人工知能

AIに関するEU倫理ガイドライン

記事をシェアする:

これは、2019年1月17日に公開されたBlogの翻訳記事です。

 

我々の信頼と透明性のための原則(英語)に明示しているように、IBMは自らが開発しそして世界にもたらす新しいテクノロジーについて、責任を持って採用し使用することを自ら示しリードする必要があると理解しています。だからこそ、私たちはEUの「信頼できるAIのための倫理ガイドライン」(英語)を策定するための取り組みを大きく支持しており、現在完成に近づいています。 このガイドラインは、責任を持って倫理的に開発され展開される人工知能の世界的先駆者としてのヨーロッパの立場を確固たるものにするでしょう。

私は、欧州委員会によって選ばれ、AIのための倫理、方針および投資勧告の策定を命じられた、AIに関するハイレベル専門家グループのメンバーです。3つの分野すべてで作業が進行中です。 去年の夏以来、私たちは倫理ガイドラインに取り組んできましたが、信頼できるAIに不可欠な要素を集め、また信頼できるAIを運用するための最も効果的な方法を検討しました。私たちはまた、信頼できるAIの2つの要素を定義しました。1)基本的権利、適用される規制およびコア原則と価値を尊重し、「倫理的目的」を確保すること、そして 2) たとえ善意があっても技術的な習熟の欠如は意図しない損害を引き起こす可能性があることから、技術的に堅牢で信頼できるものであることです。

ガイドラインを策定するためのEUのプロセスは非常に諮問的です。 専門家グループは、欧州委員会の起草プロセスに対するオブザーバーまたは臨時の助言者であることとはかけ離れて、テキストの各セクションの起草に実際に携わる権限を与えられました。 協議の第二フェーズにあり、ガイドラインの草案は、EU AI Allianceからのフィードバックを受け付けています。このフォーラムには、人工知能開発に関する公開討論に関心を持つすべての人が適用し、意見を述べることができます。

EUはまた、学際的なアプローチを保証しました – 専門家グループとAI Allianceは、複数の学問分野、産業と人権/消費者権利団体にわたる多くの背景と展望を反映しています。 AIはもはやテクノロジー研究者だけの領域ではなく、哲学者、心理学者、社会学者、経済学者などにまで及んでいます。 AIが人間中心であり、できるだけ多くの人々にとってできるだけ有益であるためには、その社会的意義についての学際的な議論が不可欠です。

信頼できるAIを重視するという選択は、人々が信頼できる技術を進歩させ提供するという、そして透明性と責任を中心とした設計、開発、および展開を形成するという、IBMのアプローチと密接に一致します。 私たちはまた、基本的権利を本質的な原則と価値観に結びつけ、信頼できるAIの要件を定義するためにその原則と価値観を使うことから始めました。

ガイドラインは、AIの倫理に対する「万能」の解決策はないことを認識しています。 状況が異なれば課題も異なります – 重要なのは、最終的なガイドラインにユースケースが含まれ、ガイドラインをさまざまなAIコンテキストに適用する方法を示すことです。

開発プロセスの間、私はAIの倫理を理論から現実にする経験、すなわち研究から具体的な製品やサービスにするIBMの経験を共有しました。 例えば、ガイドライン案は正義と公正の原則について述べています。昨年、IBMはAI Fairness 360ツールキット(英語)を開発し、それをオープンソースコミュニティに公開しました。 このツールキットは、学者、研究者、およびデータ・サイエンティストが機械学習モデルを構築および展開する際にバイアスの検出と軽減を統合するためのツールと知識を提供する、新しいアルゴリズム、コード、およびチュートリアルのライブラリです。 説明可能性は信頼できるAIを構築するためにも重要です。IBMは昨年、AIがどのように意思決定を行っているかを可視化し、潜在的に有害なバイアスを軽減する方法をレコメンドするTrust and Transparency capabilities for AIをIBMクラウド上で提供開始しました。

最後に、優れたAIガバナンスはガイドラインの重要な要素です。 IBMは、ビジネス上の決定が私たちの価値観を反映するようにするための手順を定めています。 私たちは、会社の全部門にわたってAI倫理イニシアチブを調整し同期させるための内部メカニズムを確立しました。

私たちは今、ガイドラインを実現するための最終段階、そしておそらく最も困難な段階に入っています。 ドラフトに関するフィードバックは、より広いAI Allianceコミュニティから寄せられています。 私はこのフィードバックがもたらす貴重な視点を得て、そして信頼できるAIのための評価プロセスのような重要な要素をさらに強化することを楽しみにしています。今後数ヶ月の間に、専門家グループと私の同僚は、欧州委員会と協力して、大望を持ちながら実用的でインパクトのある最終ガイドラインを整備する予定です。

5,000人のCレベルの幹部を対象にしたIBM Institute for Business Value studyは、信頼とコンプライアンスへの懸念から60%がAIの実装を妨げられていることを示しており、ガイドラインはこれ以上になくタイムリーなものと言えます。 信頼できる包括的なAIシステムが最も競争力があり、最も成功すると確信しています。

-Francesca Rossi, IBM AI Ethics Global Leader

 

原文:Coming soon: EU Ethics Guidelines for Artificial Intelligence (英語)

https://www.ibm.com/blogs/policy/ai-ethics-guidelines/

More 人工知能 stories

IBM Cloud Kubernetes Service on VPC (Gen2)

IBM Cloud Blog, IBM Cloud News, IBM Cloud アップデート情報

※この投稿は 2020年 5月 21日に、米国 IBM Cloud Announcements に掲載されたブ ...続きを読む



新しいWatson Assistant v2 ステートレスAPI でエンタープライズ・グレードの機能を活用しましょう!

IBM Data and AI, IBM Watson Blog

v1 API を使用した既存のチャットボットをv2 API を使用するように移行する作業が簡単になりました。 ...続きを読む