テクノロジー・サポート・サービス

テクノロジー・サポートの視点 第2章-5

記事をシェアする:

渡辺 公成

渡辺 公成
日本IBM グローバル・テクノロジー・サービス事業本部 テクノロジー・サポート・サービス事業統括 執行役員
1986年IBM入社。経営企画、ソフトウェア事業本部、クラウド事業本部を経て2017年5月より現職。


「真」のDX実現のため、ITリーダーは「攻め」と「守り」の二刀流をいかに推進すべきなのか

デジタル技術を活用したデジタル変革(DX)への取り組みは、いまやあらゆる業界に波及しています。たとえば、金融機関においては、銀行業務や決済業務など、すでにさまざまなゲーム・チェンジが起きています。しかし、中にはまだそこまでの地殻変動が起きていないDX「前夜」ともいえる状況にある企業もあり、それぞれの企業が置かれている状況は業界によってさまざまです。一方で、DX時代においては、ビジネス・モデルやデータ量の劇的な変化、異業種の新規参入、人財不足など、企業を取り巻く環境はいっそう厳しさを増しています。ところが、既存のシステムの維持運用にまだ多くの資源が費やされている現状において、DXの推進は決して容易なことではありません。その中で、「真」のDX実現のために、ITリーダーはどのように「攻め」と「守り」の二刀流を推進すべきなのでしょうか?

このたび、損保ジャパン日本興亜の「攻め」と「守り」の二刀流IT戦略を牽引されている同社のCIO浦川真一氏と、あらゆる企業が推進する「DX」について、どのような未来像を描き、具体的にどのように実現すべきか、というテーマでの対談をいたしました。皆様がDXを推進される際の戦略立案や課題解決の一助となりましたら幸いです。

この場をお借りして浦川氏に厚く御礼を申し上げます。


[SB Creative企画・編集]ビジネス+IT 損保ジャパン日本興亜x IBM対談
「真のDXにはXX―Ready」 浦川常務が明かす攻めと守りの二刀流戦略
(損保ジャパン日本興亜 取締役常務執行役員浦川真一氏+ IBM 渡辺公成)

(日本アイ・ビー・エム株式会社提供)


マルチベンダー・サポートならIBM。多くの実績と経験で、お客様のIT環境の安心安全な運用をサポートします。

もし、お客様がクラウド、OSSをはじめ、さまざまなマルチベンダー環境の運用保守でお困りでしたら、ぜひ私どもにご連絡いただければ幸いです。長年培ってきた実績と経験をもとに、お客様のどんな課題にも、真摯に対応させていただきたいと考えております。

IT部門の視点。事業部の視点、それぞれに効率的なテクノロジー・サポートへの関心は高まり、お客様からのお問い合わせも多く頂戴しています。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

なお次回はクラウドやOSSなどが混在する今日のIT環境をどのように解決すべきなのか、識者との対談をご紹介します。どうぞご期待ください。


More テクノロジー・サポート・サービス stories

テクノロジー・サポートの視点 第2章-7

IBM Services, テクノロジー・サポート・サービス

渡辺 公成 日本IBM グローバル・テクノロジー・サービス事業本部 テクノロジー・サポート・サービス事業統括 ...続きを読む


テクノロジー・サポートの視点 第2章-6

IBM Services, テクノロジー・サポート・サービス

渡辺 公成 日本IBM グローバル・テクノロジー・サービス事業本部 テクノロジー・サポート・サービス事業統括 ...続きを読む