IBM Cloud アップデート情報

分散クラウドの実現 – 一貫したクラウド・サービスをいつでもどこでもスピーディーにご利用可能に

記事をシェアする:

分散クラウドにより、オンプレ、クラウド、エッジなど、あらゆるIT環境で、いつでもどこでも一貫したクラウド・サービスを、よりスピーディーにご利用いただくことができます

昨今の市場のニーズの変化に迅速に対応するために、新しい製品・サービスの投入や既存の製品・サービスの改良など、市場への参入スピードを早めたいとお考えですか?そのために製品・サービスの開発や保守、全国展開などにかかる業務の生産性を大幅に向上させたいとお考えですか?ご利用中のインフラやツールの運用・保守を効率化させて、お客様や市場にに新しい価値を提供することに業務を集中させたいとお考えですか? オンプレ、クラウド、エッジなど、あらゆるIT環境でアプリケーションを単一のビューで一元管理できることにご興味がおありですか?

いま、注目されているITトレンド「分散クラウド」は、こうした新たな時代の課題を解決するため、開発から運用、管理まで、いつでもどこからでも利用可能なこれからの時代のクラウド基盤技術です。分散クラウドなら、オンプレでも、エッジでも、どんな種類のクラウドでも、一貫したクラウド・サービスをいつでもどこでも利用可能にすることができます。

 

分散クラウドについて詳しくは

分散クラウドについてさらに詳しいことは、こちらもご参照いただけますと幸いです。

  • IBM 分散クラウドお役立ち情報: こちら
  • IBM 分散クラウド Cloud Satellite 公式サイト: こちら

分散クラウドに対するご質問やご相談がございましたら、ぜひ公式サイト(こちら)からお寄せください。


執筆:IBM Cloud Blog Japan 編集部

More IBM Cloud アップデート情報 stories

第9回『サーバーレスとバッチ処理の運命的な出会い』

IBM Cloud Blog, IBM Partner Ecosystem

コンテナオーケストレーション環境であるKubernetesを利用して得られるメリットとして何が思いつくでしょうか? 良く聞く中には、コンテナ(Pod)がダウンした際に自動復旧する、複数のコンテナが分散配置されることで、W ...続きを読む


第8回 『IBMが企業におけるコンテナ利用実態を調査!採用する企業の急増』

IBM Cloud Blog, IBM Partner Ecosystem

こんにちは。コンテナ共創センターを担当しております佐々木です。 日本企業でもいよいよキャズムを超えたと言われているコンテナですが、実際の現場ではどうでしょうか? アプリケーションのコンテナ化という概念は数十年前からありま ...続きを読む


IBM Cloud Satelliteが BIG Awards for Business 2021 “New Product of the Year” 受賞

IBM Cloud Blog, IBM Cloud News, IBM Cloud Partner Blog...

この投稿は、2021/12/8に Arin Bhowmick, Vice President and Chief Design Officer, IBM Software Products が自身のブログサイトに掲載した ...続きを読む