事業継続

事業継続に今すぐ活用いただけるソリューションの紹介

記事をシェアする:

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な拡大が、私たちの生活やビジネスに影響を与えています。

IBMは、データ活用、知識、高度な計算能力、洞察力などをこの困難な問題の解決に生かすことで、新型コロナウイルスへの様々な対策を講じています。

当ページでは、遠隔勤務を強いられる中での事業継続の課題の解決に向けて、一定期間無償でご利用いただけるサービスを中心にご紹介します。詳細はそれぞれのサービスのページをご覧ください。

今後も継続して最新情報を掲載してまいります。

IBM、そしてIBMの社員は、みなさまとともにあります。


テレワーク環境の早期実現に役立つ「在宅勤務ソリューション」

在宅勤務・遠隔勤務(テレワーク)環境の早期実現に役立つ各種ソリューションをまとめてご紹介します。


MaaS360 によるモバイル端末管理

社員のモバイル端末から社内の Web アプリケーションに安全な接続環境の構築を実現するSaaSソリューション MaaS360、他のクラウド・サービスとのシングル・サインオンを提供する Cloud Identity の、90日間無料トライアルを提供中です。

さらに、Cloud Identity with Adaptive Access を活用することで AI によるインテリジェントなアクセス管理が構築可能です。


テレワーク環境や遠隔地とのファイルやデータの共有・転送を高速化

高速ファイル共有転送が可能なSaaSソリューション、IBM Aspera on Cloudを90日間無料でご提供中です。テレワーク環境や遠隔地と、容易にファイルやデータの共有・転送を高速化、効率化でき、かつ組み込みのセキュリティーにより安全にお使いいただけます。


BCPとして大量のデータをクラウドへ移行する

事業継続性を確保するため、クラウドへデータを安全に保管し、必要に応じて簡単にアクセスできる仕組みに IBM Cloud Object Storage (ICOS) が適しています。

IBM は、ICOSにデータを90日間保管いただくお客様に、1,500米ドル分のクレジットを無料で提供します。


リモートで利用可能な運用管理ツールを活用し、システム運用を継続

システム運用の継続を実現する運用管理ツール、IBM Cloud Event Managementを90日間無料でご提供中です。

インシデント管理&コラボレーションをシステム停止することなくリモートで利用可能です。


どこにいてもIBM Cloudからストレージを管理

IBM Cloud上に構築されたStorage Insightsサービスなら、企業全体のストレージのパフォーマンスと容量を、リモートからでも容易に確認できます。

複数ストレージの履歴データを分かりやすいダッシュボードで一覧表示して、問題の傾向を早期に把握できます。重要なデータへのアクセスを確保するためIBMストレージ・システムの正常性を確認できるStorage Insightsは、無料でご利用いただけます。


チーム全体で業務プロセスを作成・共有し、離れた間でも業務プロセスを可視化

IBM Blueworks Liveは、業務プロセスを可視化するSaaSソリューションで、チーム全体で業務プロセスのフローを作成・共有することができます。

現行プロセスの確認・整理と新プロセスのフロー作成にお役立てください。90日間使用できる無料トライアルはこちらから


VPC対応 仮想サーバーリソース

企業内システムをコストかけずに至急クラウドに移し、在宅勤務やリモートワークをおこなう社員のアクセシビリティーを確保したい企業、社員で共有するコンピュート・リソースを至急必要としている企業、主に中小の企業様をご支援するプログラムとして、IBM Cloud Virtual Servers for VPC を最長3ヵ月間または使用料が最大500米ドルのいずれかに至るまで無償提供します。


VMwareワークロードを実行する環境の短期無料サービス

いま重要なワークロードを一時的にクラウドへ移行できる環境、または短期間の開発/テスト環境を必要とされている企業が多いと理解しています。

そこで IBM Cloudは、クラウドでVMwareワークロードを実行するためのマルチテナント型VMware仮想環境 IBM Cloud for VMware Solutions Shared を90日間または使用料が最大500米ドルに至るまで無償で提供いたします。


重要業務を支えるIT基盤リソースの一時的な増強

コロナウイルスによるパンデミック対応のために、一時的にリソースの増強が必要とされるPower Systemsハイエンド・モデル(POWER9, POWER8, POWER7+)をご利用中のお客様は、未起動のプロセッサー・コアおよびメモリーの全てを30日間無償で起動し、ご利用いただけます。


重要業務を止めずに本番機の処理能力を増強

POWER7/POWER8搭載Power SystemsでPowerVM Standard Editionをご利用中で、処理能力の増強が必要なお客様は、Live Partition Mobilityを60日間無償でご利用いただけます。

筐体間でシステム負荷のバランスをとったり、本番システムにリソースを追加するための待機システムの活用、より強力なPOWER9搭載Power Systemsへの容易な移行などに有効です。


仮想デスクトップを利用した在宅勤務/リモートワーク

IBMは、目の前の危機対応も含めたBCP(事業継続計画)の視点、安全面・運用面・TCOの視点から、クラウド上に用意した仮想デスクトップ環境を利用する在宅勤務リモートワークによる働き方を提案します。

これを検討・着手されるお客様に、IBMがわずか1、2週間で構築して提供するパッケージ・サービスを提供します。


Boxをデジタル・ワークプレースとして活用

Boxは、“コンテンツ“をベースとした企業の働き方改革を支援するソリューションです。

コンテンツ・プラットフォームとして、ファイル・サーバーのクラウド化、コンテンツ管理の高度化、セキュリティー対策、業務変革/働き方改革を実現します。

Boxをデジタル・ワークプレースとして利用することで、個人の生産性向上やチーム・コラボレーションが図れるほか、コラボレーティブ・ビジネス・プロセスの実現、インテリジェント・エンタープライズへの転換といったデジタル・ビジネスの推進も支援します。


どこにいても研究や業務に使えるデータ分析を

全世界で利用されている統計解析のスタンダード・ソフトウェア、SPSS Statisticsを2020年6月15日まで無料でご提供中です。

多くの学術論文を支えてきた信頼と実績で、研究、調査はもとより、医療、ビジネスなど幅広い分野で活用いただけます。


ビジネス・パフォーマンスの可視化と共有、データに隠されたパターンの発見

AIを活用したビジネス・インテリジェンス・ツール Cognos Analytics は、ビジネスの可視化、データに隠されたパターンの抽出、ダッシュボードやレポートの共有にご利用いただけます。

無料でご利用できる期間を90日に延長しました。


どこからでもメインフレーム・アプリケーションの開発・テストを継続

IBM Z Development and Test Environment (ZD&T) ソフトウェアを利用すると、ホスト上で行う COBOL や PL/I のアプリケーション開発やテストを、オンプレミスやクラウド上のx86ハードウェア環境で実施できます。

x86ハードウェアにリモート・アクセスすれば、重要なアプリケーションの開発プロジェクトを中断する必要はありません。今回、ZD&Tを60日間無償でご利用いただけます。


【お問い合わせ】

当ソリューションに関するお問い合わせは、リンク先の各ページ、もしくは、下のボタンのお問い合わせフォームからお願いいたします。

More 事業継続 stories

【COVID-19対応】DX実現のための全社員育成(Virtual Learning 90日間無料試行)

IBM Services, 事業継続

COVID-19の影響により、人の移動が制限される状況は、今後も続くと考えています。この新しい環境下でもビジネ ...続きを読む


新型コロナウイルス対策 ビジネス・ソリューション

事業継続

世界的な課題であるCOVID-19(新型コロナウイルス)。その対策に向けて世界は一丸となって取り組む必要があり ...続きを読む


「BCP(事業継続計画)態勢再整備」- 新型コロナウイルス対策 ビジネス・ソリューション

事業継続

人の移動が制限されることを前提にした業務態勢を強化する新型コロナウイルス対策 ビジネス・ソリューション。 本ペ ...続きを読む