初からオンラインで開催していた勉強会 ...続きを読む


APクロス・リージョンおよびソウルと香港でリージョナルのIBM Cloud Object Storageをご利用の皆さまへ

IBM Cloud Blog, IBM Cloud News

2021年秋にお知らせしました(詳細はこちら)、IBM Cloud®の一部老朽化データセンターの閉鎖に伴い、 お客様には対象データセンターから移行先データセンターへのリソースやサービスの移行、およびデータの移行に関してご ...続きを読む


IBM Cloud FoundryからCode Engineへのマイグレーションに関するベスト・プラクティスの紹介:サービス・バインディングとコード

IBM Cloud Blog, IBM Cloud チュートリアル

Part1:Cloud Foundry アプリケーションを IBM Cloud Code Engine にマイグレーションするためのベスト・プラクティス 昨年、 Cloud Foundry のアプリケーションを IBM ...続きを読む