AI Powered IoT

OTとITをつなぐアロー社のオープン・ラボ開設

Cognitive Applications Blog, 技術動向・トレンド

  このブログ記事は、アロー・エレクトロニクスの産業用IoT部門のリーダーであるレベッカ・センデル氏が書かれた『Arrow Colorado Open Lab: How to bridge the OT/IT ...続きを読む


東京モーターショー | モビリティにおける生体情報の活用

Cognitive Applications Blog, イベントレポート, 自動車

  「2030年に新車販売される車両の15〜20パーセントが、完全自律型機能を持った車両となる」 「2030年に世界中を走る車両の総合走行距離のうち1/4がシェアリングカーによるものとなる」 — こ ...続きを読む


デジタル・ヴィレッジ・プラットフォームで地域課題に挑む(TDU松井研究室インタビュー)

Cognitive Applications Blog, プラットフォーム, 事例

  少子高齢化、低食料自給率、地域格差、老老介護…。近年「課題先進国」や「社会課題大国」という呼ばれることもめっきり増えた日本。個々の課題への対応は進められつつも、成功例はあまり耳にしません。 今回、IoTやA ...続きを読む


想定外のメンテナンスを一掃するMaximo Asset Monitor

Cognitive Applications Blog, 設備保全・高度解析

  2030年までに、全世界で接続されているIoTデバイスの数は、1,250億に達すると予測されています。 この数字は、設備機器のインテリジェント化がどのように進んでいくかを明確に示していると言えるでしょう。そ ...続きを読む


IBMが描く未来の労働者の安全 – 産業用IoT界のイノベーターと共に

Cognitive Applications Blog, 設備保全・高度解析

  ■ 従業員の安全をどう守るのか 米国安全性評議会は、毎年2万人以上の参加者が集まる恒例のコンベンションをカリフォルニア州サンディエゴで先日開催しました。このコンベンションは世界最大規模の健康と環境に関する会 ...続きを読む


2030年に向けて、自動車業界が今からIoTでするべきこと

Cognitive Applications Blog, 技術動向・トレンド, 自動車

  2030年の自動車業界に関する、こんな予測数値はご存知ですか? 15台 すべての人が、平均15台のコネクテッド・デバイスを所有する。¹ 15% 2030年までに販売される新車のうち、最大15%が完全な自律走 ...続きを読む


日経 xTECH EXPO 「IBMが描く労働現場の未来」セッションレポート

Cognitive Applications Blog, イベントレポート

  2019年10月9日から11日までの3日間、東京ビッグサイトで開催されている「日経 xTECH(クロステック)エキスポ」。 今回は、初日のIBM Watson IoTのセッション「IBMが描く労働現場の未来 ...続きを読む


[事例] エネルギーの無駄を50%カット。同時に費用とCO2排出量も大幅削減

Cognitive Applications Blog, プラットフォーム, 事例

  エコプラント社(省エネルギーと圧縮空気システム管理のエキスパート・カンパニー)事例   圧縮空気システムの非効率な使用は、最大でエネルギーを50%無駄にし、企業に巨額の負担を課します。エコプラント ...続きを読む