アナリティクス

【7月24日開催】AIが革新する営業 & マーケティング – 「誰もがデータ活用」で業務はどう変わるのか

記事をシェアする:

デジタル化の進展に伴い様々なデータが収集できるようになり、それを業務変革に生かしたいというニーズが高まっています。社員一人一人がデータ活用を行うためにビジネス・インテリジェンス(BI)ツールを導入する企業も増えていますが、「スキルがなく十分に使いこなせない」「せっかく入れたのにあまり定着していない」といった声も聞かれます。

このような課題を解決するために、BIにAIテクノロジーを搭載し分析を自動化することで、誰もがデータに基づく意思決定を行える環境が実現しつつあります。

当セミナーでは、営業やマーケティングのエリアに焦点を当てて、AIの支援でどういったデータ活用が可能になるのか、それにより業務がどのように変わるのかをご説明します。さらに、IBMがご支援した多くの事例のご紹介を通して、BIプロジェクトを成功に導くためのあるべきアプローチや、本当にデータ活用を根付かせるための仕組みづくりについて考察します。

 

開催概要

日 時 2019年 7月24日(水)14:30-17:10(受付開始 14:00)
会 場 カンファレンスブランチ銀座

参加費 無料/事前登録制
お申込み

終了しました

プログラム

AIがもたらす、セルフBIのエンタープライズ・ワイドへの展開

日本アイ・ビー・エム株式会社 クラウド & コグニティブ・ソフトウェア事業本部
IBM Data and AI事業部 ダッシュボード・サイエンティスト 木戸 隆治

ビジネス現場においてデータから新たな洞察を得たり、データに基づく判断や意思決定を行うことが求められていますが、これまで業務担当者によるデータ分析はスキルの問題などから一部にとどまっていました。しかし、AIを搭載したBIツールの登場によりその状況が変わろうとしています。
当セッションではAIによってBIがどのように変わり、エンタープライズ・ワイドに展開された時にどのような変革をもたらすのか、その可能性について解説します。

お客様事例から学ぶ、成功するBI導入のアプローチ

日本アイ・ビー・エム株式会社 グローバル・ビジネス・サービス事業本部
ストラテジー&iX事業  エクスペリエンス・ソリューション アナリティクス&UX
部長 竹内博茂

IBMでは長年にわたり多くのお客様のBI導入プロジェクトをご支援してきました。
当セッションでは実際のお客様事例をご紹介しながら、ソリューションの選択から導入、定着まで成功裏に進めるために押さえるべき勘所をご紹介します。

デモンストレーション

AIのサポートで業務がどのように変わるのか、実際の画面イメージをご覧いただきながらご理解いただきます。

 

※講師、テーマなどは事前の予告なく変更させていただく場合がございます。あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。

More アナリティクス stories

【10月16日開催】AI データベース登場 – DBが革新するアプリ開発と運用管理

アナリティクス, イベント・セミナー

DX時代を迎え、あらゆる企業が「デジタル企業」になることが求められています。そしてデータはそ の中核を支える経 ...続きを読む


【9月-10月開催】IBM SPSS Modeler 無料体験セミナー(AIT主催)

アナリティクス, イベント・セミナー

AITのSPSS体験セミナーは、数年前よりほぼ毎月実施させていただいております。のべ600名以上のユーザー様に ...続きを読む


IBMがDataOpsとWatson Anywhereを進化させる新機能を発表

アナリティクス

競争優位性の獲得とビジネス・パフォーマンスの向上に関して言えば、データは企業の最も貴重な資源ですが、時間も極め ...続きを読む