アナリティクス

ソフトウェアへの想い:村尾 陽香

記事をシェアする:

皆さんこんにちは。
IM(インフォメーション・マネジメント)事業部インダストリー営業部の村尾 陽香です。
ブログ寄稿の機会を頂き、とても嬉しく思います。
今回は私の自己紹介と入社3ヶ月を経て変わったことについて書かせて頂きます。
R_村尾 陽香さん
まずは自己紹介から・・・
出身は兵庫県神戸市、ばりばりの関西人です。
大学時代はアパレルクラブに所属し、「Peace by Clothes」というテーマのもと、平和を伝えるひとつの糸口としてファッションショーの運営・開催を行っていました。

ショーの構成考案から服の製作、そしてこんなモデルさんの派手なメイク・ヘアーまで自分たちで行った3年間は間違いなく人生史に残る青春の1ページでした。服の製作が終らず、3日ほど徹夜したなんてこともありました・・・笑

ファッション好きが講じ、大学4年ではアメリカ・ロサンゼルスでのファッション留学に挑戦しました。現地では多国籍な仲間と共にチームワークを行い、時には分裂し、大変な思いもしましたが、様々な人と意見を合わせるからこそ無限の価値が生まれることを実感しました。
「グローバルな企業でかつチームで働ける仕事がしたい」との思いから、IBMを志望しました。内定を頂いたときは本当に嬉しく、呆然としてしまったのを今でも鮮明に覚えています。

入社を経て変わった一番の変化は、目標達成に対する自身の姿勢だと思います。
入社前はただぼんやりと目標を意識し、時には勢いで取り組んでいたように思います。
現在は、目標達成のために詳細な目標およびアクションプランを立て実行することができるようになりました。
変化の理由は、営業として働く上で、数字を意識した行動をすることの重要性を学んだからだと思います。
自分の基準ではなく、誰からみてもわかるような形で結果をだしていくことが重要であると、Cadence Meeting等での上司の方々の姿勢から学びました。
また、現在の研修GSSは、全てのフェーズにおいて自らで考え行動することが基本であるため、効果的な目標達成の行動を意識して取り組むようになりました。

ソフトウェアでやりたいことは、
営業としては、お客様に信頼して頂き、どんなことでも私に相談して頂けるような営業になり、多くのお客様にビジネス貢献をしたいです。そのために、スキルと人間力どちらも鍛えていきたいです。
また、営業とは直接関係ありませんが、学生時代、イベント企画運営に精力的に取り組んでいたので、ソフトウェアのイベント等の企画運営にも参加してみたいです。
研修生として、Try & Errorの精神を大切に大きく成長していく決意ですので、どうぞよろしくお願い致します。

More stories

AI & データ関連Webセミナーのご案内

IBM Data and AI, IBM Watson Blog, アナリティクス...

自席からご参加いただけるWebセミナーです!開催当日は、チャットでQ&Aも行えます。開催翌日からは、録 ...続きを読む


Db2 Warehouse on Cloudエントリー・プラン後継サービスのお知らせ

Db2, アナリティクス

Db2 Warehouse on Cloudに関する重要なお知らせです。後継サービスのリリースに伴い、2019 ...続きを読む


【10月16日開催】Db2ユーザー・コミュニティ「Db2 User Network」のご案内

Db2, アナリティクス

Db2ユーザー・コミュニティ「Db2 User Network」とは 2019年10月16日(水)に、Db2を ...続きを読む