循環型経済とは
サプライチェーン・インテリジェンス・ソリューションはこちら 登録してサステナビリティーに関するトピックの最新情報を受け取る
自然と対話する人の絵

公開日:2024年2月29日
寄稿者:Amanda McGrath、Alexandra Jonker

循環型経済とは

循環型経済とは、再利用と効率化を通じて廃棄物をなくし、持続可能性を促進することを目的とした経済モデルです。 このモデルは、共有、修理、改修、再製造、リサイクルを通じて、使用されるリソースの量を最小限に抑える閉ループシステムを作成します。 また、気候変動の主な原因である廃棄物、汚染、炭素の排出も削減します。

伝統的な直線経済では、原材料が自然環境から抽出され、製品に変換され、使用された後、廃棄物として廃棄されます。 このモデルは、有限な資源の継続的な採掘に依存しており、これが環境悪化と資源の枯渇につながります。 循環型経済は、この「取る・作る・捨てる」というパターンを、廃棄物を最小限に抑え、製品と資源をできるだけ長く使用し続ける、より持続可能な経済システムに置き換えることを目指しています。 これは再生可能エネルギーへの移行、天然資源の再生、環境の保護、そして人間の健康と福祉の支援に向けた取り組みによって支えられています。

循環経済の重要性とは

循環型経済は、持続可能性の重要な推進力です。 国連は、持続可能な開発目標(SDGs)の達成における循環性の役割を強調しています。 そして、世界中の多くの政府、政策立案者、組織が、気候変動、生物多様性の喪失、天然資源抽出による混乱、その他の環境問題などの地球規模の課題に対処するための循環型経済の可能性を模索しています。

例えば、天然資源の採掘と加工は、世界の温室効果ガス総排出量の半分を占め、地球上の生物多様性の損失と水不足の90%以上の原因となっていることが研究で明らかになっています。1循環型経済は、資源をより長く使用し続けることで、新たな資源採掘の必要性を減らし、天然資源の保全と温室効果ガスの排出削減に貢献します。 循環型経済の主要な提唱者であるエレン・マッカーサー財団の研究によると、代替経済モデルを採用することで、ヨーロッパの二酸化炭素排出量を半分に削減できることが分かっています。2 さらに、経済的機会を創出し、企業や社会に価値を生み出すこともできます。 研究では、循環型経済は4.5兆米ドルの新たな経済効果を生み出す可能性があると言われています。 3

循環経済の仕組み

循環型経済は、廃棄物を最小限に抑え、環境を保護し、自然システムを再生する閉ループシステムを構築することで機能します。 これを実現するために使用される戦略は次のとおりです。

  • 廃棄物と汚染の削減:循環型経済の原則は、廃棄物と汚染を最小限に抑える製品とプロセスを設計することを提唱しています。 例としては、再生可能エネルギーの使用、包装の削減、持続可能な廃棄物管理慣行の採用などがあります。
  • 製品寿命の延長:製品をできるだけ長持ちさせるには、耐久性、修理性、アップグレード性が必要です。 これには、製品や材料の再利用、再生、リサイクルの促進も含まれます。
  • 自然システムの再生:循環経済モデルの中心にある理念は、経済活動によって利用され傷ついた自然の回復です。 具体的には、持続可能な土地利用の実践、植林、保全の取り組みを通じた生態系と天然資源の回復が挙げられます。
循環経済の実践例

組織、業界、また個人レベルでもさまざまな方法で循環型ソリューションが導入されています。 ビジネスや社会にどのように統合されているかを示すお客様事例には、次のようなものがあります。

再生可能エネルギーシステム

風力、太陽光、水力発電などの再生可能エネルギー源への移行は、化石燃料などの有限な資源への依存を減らし、循環経済をサポートします。 日々の業務に使う電力に再生可能資源を使用すると、環境への悪影響、廃棄物の流れ、および全体的な材料使用を削減できます。 再生可能エネルギーは、サプライヤーや輸送に関する選択に影響を与える可能性があるため、循環型経済の原則をサプライチェーン物流に適用するためにも不可欠です。

修理可能な電子機器

電子機器が壊れたり磨耗したりしたときに廃棄するのではなく、モジュール式で修理が簡単になるように再設計しようとする企業が増えています。 これは、ユーザーがデバイス全体を交換するのではなく、障害のある部分だけを交換できることを意味し、製品の寿命を大幅に延長します。 一部の企業は、自社のテクノロジー製品を改修して再製造するというアイデアを採用しています。 このプロセスには、中古製品を引き取り、良好な状態に修復し、多くの場合保証付きで再販売することが含まれます。

シェアリング・エコノミー・プラットフォーム

カーシェアリングやホームシェアリングサービスは、人々が資産を個人で所有するのではなく共有したり、より頻繁に利用できるように一時的に貸し出したりすることを可能にし、資源の効率的な利用を促進します。 これにより、新製品の製造に対する全体的な需要が減少し、より持続可能な消費パターンとパートナーシップが促進されます。

パッケージングへの新しい取り組み

廃棄物ゼロの原則に基づいて運営されている小売店では、顧客が自分の容器を持参できるため、包装廃棄物が削減され、資源の再利用が促進されます。 再利用可能なパッケージで消費者製品を提供することで、プラスチック汚染をなくすことを目指している企業もあります。 顧客は空の容器を返却し、洗浄して再利用することで、使い捨ての包装の必要性を減らします。 場合によっては、プラスチック製の包装を生分解性素材(自然に分解する植物由来の素材から作られたバイオプラスチックなど)に交換することもあります。 人間の使用と自然の間に継続的なサイクルを生み出す、この「ゆりかごからゆりかごまで」の設計姿勢で、埋め立て地の廃棄物の量を減らすことができます。

サービスとしての製品(PaaS)

企業は、「売ったら忘れる」モデルから、製品ライフサイクル全体を見据えたモデルへの移行を進めています。 これには、リース モデルの検討や、消費者が製品自体を所有するのではなく、製品が提供するサービスに対して料金を支払う「サービスとしての製品」の提供が含まれます。

繊維のリサイクルと再利用

多くのファッションブランドは、衣服のレンタルや、製品に使用するバージン素材を減らしてリサイクル素材を増やすなど、循環型ビジネスモデルを採用しています。 一部の企業は、リサイクルまたは再販のために着なくなった服を返品することを顧客に奨励しています。 このアプローチにより、廃棄物と新しい原材料の需要が削減され、より持続可能なファッション業界が実現します。

食品廃棄物のアップサイクル

より持続可能な食料システムを構築するには、食品廃棄物への取り組みが必要です。 調査によると、人間が消費するために生産された食品のうち、毎年11億8,000万トンが失われたり、廃棄されたりしています。4 例えば日本では、食品廃棄物を堆肥化可能な動物飼料や肥料として利用することを推進する食品リサイクル法を施行しています。 また、コーヒーかすをバイオ燃料に変えたり、果物の皮を使って天然染料を作ったり、ベーカリーやサンドイッチメーカーの売れ残ったパンや未使用のパンを使ってビールを醸造したりするなど、食品廃棄物を利用して新製品を生み出しています。

循環経済アプローチのビジネス上のメリット

循環経済アプローチは、以下のようないくつかの点で企業に利益をもたらします。

  • コスト削減:無駄を減らし、参考情報をより効率的に使用することで、企業は原材料、エネルギー、廃棄物処理にかかるコストを節約できます。
  • イノベーション::循環型ビジネスモデルを採用することで、リサイクル素材を使用した新製品の開発や修理・保守サービスの提供など、競争力を高め、新たな収益源を生み出すことができます。
  • ブランドの評判:サステナビリティと循環性を取り入れることで、企業は環境意識の高い消費者にアピールし、ビジネスにおけるサステナビリティのリーダーとしての地位を確立することができます。
  • 法規制の遵守: サステナビリティ報告の義務化が進む中、循環型慣行を採用する企業は、多くの地域および国際的な規制に準拠する上で有利な立場にある可能性があります。
テクノロジーが循環型経済をどのよう促進するか

持続可能なテクノロジーソリューションは、リソースの追跡と管理、新しいビジネス戦略の実現、生産および流通プロセスの効率化に役立ちます。 デジタルテクノロジーのイノベーションは、企業がバリューチェーンにおけるリソースの使用を追跡および最適化し、消費者による持続可能な選択を促進します。

たとえば、モノのインターネット(IoT)デバイスは、製品の使用状況と状態に関するリアルタイムのデータを提供できます。 これにより、予知保全が容易になり、サービスとしての製品モデルが可能になります。 人工知能(AI)は製造およびサプライチェーンの効率を高め、一方、ブロックチェーンテクノロジーは材料と製品のライフサイクル全体にわたる透明かつ安全な追跡を可能にし、トレーサビリティと説明責任を促進します。

再生可能エネルギー技術は、脱炭素化と温室効果ガスの排出削減に不可欠です。 オンライン・マーケットプレイスやリソース共有サービスなどのデジタルプラットフォームは、商品やサービスの交換を促進し、再利用を促進し、廃棄物を削減します。 また、3Dプリンティング技術は現地生産をサポートし、輸送と物流のコストと無駄を削減します。

循環経済政策への取り組み

政策立案者は、企業が持続可能な慣行や新しいビジネスモデルを採用するインセンティブを提供する政策により、循環経済への移行を支援しています。 また、持続可能な解決策の研究に資金を提供するだけでなく、無駄の多い行動を罰する方法も導入しています。 たとえば、欧州委員会のグリーンディールの一部である欧州連合の循環経済行動計画では、持続可能な製品をEUの標準にするための措置の概要が示されています。 廃棄物を削減し、リサイクル率を高めるための戦略も含まれています。 中国、日本、オランダなどの国々は、経済成長の促進、効率性の向上、自然環境の再生、環境への影響の削減を目指す独自の国家循環経済政策を策定しています。

関連ソリューション
IBM Sterling Supply Chain Intelligence Suite

人工知能 (AI) の力と自動化のスピードを適用して、サプライチェーンの管理、回復力、持続可能性を向上させます。

IBM Sterling Supply Chain Intelligence Suiteはこちら

IBM Enviziの排出量管理ソフトウェア

温室効果ガス(GHG)排出量管理ソフトウェアでGHG排出量を正確に計算して報告し、インサイトを明らかにして脱炭素化目標への進捗状況を把握します。

IBM Enviziの排出管理ソフトウェアの詳細はこちら

IBM Sterling Order Management

持続可能性を目指して構築された完全なオムニチャネル注文履行ソリューションを使用して、完璧に注文を届けます。

IBM Sterling Order Managementの詳細はこちら
参考情報 サステナビリティ: 未来を形作る新たな取り組み

国、地域社会、企業による、人間活動やビジネス活動による環境負荷軽減への取り組み。

ネット・ゼロとは

ネット・ゼロとは、大気中へ排出される温室効果ガスと大気から除去される温室効果ガスの量が均衡する状況のことです。

ビジネスにおける持続可能性とは何ですか?

ビジネスにおける持続可能性とは、事業運営によって引き起こされる環境的および社会的悪影響を排除するための企業の戦略と行動を指します。

スコープ3排出量とは

スコープ3排出量は、組織によって直接所有または管理されていない発生源による事業運営に起因する温室効果ガス排出量のカテゴリーです。

トリプル・ボトム・ラインとは

トリプル・ボトム・ライン(TBL) とは、人(people)、地球(planet)、利益(profit)という3つのPを軸とした持続可能性の枠組みのことです。

サプライチェーンの最適化とは何か。

サプライチェーンの最適化では、技術とリソースを利用して、供給ネットワークの効率とパフォーマンスを最大化します。

詳細情報はこちら

IBM Sterling Supply Chain Intelligence Suiteは、AI駆動型の最適化・自動化ソリューションです。 このスイートは、従来型のトランスフォーメーションを進める中で起きるサプライチェーンの混乱の解決に苦慮している企業向けに設計されており、実用的なインサイト、よりスマートなワークフロー、インテリジェントな自動化を通じて供給ネットワークのレジリエンスとサステナビリティーを向上させ、俊敏性を高めながら、価値実現までの時間を短縮します。

Supply Chain Intelligence Suiteの詳細はこちら 無料評価版(30日間)
脚注

1 Facts and Figures(リンクは ibm.com 外にあります)、 国連、2024年1月

2 Towards a circular economy: Business rationale for an accelerated transition(リンクは ibm.com 外にあります)、 エレン・マッカーサー財団、2015年11月

3 Waste to Wealth(リンクは ibm.com 外にあります)、 アクセンチュア、2015年9月

4 5 facts about food waste and hunger(リンクは ibm.com 外にあります)、 世界食糧計画、2020年6月