Events

IT部門による働き方改革を推進する最適化アプローチ

記事をシェアする:

”ユーザー視点” と “働き方の見える化” が成功に導く

企業における働き方改革の取り組みが進む中、さまざまなIT施策が展開されることで、IT環境の多様化・複雑化が加速度的な広がりを見せております。

とくに、多様化する社員の働き方を支援するため、”ITを活用したワークプレース環境をいかに最適化するのか“ を優先度の高い課題として、日々その対応に苦慮されているIT部門のみなさまも多いことと推察いたします。

この度弊社では、「IT部門による働き方改革を推進する最適化アプローチ」をテーマにセミナーを開催する運びとなりました。

本セミナーでは、IT部門がリードする働き方改革を成功に導くキーワードとして、”ユーザー視点” と ”働き方の見える化” の2つの視点に着目し、ITを活用したワークプレース環境の最適化を実現するアプローチについて、実際のプロジェクトでの経験に基づく手法の解説や、実演を含めたソリューションのご紹介をいたしたく存じます。
また、同じ課題をお持ちのご参加者様による意見交換を通じたコミュニティー作りの場としてもご活用いただきたく考えております。


開催概要

開催日時 2018年7月20日 金曜日 14:00-17:30 (受付開始 13:30より)
対象 社員の働き方改革推進を担当されるIT部門、人事・総務部門の方
会場 日本アイ・ビー・エム株式会社 本社箱崎事業所 8Fセミナールーム

最寄駅:
東京メトロ東西線/日比谷線 茅場町駅4番b出口 徒歩7分
東京メトロ半蔵門線 水天宮前駅2番出口 徒歩3分

参加費 無料/事前登録制
お申し込み

プログラム

14:00-14:05 オープニングご挨拶
14:05-14:20 IT部門がリードする働き方改革とは – IBMの取り組みご紹介

社員の働き方が多様化する中、ユーザー視点でのITを活用したワークプレース環境をいかに最適化するかについて、日本IBMにおけるIT部門の取り組み事例を踏まえご紹介いたします。

⽇本アイ・ビー・エム株式会社
デジタル・ワークプレース・サービス事業部
事業部長 原 寛世

14:20-14:50 “ユーザー視点”と“働き方の見える化“環境を実現する最適化アプローチ

IT部門がリードする働き方改革を成功に導くための最適化アプローチ方法について、PDCAのサイクルの中で、”ユーザー視点”と”見える化”をキーワードにご紹介いたします。

⽇本アイ・ビー・エム株式会社
デジタル・ワークプレース・サービス事業部
シニア・マネージング・コンサルタント 日高 直樹

14:50-15:30 “ユーザー視点”と“働き方の見える化“環境を実現するソリューションご紹介

クラウドやモバイルデバイスを含め多種多様化するデジタル・ワークプレース環境を、デバイス連携やデータの⾒える化により最適化するソリューションについてご紹介いたします。

⽇本アイ・ビー・エム株式会社
デジタル・ワークプレース・サービス事業部
ソリューション企画 リーダー 小川 晋

15:30-15:50 休憩
15:50-17:00 IT部門による働き方改革推進についての意見交換

IBMファシリテーターが司会進行役を務め、ご参加者による課題共有と意見交換を行います。

17:00-17:10 休憩
17:10-17:30 クロージングご挨拶

*テーマなどは事前の予告なく変更させていただく場合がございます。あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。

More Events stories

【10月16日開催】AI データベース登場 – DBが革新するアプリ開発と運用管理

アナリティクス, イベント・セミナー

DX時代を迎え、あらゆる企業が「デジタル企業」になることが求められています。そしてデータはそ の中核を支える経 ...続きを読む


【9月-10月開催】IBM SPSS Modeler 無料体験セミナー(AIT主催)

アナリティクス, イベント・セミナー

AITのSPSS体験セミナーは、数年前よりほぼ毎月実施させていただいております。のべ600名以上のユーザー様に ...続きを読む