ここでは、IBMパスポート・アドバンテージのもとでご提供するソフトウェア・ライセンスに特化した情報を、情報提供目的として紹介します。

個々のソフトウェア・プログラムの使用に適用される条件については、IBMプログラムのご使用条件(IPLA)(US)ライセンス情報(US)、および適用されるIBMパスポート・アドバンテージのご契約条件(US)をご参照ください。

以下のリンクから、詳細をご確認ください。

IBMソフトウェア・ライセンス

ライセンスの提供: IPLAおよびパスポート・アドバンテージのご契約条件に基づいて、IBMはライセンシーに対してソフトウェアを使用する非独占的な使用許諾を提供します。ライセンシーが取得した使用許諾範囲は証書(PoE)で確認できます。IBMは、取得するライセンス種類に応じて、期限を設定した、もしくはライセンシーが契約条件従っている限り有効なソフトウェアの使用を許諾します。

期間を定めないソフトウェアの使用 - 「ライセンス + ソフトウェア・サブスクリプション&サポート12カ月」

「ライセンス + ソフトウェア・サブスクリプション&サポート12カ月」のライセンスでは、以下の権利を提供します。

有効期間の終了時には、「継続ソフトウェア・サブスクリプション&サポート」で、さらに12カ月間有利な料金で更新することができます。ライセンシーからIBMもしくはビジネス・パートナーに更新停止を連絡しない限り、自動更新されます。ソフトウェア・サブスクリプション&サポートを更新しない場合、ライセンシーはソフトウェア・サブスクリプション&サポートの利点を利用することはできませんが、使用許諾条件に基づいてソフトウェアを引き続き使用することはできます。

ソフトウェアの期限付使用権 - 「期限付使用権(初回用) + ソフトウェア・サブスクリプション&サポート付き」

「期限付使用権(初回用) + ソフトウェア・サブスクリプション&サポート付き」の期限付ライセンスでは、以下の権利を提供します。

対象期間の終了時(一般的には12カ月)において、ライセンスの使用期間を12カ月間延長更新することができます。ライセンシーが期限付使用権を更新する場合、2年目およびその後の各年は、「期限付使用権(継続用)+ソフトウェア・サブスクリプション&サポート12カ月」を注文いただきます。使用期間を更新しない場合は、ライセンシーはソフトウェアを使用する権利がなくなり、またソフトウェア・サブスクリプション&サポートを利用する権利もなくなります。ライセンシーは、ソフトウェアのすべてのコピーを廃棄する必要があります。

ユーザーに基づくライセンス

許可ユーザー

許可ユーザーは、「プログラム」が使用許諾される際の単位です。許可ユーザーとは、「プログラム」へのアクセス権を付与された個人をいいます。「プログラム」は、任意の数のコンピューターまたはサーバーに導入することができ、各許可ユーザーが、一度に任意の数の「プログラム」インスタンスに同時アクセスすることができます。ライセンシーは、その方法を問わず、直接または間接的に(例えば、多重化プログラム、デバイス、またはアプリケーション・サーバーを通して)「プログラム」へのアクセス権限を付与された許可ユーザーごとに、個別の専用の使用権を取得するものとします。許可ユーザー使用権はその許可ユーザーに固有のものであり、共有することはできません。また、別の個人に永続的に移転する場合を除き、再割り当てすることはできません。

: 一部のプログラムでは、デバイスがユーザーと見なされて使用許諾される場合があります。その場合には、以下が適用されます。「プログラム」に一連のコマンド、プロシージャー、もしくはアプリケーションの実行を要求する、もしくはこれらを実行するために受領するコンピューター・デバイス、または「プログラム」が管理するコンピューター・デバイスは、「プログラム」の個別ユーザーとしてみなされます。当該デバイスについては、個別に使用権を取得するものとします。

同時ユーザー

同時ユーザーは、「プログラム」が使用許諾される際の単位です。同時ユーザーとは、任意の時点で「プログラム」にアクセスしている個人をいいます。かかる個人が「プログラム」に同時に複数のアクセスをしているか否かにかかわらず、その個人は一人の同時ユーザーとして数えるものとします。「プログラム」は任意の数のコンピューターまたはサーバーに導入することができますが、ライセンシーは「プログラム」に同時にアクセスする同時ユーザーの最大数に対して使用権(証書(PoE))を取得するものとします。ライセンシーは、直接または間接を問わず、(例えば、多重化プログラム、デバイス、またはアプリケーション・サーバーを通して)「プログラム」にアクセスするそれぞれの同時ユーザーごとに使用権を取得するものとします。

: 一部のプログラムでは、デバイスがユーザーと見なされて使用許諾されることがあります。その場合には、以下が適用されます。「プログラム」に一連のコマンド、プロシージャー、もしくはアプリケーションの実行を要求する、もしくはこれらを実行するために受領するコンピューター・デバイス、または「プログラム」が管理するコンピューター・デバイスは、「プログラム」の個別ユーザーとしてみなされます。当該デバイスについては、個別に使用権を取得するものとします。

フローティング・ユーザー

フローティング・ユーザーは、「プログラム」が使用許諾される際の単位です。フローティング・ユーザーとは、任意の時点で「プログラム」にアクセスしている個人をいいます。インストールとは、コンピューター上での実行に使用可能な物理ディスクまたは仮想ディスク上に導入された「プログラム」のコピーをいいます。「プログラム」は任意の数のコンピューターまたはサーバーに導入することができますが、フローティング・ユーザーが「プログラム」の複数のインストールに同時にアクセスする場合、フローティング・ユーザーは当該インストールごとに個別の使用権を取得するものとします。ライセンシーは、直接または間接を問わず(例えば、多重化プログラム、デバイス、またはアプリケーション・サーバーを通して)「プログラム」の各インストールに同時にアクセスするそれぞれのフローティング・ユーザーに対する個別の使用権を取得するものとします。

: 一部のプログラムでは、デバイスがユーザーと見なされて使用許諾されることがあります。その場合には、以下が適用されます。「プログラム」に一連のコマンド、プロシージャー、もしくはアプリケーションの実行を要求する、もしくはこれらを実行するために受領するコンピューター・デバイス、または「プログラム」が管理するコンピューター・デバイスは、「プログラム」の個別ユーザーとしてみなされます。当該デバイスについては、個別に使用権を取得するものとします。

ユーザー・バリュー・ユニット(UVU)

ユーザー・バリュー・ユニット(UVU)は、「プログラム」が使用許諾される際の単位です。UVUにおいて、証書(PoE)は所定の「プログラム」のユーザー数およびユーザー・タイプに基づきます。ライセンシーは、特定のライセンス情報に規定されるライセンシーの環境に必要な数のUVUに応じた、適正な数の使用権を取得するものとします。UVU使用権は、「プログラム」およびユーザーのタイプに固有のものであり、別のプログラムまたはユーザー・タイプのUVU使用権と交換、置き換え、または合算することはできません。

ユーザー・バリュー・ユニットライセンスのこれらの利点を理解し、取得するユーザー・バリュー・ユニットの数を決定するには、プログラム固有のユーザー・バリュー・ユニット表を参照してください。また、IBMまたはIBM営業担当員にお問い合わせ(US)いただくことも可能です。

キャパシティーに基づくライセンス

インストール

インストールは、「プログラム」が使用許諾される際の単位です。インストールとはコンピューター上での実行に使用可能な物理ディスクまたは仮想ディスク上に導入された「プログラム」のコピーをいいます。ライセンシーは、「プログラム」のインストールごとに、使用権を取得するものとします。

プロセッサー・バリュー・ユニット(PVU)

プロセッサー・バリュー・ユニット(PVU)は、「プログラム」が使用許諾される際の単位です。必要なPVU数は、プロセッサー・テクノロジー(プロセッサー・ベンダー、ブランド、タイプおよびモデル番号によりPVUテーブル内で定義されます。)および「プログラム」が使用可能なプロセッサー数に基づいて決まります。IBMは、PVU単位での使用許諾を目的として、プロセッサーをチップ上の個々のプロセッサー・コアとして定義します。例えば、デュアル・コア・プロセッサー・チップは、2つのプロセッサー・コアを有します。

ライセンシーは、パスポート・アドバンテージのご契約条件に従って、フルキャパシティー・ライセンス、または仮想化キャパシティー(サブキャパシティー)・ライセンスのいずれかの方法で「プログラム」を使用することができます。フルキャパシティー・ライセンスを使用する場合、ライセンシーは、「プログラム」が使用可能な、または「プログラム」が管理する物理ハードウェア環境においてすべての活動化されたプロセッサー・コア*を対象としてPVUライセンスを取得するものとします。ただし、「プログラム」が永続的に除去されたサーバーを除きます。仮想化キャパシティー・ライセンスを使用する場合、ライセンシーは、仮想化キャパシティーのライセンス・カウント・ルールの定義に従い(US)、「プログラム」が使用可能な、または「プログラム」が管理するすべての活動化されたプロセッサー・コアを対象として使用権を取得するものとします。

* 活動化されたプロセッサー・コアとは、物理または仮想サーバーで使用可能なプロセッサー・コアです。仮想化テクノロジー、オペレーティング・システムのコマンド、BIOS設定、または同等の制限による、プロセッサー・コアのキャパシティー制限の有無、または制限することの可否を問いません。

: 一部のプログラムでは、「プログラム」および管理対象に対してライセンスが必要な場合があります。この場合には、以下が適用されます。ライセンシーは「プログラム」に直接必要な使用権に加えて、「プログラム」により管理もしくは処理されるリソースが存在するシステムのプロセッサー・コアを対象として、当該「プログラム」のPVU使用権を取得するものとします。

: 一部のプログラムでは、管理目的でのみ使用許諾される場合があります。この場合には、以下が適用されます。ライセンシーは、「プログラム」に直接必要な使用権の代わって、「プログラム」により管理または処理されるリソースが存在するシステムのプロセッサー・コアを対象として当該「プログラム」のPVU使用権を取得するものとします。

: いくつかのプログラムでは例外的に、参照をもとに使用許諾されることがあります。その場合には、以下が適用されます。ライセンシーは、「プログラム」で使用可能な活動化されたプロセッサー・コアの使用権を取得するのに代わって、参照プログラムが使用許諾されているベースとは関係なく、参照プログラムが稼働しているすべての場所で「プログラム」自体が稼働しているかのように、参照プログラムが使用できる環境を対象として、当該「プログラム」のPVU使用権を取得するものとします。

サーバー

サーバーは、「プログラム」が使用許諾される際の単位です。サーバーとは、処理装置、メモリーおよび入出力機能から構成され、1人もしくは複数のユーザー、もしくは1つまたは複数のクライアント・デバイスが要求するプロシージャー、コマンドまたはアプリケーションを実行する物理コンピューターをいいます。ラック、ブレード筐体、または類似の装置が使用されている場合、必要なコンポーネントを持つ分離可能な各物理デバイス(例えばブレードまたはラック・マウントのデバイス)は、それ自体が個別のサーバーと見なされます。ライセンシーは、サーバーのプロセッサー・コアおよび/またはパーティションの数量もしくはサーバー上での「プログラム」の複製の数に関わらず、「プログラム」が利用可能な個々のサーバーに対してサーバー使用権を取得するものとします。

仮想サーバー

仮想サーバーは、「プログラム」が使用許諾される際の単位です。サーバーとは、処理装置、メモリーおよび入出力機能から構成され、1人もしくは複数のユーザー、もしくは1つまたは複数のクライアント・デバイスが要求するプロシージャー、コマンドまたはアプリケーションを実行する物理コンピューターをいいます。ラック、ブレード筐体、または類似の装置が使用されている場合、必要なコンポーネントを持つ分離可能な各物理デバイス(例えばブレードまたはラック・マウントのデバイス)は、それ自体が個別のサーバーと見なされます。仮想サーバーは、物理サーバーで使用可能なリソースをパーティション化することで作成される仮想コンピューター、もしくはパーティションに分割されていない物理サーバーを言います。ライセンシーは、仮想サーバーのプロセッサー・コアの数量もしくは仮想サーバー上での「プログラム」の複製の数に関わらず、プログラムが利用可能な個々の仮想サーバーに対して仮想サーバー使用権を取得するものとします。

その他のライセンス

クライアント・デバイス

クライアント・デバイスは、「プログラム」が使用許諾される際の単位です。クライアント・デバイスとは、単一ユーザー用のコンピューター・デバイス、または特殊目的のセンサーまたは遠隔測定装置で、別のコンピューター・システム(一般にサーバーと呼ばれるかまたはサーバーに管理されるもの)に一連のコマンド、プロシージャー、もしくはアプリケーションの実行を要求する、もしくはこれらを実行するために受領するもの、または別のコンピューター・システムへデータを提供するものを言います。複数のクライアント・デバイスで、1つの共通サーバーへのアクセスを共有することができます。クライアント・デバイスは、処理能力を備えている場合、またユーザーが作業を行えるようにプログラミングが可能な場合があります。例えば、アクチュエーター、電化製品、ATM、自動検針装置、キャッシュ・レジスター、ディスク・ドライブ、デスクトップ・コンピューター、キオスク、ノート・パソコン、携帯端末、POSターミナル、センサー、スマート・メーター、テープ・ドライブおよびテクニカル・ワークステーションを含みますがこれらに限定されません。ライセンシーは、「プログラム」を稼働、「プログラム」にデータを提供、「プログラム」により提供されるサービスを使用、または他の方法で「プログラム」にアクセスするクライアント・デバイスごとに、また「プログラム」を導入するコンピューターまたはサーバーごとに使用権を取得するものとします。

リソース・バリュー・ユニット(RVU)

リソース・バリュー・ユニット(以下「RVU」といいます。)は、「プログラム」が使用許諾される際の単位です。RVU証書は、「プログラム」が使用または管理する特定のリソースの数に基づきます。ライセンシーは、個々ののソフトウェアの使用条件に規定されるライセンシーの環境に必要なRVU数に応じた、適正な数の使用権を取得するものとします。RVU使用権は、「プログラム」およびリソースのタイプに固有のものであり、別のプログラムまたはリソースのRVU使用権と交換、置き換え、または合算することはできません。

: 一部のプログラムでは、「プログラム」が使用可能なリソースおよび「プログラム」により管理されるリソースに対してライセンスが必要な場合があります。この場合には、以下が適用されます。ライセンシーは、「プログラム」により直接使用されるリソースに必要な使用権に加えて、「プログラム」により管理されるリソースを対象として当該「プログラム」の使用権を取得するものとします。

: 一部のプログラムでは、管理ベースのみで使用許諾されることがあります。この場合には、以下が適用されます。ライセンシーは、「プログラム」により直接使用されるリソースに必要な使用権の代わりに、「プログラム」により管理されるリソースを対象として当該「プログラム」の使用権を取得するものとします。

これらのリソース・バリュー・ユニットライセンスの利点を理解して、取得するリソース・バリュー・ユニットの数を決定するには、プログラム固有のリソース・バリュー・ユニット表を参照してください。また、IBMまたはIBM営業担当員にお問い合わせ(US)いただくことも可能です。

用語集およびその他の情報

証書(PoE)

証書(PoE)は、お客様が許諾された対象ソフトウェアおよび使用許諾範囲を証明するものです。対象ソフトウェアは、IBMパスポート・アドバンテージもしくはパスポート・アドバンテージ・エクスプレスのご契約条件に基づいてお客様に提供されます。

ソフトウェア・サブスクリプション&サポート

IBMは、パスポート・アドバンテージおよびパスポート・アドバンテージ・エクスプレスのご契約条件のもとで使用許諾されたすべてのIBMソフトウェア・プログラムで、ソフトウェア・サブスクリプション&サポートを標準提供しています。ソフトウェア・サブスクリプション&サポートは、ソフトウェアの取得日に始まり、12カ月後(応当月の最終日)に終了します。ただし、以下の場合を除きます。

ソフトウェア・ライセンスに対するIBMソフトウェア・サブスクリプション&サポートの有効期間中は、以下がご利用いただけます。

  1. IBMはお客様に、一般に利用可能となった最新のバージョン、リリース、もしくはアップデートの使用を許諾します。
  2. IBMはお客様に、以下の支援を提供します。
  3. IBMは電子アクセス、および電話(利用可能な場合)にて、お客様の情報システム(IS)部門の技術サポート担当者に対して、IBMサポート・センターの通常業務時間において支援を提供します。詳細はIBMソフトウェア・サポート・ハンドブック(US)を参照してください。
  4. IBMは、ソフトウェアの問題の原因特定を支援するために、お客様のシステムへのリモート・アクセスの許可を求めることがあります。

IBMソフトウェア・サブスクリプション&サポートには、以下に対する支援は含まれません。

関連情報