サブキャパシティー・ライセンスでは、対象のソフトウェア製品を、サーバーまたはサーバー群のフルキャパシティーより少ないライセンス数で使用することができます。これは、さまざまなマルチコア・チップや仮想化テクノロジーを利用するために必要となるきめ細やかなライセンスを提供します。サブキャパシティー・ライセンスおよび PVU ライセンスについての概要および Q&A は、右のナビゲーション・バーの基本情報の下のリンクを参照してください。

サブキャパシティー・ライセンスのご契約条件は、パスポート・アドバンテージのご契約条件 (IPAA) で規定されています。この契約条件、および対象仮想化環境を使用した仮想化キャパシティーのライセンス・カウント・ルールについては、右の基本情報の下にあるリンクを参照してください。サブキャパシティー・ライセンスの要件の追加説明は以下に記述されており、対象仮想化環境で使用するために対象サブキャパシティー製品を取得する場合に適用されます。

サブキャパシティー・ライセンスの要件サマリー、および PVU フルキャパシティーおよびサブキャパシティー・ライセンスの説明は以下のとおりです。


お客様は以下に従っていただく必要があります。


PVU フルキャパシティー・ライセンスおよびサブキャパシティー・ライセンス

プロセッサー Value Unit (PVU) は、本「プログラム」が使用許諾される際の課金単位です。必要な PVU 数は、プロセッサー・テクノロジー (プロセッサー・ベンダー、ブランド、タイプおよびモデル番号により PVU テーブルで定義されます) および「プログラム」が使用可能なプロセッサー数に基づいて決まります。IBM は、PVU 単位の使用許諾を目的として、チップ上の個々のプロセッサー・コアをプロセッサーとして定義していきます。例えば、デュアル・コア・プロセッサー・チップは、2 つのプロセッサー・コアを有します。

ライセンシーは、パスポート・アドバンテージのご契約条件に従って、フルキャパシティー・ライセンス、または仮想化キャパシティー (サブキャパシティー)・ライセンスのいずれかの方法で「プログラム」を使用することができます。フルキャパ シティー・ライセンスを使用している場合、ライセンシーは、プログラムが永久に除去されたサーバーを除き、プログラムによって使用可能または管理された物理的ハードウェア環境において、活動化されたすべてのプロセッサー・コア* をカバーするのに十分な PVU ライセンスを取得する必要があります。仮想化キャパシティー・ライセンスを使用する場合、ライセンシーは、Virtualization Capacity License Counting Rules (US) に従い、「プログラム」が使用可能な、または「プログラム」が管理するすべての活動化されたプロセッサー・コアを対象としてライセンスを取得する必要があります。

* 活動化されたプロセッサー・コアは、仮想化テクノロジー、オペレーティング・システム・コマンド、BIOS 設定などの制限により、プロセッサー・コアの容量が制限されているかどうかにかかわらず、物理サーバーまたは仮想サーバーで使用できるプロセッサー・コアを示します。

IPAA には、サブキャパシティー・ライセンスを適用するにあたってのいくつかの要件があります。1) お客様が対象のサブキャパシティー製品を対象の仮想化環境で最初に使用してから 90 日以内に IBM License Metric Tool (「ILMT」) を導入および構成すること (または例外条件に該当する場合は、手動での使用記録要件を満たすこと)、および 2) お客様は四半期ごとに必要なレポートを作成し、このレポートを最低でも 2 年間保存し、IBM から要求された場合に IBM に提出すること。