デジタル変革(DX)

Power Systems Virtual Servers on IBM Cloudのご紹介

記事をシェアする:

クラウドのメリットはわかっている、DXの必要性も感じている。が、自社のシステムはいわゆるオンプレミス一択。クラウドを活用してみたいが、どこから手を付けて良いかわからない。これまで使ってきたアプリケーションはそのまま動くのだろうか。いままでの運用のままで大丈夫だろうか。社内を説得できるだろうか。悩みは尽きず、結局一歩が踏み出せずにいる。そして「ところで自社のDXはどうなっているの?」と上司からの質問。お客様を訪問させていただくと、このような声をよく聞きます。
今回ご紹介するPower Systems Virtual Servers on IBM Cloud(以後、Power on IBM Cloudと略します)は、すでにPower Systemsをオンプレミスで利用いただいているお客様のために考えられたサービスです。オンプレミスのPower Systemsで稼働するアプリケーションを変更することなく、そのままクラウドにのせる(リフト)ことが可能です。AIXだけでなくiシリーズのアプリケーションもです。

もちろんDXを考えたときは、「クラウド移行のその先」を考えることが非常に大切なわけですが、まずは、「クラウドを始めるにしても、とにかく心配事が多すぎる」とお考えのPower Systemsユーザーのお客様であれば、このPower on IBM Cloudでリフトをしてみる。これが第一歩になるのではないでしょうか。
「クラウド移行のその先」を考えることが大切だと申し上げましたが、これは、クラウドを使い始めたら、そこで取り組みをやめないという意味です。その先にアプリケーションをクラウドネイティブな仕組みに改修しコストや生産性の面での効果を高めたり、実際の運用プロセスを効率化したりと、IT部門だけで終わる「その先」ではないのですが、その取っ掛りはIT部門からできる環境を提供していかないと会社のDXは、始まらない。まずは、そう考えてみてください。クラウドを始めたいけれどとお考えのお客様は、この先の5年後、10年後の会社の将来を見据えるとDXは今から始めていかないと、とお思いのはずです。そうです、だから今始めましょう。「 いや、やっぱり導入が」「でも、全部のアプリは」というお客様もいらっしゃるかもしれません。もちろん進め方もお客様それぞれのご事情・環境で異なると思います。クラウド利用へのハードルを感じでいらっしゃるお客様には、以下の図に示すような3つの使い方から始めてみられてはいかがでしょうか。

3つの使い方

IBMでは、お客様のクラウドへの移行をご支援するために、下図にあるようなサービスもご用意しております。

Power on IBM Cloud 移行支援サービス

また、クラウドに移ったシステムをクラウド専門技術者が運用するサービス「Multi Cloud Management Services (通称MCMS)」も用意しております。

MCMS

今秋Power on IBM Cloudが日本のデータセンターでも利用可能となりました。
このタイミングでIBM Power Systemsのクラウド化を検討してみたい、とお考えになりましたら、ぜひIBMにご相談ください。


沢橋 松王

沢橋 松王
日本アイ・ビー・エム株式会社
グローバル・テクノロジー・サービス事業本部
オファリング&アーキテクチャデザイン
技術理事

More デジタル変革(DX) stories

業務をデータから自動可視化 ~業務の「ボリュームとプロセス」で「改善点」が見える~

IBM Partner Ecosystem, デジタル変革(DX), 業務プロセスの変革

2022年現在、様々な企業でDXの取り組みが加速していく中、「業務改革・改善」がなかなか進まない課題をお持ちのお客様も多くいらっしゃいます。今回は、業務タスク・プロセスの見える化から改善・改革をスタートし、効果測定までの ...続きを読む


IBMソフトウェアのライセンス管理に関するご紹介

ITの最適化とスマートな運用管理

IBM ソフトウェアをご利用の際に欠かせない「ライセンス管理」について、わかりやすくご説明します。 IBM ソフトウェアのご利用にあたり、お客様にはパスポート・アドバンテージ契約を締結していただきます。これによりIBM ...続きを読む