Db2

IBM Cloud活用事例 RSGメディア様

記事をシェアする:

TV視聴者に対するすばやく、深いインサイトをIBM Cloudで提供

デジタル・チャネル範囲の拡大でTV視聴者が細分化するにつれて、メディア企業にとり広告主に支出を納得させることが困難になってきています。メディア顧客にTV視聴者を理解し、関与し続けてもらうために、そしてそれによって広告収入を維持、成長させるために、RSG Mediaは分析プラットフォームをIBM Cloudに移行し、大きく、複雑になったデータ・セットからより深いインサイトを提供するためのスケールとパフォーマンスを手にしました。

ビジネス上の課題

デジタル・メディアの急増につれて、従来のTV視聴者は自分が選んだプラットフォームに移動しています。メディア企業には視聴者を理解し、関与し続ける賢い方法が必要です。さもなければ視聴者と広告収入を失うリスクがあります。

トランスフォーメーション

RSG Mediaは視聴者分析プラットフォームをIBM Cloudに移行して、メディア顧客に対する深い分析の速度を上げながら経費を削減できるスケーラビリティ、柔軟性、パフォーマンスを手にしました。

導入効果

高速化

豊富な、より複雑な視聴者データ群に対するインサイト

スケーラビリティ

柔軟なリソースで需要の変化に合わせてすばやく、容易なスケーリング

制約からの解放

RSG Mediaはテクノロジーや運用ではなく、ビジネス開発に集中

ビジネス上の課題

とらえどころのない視聴者をつかまえる

アメリカ合衆国の成人はこれまで以上にメディアとの対話に時間を費やしている – 平均で1日11時間(英語) – アナリストはTVの生放送とタイムシフトの視聴率が今後数年間に下がり続ける(英語)と予測しています。この結果、広告支出は減少するので、TVネットワークは視聴者を見つけ、維持するより賢い方法を必要とするでしょう。業界全体で粗利益は低下していて、視聴者獲得競争は劇的に強まるのに、デジタル・プラットフォームの急増が続いて、効果的に視聴者の的を絞り、つかまえることが困難になっています。

コンテンツを現金化し、広告収入を維持するためにメディア企業は視聴者に対するよりよいインサイトをすばやく得る必要があります。RSG Mediaはメディア企業が視聴者の「眼球の動きを追う」ことができるよう、深い分析と機械学習を展開して、スケジュールや広告に関する意思決定をサポートするリアルタイム・インサイトを提供します。RSG MediaのMedia Mantra分析プラットフォームは行動ターゲティングで視聴者となりそうな候補を発見して、彼らにリーチする最善の方法が自社のネットワークなのか、姉妹ネットワークなのか、競合ネットワークなのかを判断します。

RSG MediaのMedia MantraのCEOであるShiv Sehgal氏はこう説明します。「コンテンツは今でも最重要ですが、さらに聴衆がどんな人物なのかを知る必要があります。それによって的を絞って戦略的に適切な時間に適切なプログラムを放送することで、聴衆と広告収入を伸ばせます。リニア・メディアで複雑なのは、番組制作者がTV番組の時間と広告、コンテンツ販促の時間を共有していることで、これが同じ時間帯を取り合っていることです。もちろん広告チームはその時間を販売して売上をのばしたいと考え、販促チームはそれを使って、ブランド認知を高めて、より多くの聴衆を引きつけたいのです。今日の現金をかせぐか、明日大きくかせぐために視聴者を増やすか、の激しい戦いは、最終利益を積み上げて、エンタープライズ全体に価値をもたらすデータ主導の最良戦略気例です。」

データ量とユーザーの要求のどちらも急増しているので、RSG Mediaは既存のオンプレミス・テクノロジー・スタックでは、深い、豊富な分析という顧客の要件を満たすのが難しくなると考えました。既存ソリューションの拡張では問題の一時的な解決にしかならないことを認識して、RSG Mediaはより深い分析をより大きなユーザー・ベースに対して行えるスケーラビリティ、24時間無休の可用性、コストパフォーマンスを提供できる新しいアーキテクチャー手法を探しました。


純粋なテクノロジー上の観点からは、RSG Mediaで行っているあらゆることの本質はIBM Db2 Warehouse on Cloudにあります。Snowflake、Amazon Redshift、Db2 Warehouse on Cloudなどの主要競合のベンチマークを行って、最善のコストパフォーマンス・レシオが得られました。

—Shiv Sehgal氏、RSG MediaのMedia MantraのCEO


変革の物語

クラウドの速度

RSG Mediaはスケールと継続並列処理用に構築された、高度な自動化のクラウドベースのテクノロジー・スタックに移行しました。同社はオンプレミスETL(抽出、変換、ロード)スタックをIBM Cloud上のベア・メタル・サーバーに移行して、IBM dashDBのオンプレミス・インスタンスをIBM Db2 Warehouse on Cloudに置き換えました。

「IBMをお勧めする理由。真の答は人材です」とSehgal氏は語ります。「物事を成すのは人で、テクノロジー上の視点から、当社の変化する業務ニーズとともに進化を望むプロバイダーと組みたいと心から思っていたのです。」

RSG Mediaの新クラウド・ランドスケープでは、IBM Cloud上の永続的でスケーラブルな、イベント駆動のETLレイヤーがNielsenやその他のサートパーティ・ソースから届いたデータをパースし、検証します。IBM Cloud Functions – Apache OpenWhiskを基盤としたサーバーレスのコンピューテーショナル・エンジン – がワークフローのニーズに応じてデータをIBM Cloud Object StorageまたはDb2 Warehouse on Cloudにプッシュします。コンピューテーション・レイヤーで、IBM Cloud SQL QueryとIBM Analytics for Apache Sparkがビッグ・データをCloud Object StorageとDb2 Warehouse on Cloudから引き出して、価値のあるインサイトに変換します。

「純粋なテクノロジー上の観点からは、RSG Mediaで行っているあらゆることの本質はIBM Db2 Warehouse on Cloudにあります。」とSehgal氏は言います。「Snowflake、Amazon Redshift、Db2 Warehouse on Cloudなどの主要競合のベンチマークを行って、最善のコストパフォーマンス・レシオが得られました。データベースのエンジンと構造が当社のNielsen MIT、NADとAMRLD視聴率データを処理する最速の方法を提供します。」

RSG MediaはIBM API Connectを利用して、Node.jsとIBM Cloud FunctionsからSpark、SQL Query、Db2 Warehouse on Cloudなどの適切なコンピューティング・エンジンを呼び出します。同社はIBM Watson StudioとIBM ILOG CPLEX Optimizationを利用する新データ・モデリング・レイヤーを追加して、AIと機械学習モデルを構築、トレーニングします。

「メディア業界向けに微調整できるテクノロジーが必要でした」とSehgal氏は言います。「Nielsenの視聴率データの提供方法を考慮すると、データを処理し、根底のデータ・セットを処理し直す機能が必要でした – 粒度の細かな視聴者の振る舞いに関する複雑な業務問い合わせをサポートするキャパシティも必要です。IBM Cloudがこれらの機能をもたらしてくれました。」

IBM Cloudコンポーネントの柔軟性、接続性によって、RSG Mediaは本番ワークフローのニーズを満たして、高速のデータ・プラットフォームを作成するクラウド・プラットフォームを構築できました。IBM Cloud Kubernetes Serviceはこのクラウドベースの分析環境で中枢神経系の役割を果たして、コンテナのスケジューリングとオーケストレーションを行って、適切なデータを適切な分析コンポーネントに適切な時期に配布して、業務ニーズを満たします。

「当社の新プラットフォームの主要目的はどれもスピード重視です。イノベーション、データへのアクセス、行動可能なインサイトの提供、市場へ出すまでの時間、さらには故障の際も、スピードなのです。」とSehgal氏は述べています。「IBM Cloud なら、莫大な損失を出すことなく、すばやく失敗できるので、新テクノロジーを試して、顧客に付加価値を提供できます。IBMは当社が完璧に調整されたプラットフォームを構築して、メディア、エンターテインメント業界にインサイトを提供するためのツールとリソースをもたらしてくれました。」

クラウドベースの手法の採用は新規顧客の加入も加速します。RSG Mediaは標準顧客環境を最短15分で設定できます。そして1カ月以内にそれを顧客のワークフローやレポーティング要件に合わせて完全にカタスマイズできます。従来の分析実装では何年もかかる業界で、これは大きな一歩です。


IBMは当社が完璧に調整されたプラットフォームを構築して、メディア、エンターテインメント業界にインサイトを提供するためのツールとリソースをもたらしてくれました。

—Shiv Sehgal氏、RSG MediaのMedia MantraのCEO


得られた成果

深く、すばやいインサイト

RSG Mediaが解決を支援した大きな業務上の難問のひとつは、どの番組を販促すべきか、いつ、どうやって、誰に対して、など販促ビジネス・ケースの作成です。

「第一の論点はネットワーク上の時間のROI[投資回収]ケースです。」とSehgal氏は説明しています。「二つ目の問題はそのROIを確実に実現できることです。そこでモデリングと分析の出番です。支出に見合う価値が得られるのはどこでしょうか?どうやればターゲット視聴者が正確に見つかるでしょうか。当社のネットワークでしょうか、姉妹ネットワークでしょうか?どうやって競合から引き寄せればいいのでしょうか?」

こうした難問の解決には、TV視聴者の振る舞いの細部に対する高度な分析が必要になってきます。RSG Mediaは顧客にIBM Cloud上の分析ツールを提供して、深く、豊富な視聴者データを意志決定に役立つタイムリーなインサイトに変換しています。このソリューションは膨大なデータ・セットに対する重労働を代行してくれるので、人間の専門家は経験と発明の才を生かして、それらのデータ点に隠された物語を理解できるようになります。

「当社は顧客にクリエイティブさを保ち、ものごとを異なる方法で分析して、視聴者をさまざまな方法で分類するための柔軟性を提供します。」とSehgal氏は言います。「データを集めて、正確な物語を語ります。これがIBM Cloudへの移行で当社ができるようになったことです。機械とモデルだけを元にしたプログラム可能なプラットフォームを持つことは最善の手法ではありません。人間がそこに追加すべき直感的な知識をたくさん持っているのですから。当社が彼らにツールとデータ点を与えることで、彼らは最善の判断ができます。」

RSG Mediaの新クラウドベース・プラットフォームは分析インサイトをこれまで以上の速度で顧客に提供しています。より深く、正確なインサイトを提供しながら、同時にサービス・プロバイダーのデータ・コストも削減しています。同社はクラウド・リソースを需要の変化に応じて増減できます。モジュール・アーキテクチャーなので、RSG Mediaは新テクノロジー・コンポーネントが利用可能になれば、それに交換できます。

「IBM Cloudはコストパフォーマンスがよく、スイッチを押すだけでスケールアップできるので、変化する業務環境に適用できるスマートなプラットフォームが手に入りました。」とSehgal氏は語っています。「もはや単一故障点はありません。組込ヘルス管理、自動リカバリー、セルフサービス・インフラストラクチャーの組み合わせで、当社は回復力が高く、セキュアなサービスを顧客に提供できます。」

Sehgal氏はこう結論づけています。「もう何年もエンジニアリングの問題を心配してきました。IBM CloudはRSG Mediaに根底のテクノロジーやデータ管理の判断を気にしなくていいプラットフォームをもたらしました。当社は業務と顧客が金をかせぐ支援に集中できるのです。」

近い将来、RSG MediaはIBMと協力して、カスタマイズしたWatsonAIプラットフォームをメディア、エンターテインメント業界に提供して、視聴率、市場占有率をインテリジェントに予測したり、TV番組を提供する予定です。このパートナーシップはRSGMediaの30年間のこの分野での専門知識と世界トップレベルのIBM Watsonテクノロジーを組み合わせて、TVネットワークがどんどん多様になり、ばらばらになっていく視聴者を理解し、彼らにリーチするのを支援します。

RSG MediaのCEO兼社長、創業者のMukesh Sehgal氏はこう語っています。「IBMのテクノロジー・プラットフォームで当社は、顧客の膨大なポートフォリオの中にあるコア・コンテンツを明らかにして、商品を売り出すためのスケーラブルなテクノロジーを手に入れました。」干し草の山から針を探すのは採掘よりも成果が乏しく、当社が現代の急速に変化する風景の中で顧客に提供する価値は、コア・コンピテンシーに集中できる自由です。コア・コンテンツ・ポートフォリオに業務を合わせて、その基盤上に構築して、流通を促進し、時間をかけて視聴者との計測可能な関係を確立するのです。」

RSG Media

RSG Mediaについて

RSG Media(英語)はメディア技術企業で、アートと科学を利用して徹底的なインサイトと深いつながりを提供することで、メディア・エコシステムの進化を促進できると信じています。同社は、深い分析、AI、エンタープライズ・システム、専門家の助言サービスを用いて、顧客のプラットフォーム横断の権利、視聴者、広告による売上、利益を促進します。顧客は170カ国以上に所在する業界上位のTVネットワーク、スタジオ、配給会社、VOD&OTTサービス、ブランド管理会社です。

ソリューション・コンポーネント

  • API Connect
  • Cloud Object Storage
  • Db2 Warehouse on Cloud
  • IBM Analytics for Apache Spark (Managed Cloud Spark Service)
  • IBM Cloud Functions
  • IBM Cloud SQL Query
  • IBM Cloud bare metal servers
  • IBM Kubernetes Services
  • IBM Watson Studio
  • ILOG CPLEX Optimization Studio
  • 参考情報

    IBM Cloudについてはこちら、Db2 Warehouse on Cloudについてはこちら、Watson Studioについてはこちらをご覧ください。

    More Db2 stories

    Db2 Warehouse on Cloudエントリー・プラン後継サービスのお知らせ

    Db2, アナリティクス

    Db2 Warehouse on Cloudに関する重要なお知らせです。後継サービスのリリースに伴い、2019 ...続きを読む


    IBM Db2 on CloudがAmazon Web Services (AWS) で使用可能に

    Db2, アナリティクス

    Amazon Web ServicesでのDb2 Advancedエンジンのマネージド・サービス 発展するDb ...続きを読む


    Db2 Warehouse Flex Oneでスモール・スタート

    Db2, アナリティクス

    IBMの柔軟な最新データウェアハウスで迅速に構築 この1年間、IBMは、Db2 Warehouse on Cl ...続きを読む