Cognitive Applications Blog

IBM Blockchainで今こそイノベーションを | オンデマンド・セミナー紹介

記事をシェアする:

 

年内にもハイプサイクルの幻滅期を抜け、さまざまな事業での活用が一層本格化していくのではないかと言われているブロックチェーン。ここ数年で「なんだか良く分からないが凄そうだ」や「とりあえず何か試してみなければ」という声はかなり少なくなり、より地に足の着いた実業務事例が続々と出てきています。

このセミナーでは、ブロックチェーンにより新たなビジネスモデルを作り上げたケース、ブロックチェーンという手段により、ビジネスプロセスを遥かに効率的に実現したケースなど、この数年の日本と世界の事例と、それを実現したアプローチについてご紹介しています。

 

今すぐ見てみようという方は、下記よりアクセスいただき、X025の『IBM Blockchainで今こそイノベーションを』をお選びください(要登録)。

 

動画の前に、もう少し内容を知りたいという方は、以下にその一部をご紹介します。


 

■ 本格化が進むブロックチェーンを活用したプラットフォーム構築

 

仮想通貨や金融業における国際送金や証券取引など、決済処理からスタートしたブロックチェーンですが、今では物流、ヘルスケア、電力融通、人材、トークンエコノミーなど、業界や国境を越えさまざまな活用シナリオが誕生し、ビジネス現場で用いられています。

IBMがご支援しているブロックチェーン・プロジェクトにおいては、すでにその7〜8割が金融以外のものとなっており、複数の産業を跨ったものも少なくありません。

 

それでは、どのような分野・エリアが、ブロックチェーンの特性を活かせるのでしょうか?

ここでは代表的なものを4つ挙げてみます:

  1. 複数参加者で情報を共有することで新しいビジネス的価値を創出できる
  2. 取引の改竄防止により、資産の正当性を担保できる
  3. 資産の来歴を共有することで、ビジネス・プロセスを変革できる
  4. 取引プロセスの自動化により、迅速性と正確性の向上が期待できる

 

具体例を見ていきましょう。

まず、ビジネスにおけるブロックチェーンの大規模展開事例として、世界有数の知名度を持つのは以下の2つでしょう。

 

なお、このセミナー内では取り上げられていませんが、食品関連では2020年末に下記の2つの事例が発表されています。

  • オリーブオイルのトレーサビリティプラットフォーム(英語)

IBM Food Trust Delivers Traceability, Quality Assurance to Major Olive Oil Brands with Blockchain

  • ワインのトレーサビリティプラットフォーム(英語)

eProvenance Uncorks VinAssure™, an IBM Blockchain-Powered Platform to Strengthen Collaboration and Optimize the Wine Supply Chain

 

それでは日本ではどうでしょうか。まず、以下が注力分野となっています。

貿易物流 | 食の信頼 | 地方創生 | トークンエコノミー | 医療・製薬 | 資格証明 | 原産地証明 | 契約管理 | 卒FIT対応

 

そして最近では、下記の事例が発表されています。

医療データプラットフォームの実現に向けてブロックチェーンシステムのプロトタイプ開発を含む技術検証を実施

電子契約実証実験にIBM Blockchain Platformを採用し、ブロックチェーン活用を拡充

 

■ ブロックチェーン・プロジェクトを始めましょう

ここまで見てきたように、ブロックチェーン価値創造の範囲は広がり続けています。

それでは、ブロックチェーンの技術や適用事例の理解から、実際にプロジェクトの準備を始め実証実験を行い、サービスとして本番運用し成長させて行くためには、どう進めていけば良いのでしょうか。

 

ここで鍵となるのが、企画〜開発〜運用〜成長のすべてのステージに対応するフレームワークと、オープンなプラットフォームです。

オープンソースのブロックチェーンプラットフォームで、マルチクラウド対応の「Hyperledger Fabric(ハイパーレジャー・ファブリック)」については後ほど改めてお伝えしますが、その前に、まずはフレームワークについてご紹介します。

 

まず企画段階では、Garage(ガレージ)と呼ばれるデザイン思考を用いて、そして大きく3つのパターンから成るビジネスモデルについて検討していきます。まず1つ目が…


 

この先は、下記よりオンデマンド・セミナーページにアクセスいただき、X025の『IBM Blockchainで今こそイノベーションを』をご選択の上ご覧ください(要登録)。

 

 

関連ソリューション: IBM Blockchain

 

 

問い合わせ情報

お問い合わせやご相談は、Cognitive Applications事業 にご連絡ください。

 

関連記事

モビリティー・サービスの向上を支えるブロックチェーン

[事例] シーメンスとIBM、CO2削減をAI、ブロックチェーン、IoTで

ブロックチェーンが切り拓くコバルトの倫理的な調達


 

More Cognitive Applications Blog stories

アイデアミキサー・インタビュー | ニールセン北村朋子(ジャーナリスト、コーディネーター、他)後編

Cognitive Applications Blog

産官学民環境 〜 「アイダ」をデザインするための意思とビジョン   軸となる強い自己やアイデアを持ちながら越境や開拓を実践している方がたに、これまでの足取りや想いについて語っていただく「アイデアミキサー」シリー ...続きを読む


持続可能な製造業の姿とは? | 2月16日(水)セミナー開催 

Cognitive Applications Blog

グリーン成長戦略の実現に向け、二酸化炭素削減を明日にも実現したい製造業のお客様へ。 気候災害の深刻化・甚大化、そして今後も警戒を続けなければならない新型ウイルスの蔓延を前に、投資家や地域住民の企業に対する「持続可能性向上 ...続きを読む


アイデアミキサー・インタビュー | ニールセン北村朋子(ジャーナリスト、コーディネーター、他)前編

Cognitive Applications Blog

再エネ先進国から見た日本のサステナビリティー   軸となる強い自己やアイデアを持ちながら越境や開拓を実践している方がたに、これまでの足取りや想いについて語っていただく「アイデアミキサー」シリーズ。 第7回は、先 ...続きを読む