フューチャーデザイン

フューチャーデザイン・フレームワーク – ブック・オブ・フューチャーズ (Bespokeの『Book of Futures』日本語訳)

記事をシェアする:

 

フューチャーデザイナーたちへ、未来への航海に役立つ道具を紹介しているビスポーク(Bespoke)社の本『Book of Futures』の日本語訳第3回をお届けします(第2回はこちら)。

 

 

Future design framework

The futures design framework in this book offers future designers tools to translate their efforts into impact on the world. Through designing alternative future scenarios, we have the power to change what people consider possible. A new scenario changes ones perception of the current situation, and it enables people to have new conversations, see new possibility for action and ultimately the future.

フューチャーデザイン・フレームワーク

この本で紹介するフューチャーデザイン・フレームワークとは、フューチャーデザイナーの取り組みを、世界へのインパクトへと変換するツールです。

オルタナティブな未来シナリオをデザインすることで、フューチャーデザイナーは人々の可能性の捉え方を変える力を得ることができます。

新しいシナリオは、人々の現状認識を塗り替えます。そして新しい会話をスタートさせ、新たな取り組みの可能性に気づかせ、そして最後には未来がデザインされるのです。

 

This framework presents four phases that allows you to steer the design process into a future facing direction. The following chapters will presents four phases starting with situate, as this phase is good for creating alignment, intention and expected outcomes of design projects. Going through the search, sense and scale phase will open our minds, redefine what is possible and ultimately change the situation. Iterations of the process simultaneously let future designers improve their craft and impact the world.

フューチャーデザイン・フレームワークは、デザインプロセスの舵を取り、未来の進行方向へと導く4つのフェーズから成るものです。

次章以降で4フェーズを説明していきますが、まず最初に取り組むべきフェーズは<位置決める>で、デザインプロジェクトの方向性や目的、期待される成果を調整します。それに続く <探索する><検知する><踏み出す>のフェーズでは、私たちは心を自由にして、可能性を捉え直し、最終的に状況を変化させます。

そしてプロセスを反復することにより、フューチャーデザイナーの技能と世界へ与えるインパクトが、同時に高められていきます。

 

 

situate

Define the subject of study and the playground of your project.

In order to explore future horizons we must first understand the current situation we are in, the point from where we are looking forward. Understand the here and now, the space from where we explore and understand the initial questions and hypotheses that are driving our project. Define the subject that we wish to explore and align our team around, and the practicalities and frames that guide the project.

位置決める

探索テーマと活動フィールドを定義する

未来の地平へと踏み出すには、まず自分たちが未来へと進もうとしている今その場所の現状を把握するところ始めなければなりません。探索は今ここからどんな場所へと向かうものなのか、プロジェクト開始に当たっての最初の問いと仮説がなんなのか、それらを理解します。

探索すべきテーマとそれに適応するチーム、そしてプロジェクトを前へとガイドする探索道具とフレームを定義します。

 

search

Explore, unravel and harvest relevant and inspiring signals of change.

When everything is uncertain, anything is possible. In the search phase, we look for signals that show glimpses of what futures might emerge. New technologies, behaviors, emerging cultures and sociopolitical forces of today, signal what is possible in the future. The search phase invites us to look for these signals in their emerging state, and capture the potential that may reside within them.

探索する

関連し、刺激的な変化のシグナルを、探索し、集め、解いていく

あらゆるものが不確実ならば、あらゆることが起こりえます。探索フェーズでは、未来の一端を垣間見せるシグナルを探し出します。

新しいテクノロジー、行動、萌芽しつつある文化、社会政治的状況、これらは未来の可能性を示すシグナルです。探索フェーズでは、表出しつつあるそれらの現象を集め、そこに内在される可能性を紐解いていきます。

 

sense

Integrate signals, look for patterns and articulate insights.

Making sense of the collections of signals is the foundation for designing new futures. Sensing is the creation and interpretation of a map of all our collected data. Connecting signals with each other and integrating them with our previous understanding of the situation reveals new connections and enable us in uncovering a new sense of awareness. What emerges are insights that illuminates and articulates the unspoken future potential of our situation.

感知する

シグナルを統合し、パターンを見出し、インサイトを言語化する

フューチャーデザインの基盤となるのは、シグナルの集合体から意味を感知していくことです。感知とは、それまでに集めたすべてのデータ群を解釈することであり、創作することを意味します。

それぞれのシグナルをつなげて既存の状況認識と統合していくことにより、それまで見えていなかった関連性が浮かび上がり新たな認知感覚がもたらされます。

現れたインサイトは、現状が持つ潜在力のまだ語られていなかった側面を照らし出し、そして言語化されます。

 

scale

Imagine, share and actualize new scenarios for the future.

Bring the future to life by entering an imaginative space where cognition meets the physical world in a creative manner. The scale phase invites us to use our insights from the previous phases as a foundation to imagine, share and actualize new scenarios for the future. This is the time to design actions, conversations and experiences that engage others in exploring inspiring visions, radical ideas, provoking thoughts and new possible scenarios. Speculation and imagination is the first step in actualizing the future.

踏み出す

新たな未来シナリオを想像し、共有し、具現化させる

創造的な方法で、認知的世界が物理的世界と出会う想像空間に踏み出し、未来に命を吹き込みます。踏み出すのフェーズでは、これまでに見出したインサイトを基盤として、新たな未来シナリオを想像し、共有し、具現化します。

人びとを刺激的なビジョンや先鋭的なアイデア、誘発的な思考や新たな可能性の探索に引き込むよう、行動と会話と経験をデザインします。

推測力と想像力こそが、未来を現実とするための第一歩です。


 

最後に、最初の写真で赤字で印刷されている言葉からいくつかを訳してみます。

  • a method for creating organizational resilience and competitive advantage
  • a deliberate process of making sense of, and acting on changes in the environment
  • a culture that fosters exploration using a proactive mindset that encourages collaboration
  • 組織のレジリエンスと競争優位性を生み出す手法
  • 環境変化の意味を見出し、それに対する行動を熟考するプロセス
  • 探索にコラボレーションを積極的に用いることが促進される文化

 

Happy Collaboration! 

 

保存

コラボレーション・エナジャイザー

More フューチャーデザイン stories

融和の外へ共に迷いこむ

  皆さんは「会話と対話」のどちらがより価値があるものだと、あるいはより優れていると思いますか? な […]

さらに読む

一人じゃ学びも限定的だし、ヒュッゲも味わえやしない

  デンマークでの学びを言語化しようシリーズ第3弾です。 前回はこちら: Noを突きつけろ R […]

さらに読む

Noを突きつけろ – クリエイティビティーもポジティブさも後天性

  デンマークでの学びを言語化しようシリーズ第2弾です。 前回はこちら: ロラン島の森の幼稚園と過激 […]

さらに読む