記事をシェアする:

川口氏写真

「共有可能な暗黙知が形式知化されて、知識や経験として役立てることが、技術継承の近道のように思います」

元サッカー日本代表ゴールキーパー、川口能活氏。2018年11月14日の引退会見で、「現場の指導者として経験を伝えたい」と語っていた川口氏が、J3 SC相模原で現役だった時点で語った「匠の継承」。ベテランが持つ「匠の技(暗黙知)」を、指導者はどう伝えるべきなのか。ビデオの4分54秒から始まるインタビューで語られる、「技術の継承」に関する川口氏のコメントは、ビジネスの現場に通じる示唆に富むものです。

この「技術の継承」は、サッカーだけでなくビジネスにおいても不可欠であると同時に、容易ではありません。では、ベテランの技術は、どのようにして若い世代に継承すればよいのでしょうか。

今回のIBM Digital Theater 「匠の継承 ~AIをつかったモノづくり現場力維持・強化方法」では川口能活氏を始め、製造業における技術継承に取り組むIBMのトップコンサルタント、鈴木至、鈴村敏央、岡田高幸の4人が、「ビジネスにおける“ベテランの技術を若手に継承し、現場力を維持・強化する方法」を語ります。

IBM Digital Theater 「 匠の継承」エグゼクティブサマリー

  1. 日本の企業で「技術継承」が大きな経営課題になっている背景
  2. 技術継承に必要な要素・成功のポイント
  3. 人材不足解決策として人工知能の可能性
  4. 組織の形式知活用を支援するAIソリューション
  5. AIの画像認識機能で、匠の“目”を継承する
  6. AIをつかったものづくり現場力の維持・向上施策

IBM Digital Theater 「 匠の継承」エグゼクティブサマリー

  1. 日本の企業で「技術継承」が大きな経営課題になっている背景
  2. 技術継承に必要な要素・成功のポイント
  3. 人材不足解決策として人工知能の可能性
  4. 組織の形式知活用を支援するAIソリューション
  5. AIの画像認識機能で、匠の“目”を継承する
  6. AIをつかったものづくり現場力の維持・向上施策

オススメ関連サイト

More 製造 stories

ブロックチェーンが切り拓くコバルトの倫理的な調達

製造

銅コバルト・ベルトでの採掘活動によって引き起こされた「巻き添え被害」の調査に関わってきた、ベルギーのルーヴァン ...続きを読む


コパカバーナにコグニティブ・カーをもたらすフォルクスワーゲンのAI搭載車

製造

コグニティブ・マニュアルが利用できるフォルクスワーゲンの新しいセダンであるVirtusは、ドライビング体験の向 ...続きを読む


循環経済は工業製品産業にとって何を意味するのか

製造

今日の経済において、私達は地中から資源を取り出し、製品を製造しています。そして、多くの場合、製品は地中に処分さ ...続きを読む