IBM Sustainability Software

強い開発チームの作り方! 組織知を高めるMBSEの活用方法(4月14日(木)セミナー開催 )

記事をシェアする:

 

強い開発チームの作り方!
組織知を高めるMBSEの活用方法

 

近年の多岐にわたる技術を活用した複雑なものづくりでは、一人の設計者がすべてを把握できる規模を超えています。
また、従来の開発チームは、開発作業が終了した時点でその役割を終えていましたが、多くの製品がネットワークをつながり、サービスと一体となっていくことにより、機能追加や改良、そのためのデータ分析など、開発プロジェクトの多くが進行性を持つものへと変化しました。
ここで必要とされるのは「組織の総合力」であり、その基盤となる技術の維持・成長を組織として捉え、実践していくことです。

一方で、設計業務のリモートワーク化などの影響もあり、個々の設計者の思考の流れが表出化されないケースが課題として認識されつつあり、技術を組織知として伝承させることがますます難しくなってきている現状があります。
チームメンバーが10人の小チームでも、世界に散らばる10,000人の大チームでも、メンバー間のコラボレーションを改善し、チームの信頼と士気、そして組織の総合力を高める必要に変わりはありません。

これらの課題に対する「解」が、モデリング言語による正確性、全体構成の把握に優れたビジュアル化、高い検証可能性などの特長を持つシステムズ・エンジニアリングをモデルベースで実施する手法「MBSE(モデルベース・システムズエンジニアリング)」です。

 

これらの課題に対して、MBSEを活用してエキスパート技術を蓄積した事例と、蓄積された組織知をAI技術により活用する事例をセミナーにてご紹介します。
リモートワークでの組織力・開発力の向上をしたいお客様、そしてベテランの技術や知見を組織的に共有・活用したいお客様は、ぜひご参加ください。

 

QRコード、またはこちらのリンクよりお申し込みください。

サステナブルな開発チームとは?
IBMコンサルタントが語るMBSEを用いた組織知の形成と活用

 

開催日時

2022年4月14日(木)16:00~17:00

 

主催

日本アイ・ビー・エム株式会社

 

開催方法

オンライン(Webセミナー)

 

参加費

無料/事前登録制

 

参加方法

当日のアクセス方法はお申し込み後にご案内いたします

 

対象

あらゆるものづくりにおいて、設計・開発を担われているお客様

 

講師

渡部 貴利

日本アイ・ビー・エム株式会社 コンサルティング事業本部 エンジニアリングチェーントランスフォーメーション コンサルタント

 

 

 

倉岡 幹雄
日本アイ・ビー・エム株式会社 テクノロジー事業本部 コグニティブアプリケーション ソリューションエンジニア

お申し込み

 

QRコード、またはこちらのリンクよりお願いいたします。

関連情報

More IBM Sustainability Software stories

LGBT+に対する根強い差別とインクルージョンの拡大についての考察 | from IBVレポート

IBM Sustainability Software

6月は「Pride Month(プライド月間)」。LGBTQの権利を尊重し、共に尊敬しあえる社会を目指そうというイベントが世界各国各地で行われた月でした。日本IBMでも普段以上に多くのLGBTQ関連イベントが開催され、た ...続きを読む


#太陽をたがやせ | tsu-mu(ツム)が導く新しいエネルギープロシューマーの世界

IBM Sustainability Software

気候危機の深刻化やロシアのウクライナ侵攻により、ガソリンや電気代の高騰に対する心配や、エネルギー問題への関心が一層高まっています。 そんな中、先日、東京大手町の3×3Lab Futureにて「電気ってどうできる?自律型太 ...続きを読む


IBM Maximo Application Suite 概要&デモ動画

IBM Sustainability Software

信頼性の高い設備保全管理と障害に強い運用に必須のインテリジェンスを提供 クラス最高のエンタープライズ・アセット・マネジメント(EAM)であるIBM Maximo Application Suiteは、1つのプラットフォー ...続きを読む