IBM Cloud News

IBM Cloud、世界の6つのリージョンでAvailabilityゾーンを導入したネットワーク拡張を発表

記事をシェアする:

2018年6月11日、IBMは、北米(ダラス、テキサス、ワシントンDC)、ヨーロッパ(ドイツと英国)、アジア太平洋(東京とシドニー)の6つの主要リージョンにおいて、IBM Cloudに18のAvailabilityゾーンを導入することを発表しました。 発表当初は、クラウド・データセンター拠点の地理的拡大に重点を置いていますが、この新しいアプローチにより、パブリック・クラウドのフルスタックの機能を、より高い可用性、冗長性、地理的に分散された形で提供することができます。

IBM Cloud Object Storage、Containersおよびその他のPaaSサービスを利用しているお客様は、AvailabilityゾーンやRegion(リージョン)の考え方に慣れ親しんでいるかと思います。この発表が、IaaSとIBM Cloud マネージド・アプリケーション・サービスのワークロードを世界中でホストしているIBM Cloud Data Centersのようなサービスおよびその他のロケーション構造と比較してみる価値はあります。

まず、単純な定義から始めます。

IBM Cloud Region

1つのリージョン(Region)は、地理的および物理的に分離された1つ以上のAvailabilityゾーンのグループであり、他の地域から分離された独立した電源とネットワークのインフラストラクチャーを備えています。リージョンは、他の領域と共有される単一障害点を取り除き、リージョン内でのゾーン間の最小遅延による通信を保証するように設計されています。

IBM Cloud Availability Zone

Availabilityゾーンは、独立した電源と冷却、そして他のゾーンから分離されたネットワーク・インフラストラクチャーを持つリージョン内で論理的かつ物理的に隔離されていて、ゾーン間の単一障害点を回避することによって耐障害性を強化しています。また、リージョン内での高い帯域幅とゾーン間の低遅延による通信を保証しています。各Availabilityゾーンは、インフラストラクチャーからAI機能まで一貫性のあるIBM Cloudサービス群をお客様に提供します。

これらの定義は単純で、一部のパブリック・クラウド・オファリングでは既にリージョン・ベースの定義を使用して、個々の物理データセンターのロケーションからオファリングを抽象化しています。例として、IBM Cloud Object Storageは、同じ地理的リージョン(リージョン・サービスの場合)または複数の領域(クロス・リージョン・サービスの場合)のいずれかで、最低3つの異なるデータセンター間でデータを分割しています。

IBM Cloudのリージョンでは、プラットフォームの回復力だけでなく、インフラストラクチャーからデータ、サーバーレス、そしてAIまで一貫したIBM Cloudサービス群を提供することになります

この新しいリージョン/Availabilityゾーンのアーキテクチャーの最も魅力的な点は、将来的に継続的に提供される新しいオファリングに対しても、さらに堅固なインフラストラクチャー基盤を提供することです。物理的な場所を抽象化し、根本的な冗長性が追加されることで、IaaSサービスのVirtual Private Cloudネットワーキング(ベータ版を本日発表)のような新しい機能をロールアウトできるようになります。

IBMの新しいAvailabilityゾーンとリージョン・アーキテクチャーは、パブリック・クラウド・プラットフォームの進化を次のステップへと進めます。お客様が信頼してビジネスを推進することのできるインフラストラクチャー、プラットフォーム、ソフトウェア・サービスの幅広いポートフォリオと機能を強化していきます。

・日本語抄訳ニュースリリースはこちら

・英語版ニュースリリースはこちら(US)

 

原文:https://www.ibm.com/blogs/bluemix/2018/06/expansion-availability-zones-global-regions/(US)

More IBM Cloud News stories

IBM Cloud仮想サーバーの1分単位の課金と課金の一時停止機能を発表

IBM Cloud Blog, IBM Cloud News, IBM Cloud アップデート情報

ITインフラストラクチャーにパブリック・クラウドを採用する大きな理由は、利用した分だけの料金を支払うことができ ...続きを読む


Db2 on Cloud データ・フェデレーション(仮想化)機能の発表

IBM Cloud Blog, IBM Cloud News, IBM Cloud アップデート情報

IBMは、Db2 on Cloudにおいて、Db2データ・フェデレーション(仮想化)機能を発表しました。この機 ...続きを読む


エンタープライズのワークロードに適した新しい仮想サーバー「Larger configuration」の発表

IBM Cloud Blog, IBM Cloud News, IBM Cloud アップデート情報

高負荷のワークロードやアプリケーションで実現している「デジタルの時代」に、クラウド基盤に必要とされるのは、選択 ...続きを読む