IBM Sustainability Software

エッジコンピューティングでDXを実現!5G時代の業務、ユーザー体験の変革とは

記事をシェアする:

業界を問わず、エッジ・コンピューティングへの注目が高まっています。その背景のポイントをいくつか挙げてみます。

  • 企業のエンドポイント(スマートフォンやタブレット、ATMやPOSに代表される端末)の大幅増加による大量データの生成
  • 5Gの普及によりクラウドへのデータ転送スピードが上がっているものの、依然データ移送には障害やセキュリティー上のリスクなどがある
  • データをリアルタイム性高く活用することが、「デジタル・トランスフォーメーション(DX)」による企業の競争力向上に
  • エッジによる現場でのコンピューター処理とエンタープライズ(クラウド)でのコンピューター処理の「適材適所なハイブリッド連携」が必要となっている

 

■ エッジ・コンピューティングがもたらすデジタル体験ユースケース

それでは、実際にどのような業界で、デジタル体験の向上とその管理にどのようにエッジ・コンピューティングが用いられているかを見てみましょう。

  • 金融 | 以前は犯罪発生後の検証に用いられていたATMの録画映像データが、現在ではリアルタイムに判読され、ATMをシャットアウトするなどして防犯にも用いられている
  • ヘルスケア | 病院が蓄積している患者の過去の記録や臨床データと、診察中の患者のリアルタイムデータを掛け合わせることで診察や診断の質を向上し命や健康を守る
  • 保険 | 車載テレメトリーなどから取得した運転データを元に「安全度合い」を判定して保険料率に反映させ、安全運転を推進する
  • 小売 | POSの機能アップデートやキオスク端末への新サービス導入を、センターから全店舗に一括配信して新しい顧客サービスを提供
  • 製造 | 映像画像診断機能を用いて生産ラインを自動化してダウンタイムを削減、スループットと品質を向上
  • 自動車 |運転手の眠気をセンサーが感知するとナビゲーションシステムが近隣のカフェを提案。デジタル決済プラットフォームで代金は自動決済され、カフェ到着時にはお気に入りのコーヒーが準備されている

 

■ IBMのエッジ・ソリューションが選ばれる理由

さまざまなユースケースの裏には、大規模スケールでもスピード感を持って多種多様なエッジ・デバイスを一括管理できるシステム環境が隠れています。そしてその環境に不可欠なのが、エッジ・コンピューティングを最大限に活かす「オープン」と「コンテナ化」というテクノロジーです。

オープンにより、デバイスの多様性やダイナミックな変更にも対応する「自律的な管理」が実現されています

そしてアプリケーション本体やライブラリ、設定ファイルなどがひとまとめにされた「コンテナ化」により、軽量でスピーディーなコンピューティングが実現します。

 

具体的な御社における実践やその取り組みの進め方など、ぜひ、下記より私たちにご相談ください。

問い合わせ情報

 

関連記事

IBMが描くものづくり現場のデジタル技術最前線 | 日本ものづくりワールド2022より

5Gとエッジコンピューティングを最大限に活用するMaximo Predict

東京デジタルイノベーション2020 「エッジ・コンピューティングの活用で変わる、これからのITとIoTの考え方」セッションレポート

 

More IBM Sustainability Software stories

世界をより良く変えていくために | 持続可能で収益性も高い価値共創を

IBM Sustainability Software

近年、新型コロナウィルスの感染拡大や急速な気候変動、国家間の対立構造の深化などへの対応を通じ、不確実性が増し続ける外部環境というリスクにどれほどさらされているのかを企業は深く学びました。 そして新たな成長分野への道を切り ...続きを読む


特別寄稿 | 欧州は本当にサーキュラーエコノミー先進地域なのか? (「欧州サーキュラーエコノミー 政策・事例レポート 2022」より)

IBM Sustainability Software

「サステナブルであること」が、企業価値とビジネスの将来性を高めていく —— 多くの業界でそれが証明されつつあるものの、まだその方法を模索中の企業が多い状況です。 そんな中、「サーキュラー・エコノミー」はすでに高いビジネス ...続きを読む


OSLC | 複雑な製品の開発者なら知っておくべきこと

IBM Sustainability Software

  拡大を続けるエコシステムで、デジタル・エンジニアリングを実現するために   自動車、医療機器、航空宇宙・防衛産業…。ますます複雑化する製品は、その開発難易度をますます高めています。この傾向は先に挙 ...続きを読む