IBM Cloud アップデート情報

ベアメタル・サーバーの料金値下げと帯域幅の増加のお知らせ

記事をシェアする:

IBM Cloud ベアメタル・サーバーに割り当てられる標準の帯域幅の増加と料金の値下げを発表

IBM Cloud ベアメタル・サーバーが14歳の誕生日を迎えるのをお祝いして、ベアメタル・サーバーのフル
ポートフォリオを対象に、標準で割り当てられる帯域幅を大胆に(かつ恒久的に)増加し、料金の値下げも発表します。

2019年7月31日以後、IBM Cloud Catalog 内のシングル、デュアル、クワッドおよびワークロード別に認定されたベアメタル・サーバーの料金が平均で25%値下げされます。

世界中のデータセンターのどこででも、これまでと同様のベアメタル本来のパフォーマンス、高度なセキュリティー機能そして自在にカスタマイズできるオプションが提供されます。単純に、時間単位、月単位を問わず大幅な運用コストの削減を実現することができるようになります。

さらに、これは初の試みとなりますが、ベアメタル・サーバーの値下げに合わせて、20TBまでの通信帯域幅が無料*で標準として含まれることになりました。これまでは、ベアメタル・サーバーの帯域幅割り当ては500GBでしたので、驚異的な増加量と言えるでしょう。

お客様の声に耳をかたむける

性能や機能を犠牲にすることなく、競争力のある提供価格を継続的に保つことが重要であると考えています。また、データ転送のための大きな帯域幅など、インフラストラクチャーに不可欠なものは標準的なものにすべきだと認識しています。

本発表は、お客様やパートナーのみなさまに向けて常に価値を提供すること、高品質のクラウドをあらゆる場所で提供することという当社の取り組みを強く反映しています。ミッション・クリティカルなインフラストラクチャーの更改を計画する場合やハイブリッド・クラウドの構築に取り組む場合などいずれも、セキュアで強力な IBM Cloud ベアメタル・サーバーを採用するのに最適な機会となります。

IBM Cloud ベアメタル・サーバーの詳細

新しい料金でベアメタル・サーバーの構成や料金の見積もりをするには、IBM Cloud Catalog にアクセスしてください。IBM Cloud ベアメタル・サーバーが他の一般的なクラウドとどのような
違いと特長ががあるのか、詳細は ibm.com/jp-ja/cloud/bare-metal-servers をご覧ください。

* 20TBまでの通信帯域幅は、米国、カナダ、ヨーロッパのデータセンターが対象です。その他の地域のデータセンターは5TBまでの通信帯域幅となります。新しい価格および特典は現在提供中のディスカウントまたは将来のディスカウントと併用することはできません。

原文:https://www.ibm.com/cloud/blog/announcements/bare-metal-pricing

More IBM Cloud アップデート情報 stories

第9回『サーバーレスとバッチ処理の運命的な出会い』

IBM Cloud Blog, IBM Partner Ecosystem

コンテナオーケストレーション環境であるKubernetesを利用して得られるメリットとして何が思いつくでしょうか? 良く聞く中には、コンテナ(Pod)がダウンした際に自動復旧する、複数のコンテナが分散配置されることで、W ...続きを読む


第8回 『IBMが企業におけるコンテナ利用実態を調査!採用する企業の急増』

IBM Cloud Blog, IBM Partner Ecosystem

こんにちは。コンテナ共創センターを担当しております佐々木です。 日本企業でもいよいよキャズムを超えたと言われているコンテナですが、実際の現場ではどうでしょうか? アプリケーションのコンテナ化という概念は数十年前からありま ...続きを読む


IBM Cloud Satelliteが BIG Awards for Business 2021 “New Product of the Year” 受賞

IBM Cloud Blog, IBM Cloud News, IBM Cloud Partner Blog...

この投稿は、2021/12/8に Arin Bhowmick, Vice President and Chief Design Officer, IBM Software Products が自身のブログサイトに掲載した ...続きを読む