Events

サイバーリスクに対するBCPの新しいアプローチ

記事をシェアする:

“IBM サイバー・レジリエンシー” ご紹介

お客様のビジネスを支えるITインフラは、ますます多様化しており、ひとたび引き起こされるシステム停止はビジネスに大きな影響を及ぼします。備えるべきリスクは地震などの自然災害だけではありません。サイバーインシデントもその一つであり、考慮する必要性が高まってきております。
しかしながら、サイバーインシデントへの防御は多くのお客様が対処されていますが、システム停止状況になった場合までを想定したBCPを立案しているお客様は多くはありません。
この度弊社では、「サイバーリスクに対するBCPの新しいアプローチ」をテーマにセミナーを開催する運びとなりました。
本セミナーでは、従来の防御だけに着目するのではなく、発生以降のビジネス復旧も考慮し、ITとして何をする必要があるのかを考える新しいアプローチ方法である“IBM サイバー・レジリエンシー”について、関連するソリューションと共にご紹介いたしたく存じます。
あわせて、サイバーリスクに対するBCP戦略立案メソッドである“サイバー・レジリエンシー・アセスメント”をトライアル体験いただく場もご用意する予定でございます。


開催概要

開催日時 2018年7月26日 木曜日 14:00-17:00 (受付開始 13:30より)
対象 サイバー・リスク対策 および BCP を担当されるIT部門の方
会場 日本アイ・ビー・エム株式会社 本社箱崎事業所
セミナールーム

参加費 無料/事前登録制
お申し込み

プログラム

14:00-14:05 オープニングご挨拶
14:05-14:35 IBMが考えるサイバー・レジリエンシー

サイバーインシデントの前後では必要な対応が異なるため、トータルで考えるフレームワークとアプローチが必要となります。IBMが考えるサイバー・レジリエンシーについてご紹介いたします。

日本アイ・ビー・エム株式会社
レジリエンシー・サービス事業部 営業部
部長 川越 俊和

14:35-15:00 サイバー・セキュリティー・ソリューション最新情報

サイバーリスクの最近の状況とIBMセキュリティー・ソリューションの最新状況についてご紹介いたします。

日本アイ・ビー・エム株式会社
セキュリティー事業本部 コンサルティング&システムインテグレーション
パートナー 小川 真毅

15:00-15:35 システム復旧の可視化と自動化を実現する ”IBM レジリエンシー・オーケストレーション“新機能ご紹介

サイバーインシデントを起因とするシステム停止に対する早期復旧を実現するため、自動化技術を活用し、早期復旧環境の実効性を高めたソリューション“IBM レジリエンシー・オーケストレーション”についてご紹介いたします。

日本アイ・ビー・エム株式会社
レジリエンシー・サービス事業部 ソリューション企画
部長 内山 豊和

15:35-15:50 休憩
15:50-16:55 サイバーリスクに対するBCP戦略立案メソッド“サイバー・レジリエンシー・アセスメント”ご紹介とトライアル体験

サイバーリスクに対する具体的なBCPを立案するためのメソッドとして、“サイバー・レジリエンシー・アセスメント”をご紹介すると共に、どのようなものなのかを体験いただく場をご用意いたしました。

日本アイ・ビー・エム株式会社
グローバル・テクノロジー・サービス事業本部 コンサルティング推進
部長 山本 久

16:55-17:00 クロージングご挨拶

*テーマなどは事前の予告なく変更させていただく場合がございます。あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。

More Events stories

【10月16日開催】AI データベース登場 – DBが革新するアプリ開発と運用管理

アナリティクス, イベント・セミナー

DX時代を迎え、あらゆる企業が「デジタル企業」になることが求められています。そしてデータはそ の中核を支える経 ...続きを読む


【9月-10月開催】IBM SPSS Modeler 無料体験セミナー(AIT主催)

アナリティクス, イベント・セミナー

AITのSPSS体験セミナーは、数年前よりほぼ毎月実施させていただいております。のべ600名以上のユーザー様に ...続きを読む