Cognitive Applications Blog

エッジコンピューティングでDXを実現!5G時代の業務、ユーザー体験の変革とは

記事をシェアする:

 

2020年6月17、18日の2日間にわたりオンライン開催された「IBM Data and AI Virtual Forum AIは試用から本格活用、そして企業変革へ」。

注目セッションの中から、18日に開催された「エッジコンピューティングでDXを実現!5G時代の業務、ユーザー体験の変革とは」のエッセンスをお伝えします。

セッション・スピーカーはCloud Integration Strategy & Offering 部⻑の上野 亜紀子です。

 

なお、セッション全編を動画でご覧いただけます(要登録)。

当リンク先ページにて「オンデマンド視聴の登録はこちら」ボタンをクリックしてください。

 


業界を問わず、エッジ・コンピューティングへの注目が高まっています。その背景のポイントをいくつか挙げてみます。

  • 企業のエンドポイント(スマートフォンやタブレット、ATMやPOSに代表される端末)の大幅増加による大量データの生成
  • 5Gの普及によりクラウドへのデータ転送スピードが上がっているものの、依然データ移送には障害やセキュリティー上のリスクなどがある
  • データをリアルタイム性高く活用することが、「デジタル・トランスフォーメーション(DX)」による企業の競争力向上に
  • エッジによる現場でのコンピューター処理とエンタープライズ(クラウド)でのコンピューター処理の「適材適所なハイブリッド連携」が必要となっている

 

 

■ エッジ・コンピューティングがもたらすデジタル体験ユースケース

それでは、実際にどのような業界で、デジタル体験の向上とその管理にどのようにエッジ・コンピューティングが用いられているかを見てみましょう。

  • 金融 | 以前は犯罪発生後の検証に用いられていたATMの録画映像データが、現在ではリアルタイムに判読され、ATMをシャットアウトするなどして防犯にも用いられている
  • ヘルスケア | 病院が蓄積している患者の過去の記録や臨床データと、診察中の患者のリアルタイムデータを掛け合わせることで診察や診断の質を向上し命や健康を守る
  • 保険 | 車載テレメトリーなどから取得した運転データを元に「安全度合い」を判定して保険料率に反映させ、安全運転を推進する
  • 小売 | POSの機能アップデートやキオスク端末への新サービス導入を、センターから全店舗に一括配信して新しい顧客サービスを提供
  • 製造 | 映像画像診断機能を用いて生産ラインを自動化してダウンタイムを削減、スループットと品質を向上
  • 自動車 |運転手の眠気をセンサーが感知するとナビゲーションシステムが近隣のカフェを提案。デジタル決済プラットフォームで代金は自動決済され、カフェ到着時にはお気に入りのコーヒーが準備されている

 

 

■ IBMのエッジ・ソリューションが選ばれる理由

さまざまなユースケースの裏には、大規模スケールでもスピード感を持って多種多様なエッジ・デバイスを一括管理できるシステム環境が隠れています。そしてその環境に不可欠なのが、エッジ・コンピューティングを最大限に活かす「オープン」と「コンテナ化」というテクノロジーです。

オープンにより、デバイスの多様性やダイナミックな変更にも対応する「自律的な管理」が実現されています

そしてアプリケーション本体やライブラリ、設定ファイルなどがひとまとめにされた「コンテナ化」により、軽量でスピーディーなコンピューティングが実現します。

ここからは、先日のThink2020にて発表されたエッジ関連製品とサービスを中心に、プラットフォーム、管理基盤からインダストリー向けアプリケーションまでトータルにカバーする、IBMのエッジ・ソリューションをいくつか紹介します。

続きはセミナー動画(2F-1)にてご確認ください(登録が必要です)

 


 

問い合わせ情報

お問い合わせやご相談は、Congitive Applications事業 にご連絡ください。

 

関連記事

地域課題解決を詳細ビジネス気象データで支援

5Gとエッジコンピューティングを最大限に活用するMaximo Predict

東京デジタルイノベーション2020 「エッジ・コンピューティングの活用で変わる、これからのITとIoTの考え方」セッションレポート

 

More Cognitive Applications Blog stories

[事例] E.&J.ガロワイナリー | 最重要資源「水」の問題解決を目指して

Cognitive Applications Blog

E.&J.ガロワイナリーは、AIと詳細気象データを用いて、ブドウの品質を向上させるインテリジェントな灌漑システムを開発し。25%の水使用量の削減とワインの品質向上を実現しました。   背景とビジネジチャ ...続きを読む


Yara International ASA | 食糧問題の解決を目指して

Cognitive Applications Blog

Yara International ASA 食糧問題の解決を目指して   世界中でバーチャル化が加速する革新の時代において、エコシステム、デジタル・ワークフロー、企業のネットワーク化がもたらす影響力は、かつて ...続きを読む


相手に喜んでもらえることが私の喜びなんです | チームメンバー・インタビュー #41 山添 守 セールス, Cognitive Applications

Cognitive Applications Blog

  チームメンバー・インタビュー #41 山添 守 セールス, Cognitive Applications   Cognitive Applicationsチームのメンバーが、テクノロジーと自分自身 ...続きを読む