ESGレポートとは
IBM EnviziのESGレポート・ツールの詳細はこちら サステナビリティーに関する最新情報を購読する
紙、木、線

公開日:2024年1月26日
寄稿者:Tom Krantz、Alexandra Jonker

ESGレポートとは

ESGレポートは、企業の環境、社会、ガバナンス(ESG)の各面に関連する事業運営についての情報を開示するためのレポートです。

ESGレポートの目的は、データを使用して、企業のESGイニシアチブが業界のベンチマークや目標とどのように比較されるかを測定することです。 また、企業の評価に影響を与える可能性のある潜在的な機会とリスクを明らかにし、意思決定に役立つ貴重なインサイトを利害関係者に提供します。

ESGとサステナビリティー企業の社会的責任(CSR)などのトピックとの主な違いの1つは、動機付けと結果の概念です。 サステナビリティーとCSRは、企業やその従業員が市民社会の利益のために行動する動機付けとなるビジネス・モデルや方法論として機能します。一方、ESGレポートはこうした取り組みの成果であり、意思決定に必要なESGデータを利害関係者に提供するものです。

ESGレポートおよびデータ管理ソフトウェアに関する購入者向けガイド

このガイドでは、サステナビリティーを重視する組織が、目標達成のためにESGソフトウェア・プラットフォームに何を求めているのかを要約しています。

詳細はこちら

サステナビリティーの傾向に関するガイドを登録する

ESGの正式名称

前述したように、ESGの 3つの主要な構成要素は、環境、社会、ガバナンスです。

環境

組織が環境管理者として活動しているかどうかを指し、気候変動、温室効果ガス排出(GHG)、生物多様性、炭素排出、汚染などのサステナビリティー問題を扱っています。

社会

組織が人、文化、コミュニティーに与える影響を指し、ダイバーシティ、包括性、人権、サプライチェーンなどの分野を探ります。

ガバナンス

組織の運営・管理方法を指し、役員報酬、取締役会慣行、データ、セキュリティー、不正などのトピックが含まれます。

ESGレポートが重要な理由

今日の資本市場では、企業は利害関係者によって厳しい監視を受けています。 企業の評判は収益に直接影響する可能性があります。 特に投資家コミュニティーは、企業が健全な投資であり、自らの価値観(気候変動、CSR)と一致していることを確認するために、ESG指標を求めています。

包括的なESG戦略を持つことで、企業はESG規制に従って事業を運営し、潜在的な機会とリスクを特定し、利害関係者の利益を最優先に行動することが保証されます。 ESGレポートを通じて、企業はESG戦略に定められたマイルストーンや目標をどのように達成しているかを示すと同時に、利害関係者に戦略の重要性と影響を常に知らせることができます。

ESGに関するマテリアリティーと影響

マテリアリティーとは、組織がより関連性が高く、ビジネスに測定可能な影響を与える可能性が高いESG問題に焦点を当てることです。組織は潜在的なESGリスクとその影響を特定することで、重要性を判断できます。 そこから、企業は「リスク・マトリックス」アプローチを使用して、リスク・プロファイルと潜在的な重大度に基づいて優先する領域を予測できます。

マテリアリティーのもう一方の面は、インパクトと影響力です。ESGレポートのアプローチを評価している組織は、最も直接的かつ迅速に影響を与える可能性のあるESGの要因を考慮することが有益であることがわかるかもしれません。行動の優先順位または影響への取り組みの優先順位付けマトリックスを使用すると、組織は環境への影響を迅速に特定し、サステナビリティーへの取り組みをどこに集中させるかを決定できます。 そして、そのインサイトをもとに、どのESGレポーティング・フレームワークが目標の実現に最も適しているかを判断できます。

組織は、マテリアリティーと影響の両方が交差するダブル・マテリアリティーを考慮することもできます。 ダブル・マテリアリティーでは、金融のマテリアリティーと、市場、環境、人に対するマテリアリティーという2つの観点からマテリアリティーを検討することが組織に求められます。ダブル・マテリアリティーは、組織が内部に目を向けることによって自らの金融リスクを管理する責任があることを認識します。同時に、組織は、その意思決定と業務が人々と環境に及ぼす外的な影響に注目することが期待されています。 ダブル・マテリアリティーの概念を適用することで、組織は財務報告と非財務報告の両方の観点から影響を特定し、最終的により包括的なESG戦略を策定できます。

ESGレポートのメリット

報告プロセス以外にも、ESG指標を追跡することは、いくつかの理由からビジネスにとって有益です。

法規制への準拠

世界各地域には、独自のESG開示要件があります。 たとえば、欧州では、ESG報告はいくつかの規制機関によって義務付けられ、施行されていますが、米国では、証券取引委員会(SEC)は、投資家にとって重要な情報についてのみ報告することを企業に求めていますす。 どのESGレポーティング・フレームワークが組織に適しているかを判断する際には、ESGレポートに関するニュアンスを理解することが重要です。

リスク管理と目標追跡

包括的なESGレポートは、ESGへの取り組みに関連した企業の業績を利害関係者が確認できるようにするだけではなく、潜在的なESGリスクの予測にも役立ちます。 多くの持続可能な開発とコーポレート・ガバナンスの取り組みが数年にわたって行われることを考慮すると、年次報告書を通じてESG指標を追跡するシステムを持つことは非常に価値があります。

透明性と可視性

今日の組織は、利害関係者が投資のリスクと利益を比較検討できるように、事業運営に関する可視性と透明性を高めることが期待されています。 ESG指標を追跡することで、企業は利害関係者の要求を満たし、自社の印象を改善し、より高いESGスコアを獲得することができます。

ESGスコアの決定者

ESGスコアは、企業のESGパフォーマンスを追跡するために使用され、投資家、利害関係者、規制機関に対して企業の運営に関する可視性を高めます。 より充実した報告書を提供する組織は通常、より高いスコアを獲得しますが、ESGパフォーマンスを追跡または提示しない組織は、ESGスコアが低くなる傾向にあります。

米国では、SECがグリーンウォッシングや詐欺などのESG関連の不正行為を根絶する責任を負っています。 しかし、Bloomberg、S&P Dow Jones Indicesなどの第三者機関は、組織の経済的価値を判断するためにESGリスクの潜在的な影響を測定しています。こうした格付け(ESGスコア)は、他の経済データと組み合わせて、その組織に投資する価値があるかどうかを判断するために使用されます。

欧州では、持続可能な投資に関する規制が資本市場全体に義務付けられています。 そのため、組織はESG指標を報告することが奨励されるのではなく、むしろ期待されています。 しかし、欧州委員会に提出された新たな提案は、すでに確立されたESGレポーティング・フレームワークを使ってESG格付けプロバイダー向けの新たなガイドラインを作成することにより、ESGレポートの厳格化を目的としています。1

ESGレポーティング・フレームワークとは

ESGレポーティング・フレームワークは、組織が重点を置くべきESGトピックと、開示する情報を構造化して準備する方法に関するガイダンスを提供します。ESG情報の開示を目指す企業にはいくつかの選択肢があります。 どのようなフレームワークを選択するにしても、正確性、自動化、監査可能性が健全なESGレポート慣例の中心になります。専門化されたESGレポート・ソリューションを通じてこれらの慣例を採用する組織は、急速に変化するESGの状況に対して最適な準備ができます。

適切なESGフレームワークの選択は、組織のビジネス目標、地理、部門などの要因によって異なります。 ただし、確立されたフレームワークと標準に頼る方法を使用することをお勧めします。 検討すべき方法はいくつかありますが、広範なレポーティング・フレームワークは、ベンチマーク、自主性、規制の 3 つのグループに大まかに分類できます。

ベンチマーク

ベンチマークESGレポーティング・フレームワークでは、フレームワーク内のすべての質問への回答が必要であり、通常はスコアリング要素があります。主なフレームワークには、次のようなものがあります。

カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト(CDP)

CDPは企業が利害関係者に環境情報を提供するためのフレームワークで、環境ガバナンスと方針、リスクと機会の管理、環境目標、戦略とシナリオ分析で構成されています。

グローバル不動産サステナビリティー・ベンチマーク(GRESB)

GRESBは、世界中の不動産やインフラ・ポートフォリオ、資産のサステナビリティー業績を評価するために主に投資家によって使用されるグローバルなツールです。

自主性

自主的なESGレポーティング・フレームワークにより、組織は報告したい質問を選択できます。 通常、スコアリングはこれらのフレームワークには含まれていません。

グローバル・レポーティング・イニシアチブ(GRI)

GRIは、幅広いESG課題に対するマテリアリティー、経営レポート、開示へのアプローチを詳述した標準を提供する、グローバルに適用できるガイダンス・フレームワークです。現在、GRI標準は、独自のサステナビリティー・レポートの作成を目指す企業にとってロードマップになっています。

気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)

TCFDは、事業への気候変動リスクに対処するよう明確に設計されています。TCFDは、世界中の組織が ESG効率が将来の金融効率と価値創造にどのような重大なインパクトを与える可能性が最も高いかを明確にするのに役立ちます。

規制

規制ESGレポーティング・フレームワークは、すべての応答が必須だが常にスコア付けされるわけではないため、ベンチマーク・フレームワークに似ています。これらのフレームワークと報告要件は政府機関によっても要求されており、次のような注目すべき例が含まれます。

コーポレート・サステナビリティ・レポート指令(CSRD)

欧州連合のCSRDは、組織が環境および社会問題に関連するいくつかのトピックにわたるサステナビリティーの開示をレポートするための規則を規定しています。CSRDの対象となる企業は、欧州サステナビリティー報告基準(ESRS)に従い報告する必要があります。

サステナブル・ファイナンス開示規則(SFDR)

SFDRは、EU内の金融商品およびエンティティーのESG指標のレポートを標準化することを目的としています。これは、報告者に対し、開示内容の詳細を記した主要な悪影響(PAI)に関する声明の公表を義務付けることで実現しています。SFDRはEUタクソノミーおよびCSRDと連携して行動し、EU の持続可能な金融アジェンダの基礎を形成します。

『EU CSRDへのガイド』をダウンロード
関連ソリューション
IBM Envizi 

ESGデータの取得、統合、管理、分析、報告を簡素化

IBM Enviziの詳細はこちら

参考情報 ESGフレームワークと

ESGフレームワークは、ビジネスの詳細な環境、社会、ガバナンス(ESG)指標を公的にレポートする目的で組織によって使用されます。

ESGレポート作成の未来

投資家や金融機関がサステナビリティー・リスクが投資リスクであると認識するにつれ、 ESGレポートの重要性が高まっています。

TCFDとは?

気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)は、企業の気候関連リスクについて投資家に適切な情報を提供することを目指しています。

ビジネスにおける持続可能性とは何ですか?

ビジネスにおける持続可能性とは、事業運営によって引き起こされる環境的および社会的悪影響を排除するための企業の戦略と行動を指します。

CSRDとは何ですか?

企業サステナビリティ報告指令(CSRD)は、企業に対し、事業活動が環境および社会に与える影響、およびESGの取り組みとイニシアチブがビジネスに与える影響について報告することを義務付けています。

ネット・ゼロとは

ネット・ゼロとは、大気中へ排出される温室効果ガスと大気から除去される温室効果ガスの量が均衡する状況のことです。

詳細情報はこちら

IBM Envizi ESG Suiteを使用すると、環境、社会、ガバナンス(ESG)データの取得、統合、管理、分析、報告を簡素化できます。

エンビジを探索 デモの予約
脚注