バックアップと復元とは何ですか?
デジタル・トランスフォーメーションが本格化する中、ますますスケーラブルで、高機能で、手頃な価格のバックアップと復元のソリューションに対する需要がかつてないほど高まっています。
IBM Cloud Backupの詳細はこちら
職場でパソコンを使用している方
バックアップと復元とは何ですか?

バックアップと復元とは、別個の二次装置上にデータとアプリケーションの定期的なコピーを作成し、元のデータやアプリケーションが損失または破損した場合に、それらのコピーを使用してデータおよびアプリケーション、ならびにそれらが依存する業務を復元できるようにするテクノロジーと実践を指します。そのような状況には、停電、サイバー攻撃、人的ミス、災害、またはその他の予期せぬ出来事が想定されます。

バックアップと復元は、あらゆるビジネスの災害復旧戦略にとって不可欠な要素です。

関連コンテンツ

IBMニュースレターの購読

戦略と計画

データとアプリケーションのバックアップ方法(つまり、どのくらいの頻度で、どのデバイスや場所にバックアップするか)は、データとアプリケーションへのアクセスを一定期間失った場合のコストと、データを永久に失った場合の交換または再作成のコストによって決まります。

通常、バックアップ戦略、特に企業でのバックアップ戦略を作成する最初のステップは、各データ・ソースとアプリケーションの目標復旧時間と目標復旧時点を決定することです。

  • 目標復旧時間(RTO)とは、企業がデータまたはアプリケーションにアクセスできなくても業務を続けられる最大時間、つまり、データとアプリケーションをどれだけ早く復旧する必要があるかを指します。

  • 目標復旧時点(RPO)は、損失を許容できるデータの量を指し、さらなる損失を避けるにはどの頻度でデータをバックアップするべきかを効果的に決定します。

RTOとRPOは、ビジネスの内容や、対象となる個々のアプリケーションやデータによって異なります。ミッションクリティカルなアプリケーション(大手オンライン小売業者のeコマース・システムや証券会社の取引アプリケーションなど)では、いずれの場合もダウンタイム 1 分あたり数百万ドルのコストがかかる可能性があるため、非常に短いRTOとRPO が必要になる場合があります。ただし、証券会社のEメール・システムでは、規制遵守のために全面的なEメール監査証跡が必要になる場合があるため、小売業者のEメール・システムよりも短いRTOとRPOが必要になる場合があります。

RTOとRPO以外にも、バックアップと復元のテクノロジーの選択には、拡張性を必要とするか、データ・セキュリティー、さらには物理的な距離(つまり、地域的な停電や災害の場合でも確実に復旧するために、バックアップを本番インフラから遠く離れた場所に設置・維持する必要があるかどうか)などの要因がかかわります。

バックアップ・デバイスとサービス

データのバックアップにはどのような種類のデバイスまたはサービスを使用しますか?一般的に、4つの選択肢があります。

テープ・ドライブ


テープは、現在使用されている最も古いバックアップ メディアです。テープ式のデータ・ストレージは低コストで大容量ですが、読み取り・書き込みのパフォーマンスが比較的遅いため、増分バックアップ、継続的データ保護(CDP)、またはデータが変更されるたびにバックアップを更新するその他のバックアップ方法には適していません(以下の「一般的な方法とソリューション」のセクションを参照)。また、テープは他のストレージ・メディアに比べて物理的な磨耗や損傷が起こりやすいため、厳密に管理し、リカバリ時に正常に機能することを確認するために常にテストする必要があります。このような理由から、テープは夜間バックアップや週次バックアップに適しているほか、組織が保持したい、または保持する必要があるが、障害や災害の発生時にビジネスを迅速にオンラインに復旧させるには不必要なデータを、コスト効率よくアーカイブするためにも良い選択です。

ハードディスク・ドライブ(HDD) またはソリッド・ステート・ドライブ(SSD)


現在、ほとんどのデータは、ドライブがスタンドアロンの外付けドライブであるかバックアップ・サーバーの一部であるかに関係なく、ハード・ディスク・ドライブ(HDD)またはソリッド・ステート・ドライブ(SDD)にバックアップされます(以下を参照)。どちらも、読み取り/書き込みパフォーマンスがテープと比べてはるかに高速であるため、継続的に更新されるバックアップや RTO/RPOの短いバックアップ・シナリオに適しています。

SDDは、HDDよりも読み取り/書き込みが速く、同じ量のデータを保存するために必要な物理スペースが少なく、消費電力が少ないため、人気が高まっています (ギガバイトあたりの購入単価はHDDより高価ですが)。HDDとSDDに欠点があるとすれば、拡張性がそれほど高くないということです。より多くのバックアップ容量が必要な場合は、新しい物理ディスクを購入して取り付ける必要があります。

バックアップ・サーバー


バックアップ・サーバーは、同じネットワーク上の複数のクライアント・コンピューターに保存されているファイルをバックアップするために特別に構築された専用サーバーです。このサーバーには、大容量のディスク・ストレージと、バックアップのスケジュール設定と管理のための専用ソフトウェアが装備されています。バックアップ・サーバー・ディスクは、冗長性を備えて構成されていることがよくあります。これは、バックアップ・データを保護し、ディスク障害が発生した場合でもバックアップを継続できるようにするためです。オンサイト・バックアップ・サーバーは、小規模オフィスにとってはコスト効率の高いバックアップ・ソリューションとなりますが、地域規模での停電や物理的災害からバックアップ・データを保護することはできません。

クラウド・バックアップ


クラウド・バックアップでは、企業ネットワークまたはインターネット接続を介して、お客様の会社、ホスティング・プロバイダー、またはクラウド・サービス・プロバイダーが運営するリモートデータセンターの物理または(おそらく)仮想バックアップサーバーに、データとアプリケーションをバックアップします。

クラウド・バックアップは通常、最も柔軟なタイプのバックアップです。これを使用して、ファイル、アプリケーション・データ、または物理サーバー全体または仮想サーバー全体をバックアップできます。バックアップの頻度やスケジュールは自由に調整できます。クラウド・バックアップ・サーバーは通常仮想化されているため、必要に応じて簡単に、かつコスト効率よく拡張することができます。クラウド・バックアップを使用すると、地域規模での停電や災害から保護するために、バックアップ・メディアを別の場所に物理的に移動する(その結果、RTOとRPOが大幅に長くなることがあります)必要がなくなります。

一般的な方法と解決策

最も一般的に使用されるバックアップおよび復元方法を以下にまとめました。選択する方法またはその組み合わせは、前述の要素 (RTO、RPO、スケーラビリティ、セキュリティ、地理的距離の要件) に加えて、次の要素によって異なります。

  • 個人データ、中小企業データ、企業データのいずれを保護するか

  • バックアップするのはデータのみ、データとアプリケーション、物理コンピューターまたは仮想マシン全体のいずれか

  • バックアップ・サービス・プロバイダーが提供するバックアップ方法

  • ご予算

フルイメージのみ


フルイメージのみのバックアップでは、保護するデータ・ソースの完全なコピーを定期的にバックアップします。失われたデータを復元する際は、単純に、損失があったデータを最新のフルイメージ・バックアップに置き換えます。フルイメージの復元は高速ですが、フルイメージのバックアップは時間がかかり、他のバックアップほど頻繁に実行できないため、この方法はRTO/RPOが短い場合にはあまり適していません。

増分


増分バックアップは、はじめにフルイメージバックアップを行い、最新のバックアップ以降に変更されたデータのみを定期的にバックアップします。通常、一定回数の増分バックアップを行った後に再度フルイメージバックアップを実行するというサイクルが繰り返されます。データを復元するには、まず最新のフルイメージ・バックアップを適用し、それから後続の各増分バックアップを目的の RPO に適用します。増分では、完全バックアップの回数を減らすことでバックアップ時間が節約され、最近変更されたファイルの復元時間が短縮されます。

差分

 

差分バックアップでは、最後のフルイメージ・バックアップ以降に変更されたすべてのデータがバックアップされます。データを復元するには、まず最新のフルイメージ・バックアップを適用し、次に最新の差分バックアップを適用します。連続する差分バックアップごとにバックアップ時間は長くなりますが、復元は 2 つのバックアップ・ファイル (最新のフルイメージ・バックアップと差分バックアップ) を適用するだけで済みます。

継続的データ保護(CDP)


CDPは、継続的バックアップまたはリアルタイム・バックアップとも呼ばれます。データに対するあらゆる変更のコピーが別のストレージ・デバイスに即座に保存され、その1件1件が追跡されます。CDPでは常時バックアップを行うため、バックアップによって作業が中断されることがなくなります。また、CDPは直近の変更や特定の時点からデータを復元できるため、最も包括的できめ細かなデータ保護が実現します。

ベアメタル・バックアップ


ベアメタル・バックアップは、アプリケーション、データ、オペレーティング・システムなど、コンピューターやサーバー全体をバックアップし、ベアメタル・ハードウェア(オペレーティング・システムやソフトウェアが予めインストールされていないハードウェア)に復元できるようにします。

インスタント・リカバリー


仮想マシン(VM)のバックアップ・復元手法であるインスタント・リカバリーでは、バックアップVMが本番VMに対して継続的に更新されていきます。復元するときは、システムがワークロードをバックアップVMにリアルタイムでリダイレクトするため、IT スタッフが元の VM を復元している間、ユーザーは中断することなく作業を続けることができます。インスタント・リカバリーにはRTOとRPOがゼロという利点がありますが、多くの場合、バックアップVMのパフォーマンスは元のVMのパフォーマンスよりも若干遅くなります。

特別なユースケース

Windows 10のバックアップと復元


Windows 10 のバックアップと復元は、指定したスケジュールに従ってファイルのフルイメージ・バックアップを定期的に作成します。また、システム全体 (OS、アプリケーション、ファイル、設定など) のバックアップ・イメージを作成して、必要に応じてすべてを復元できるようにすることも可能です。ファイル履歴と呼ばれる追加ツールを設定すると、1つのファイルが複数のバージョンで自動的に保存されるため、ファイルを目的のバージョンまたは時点に復元できます。

タイムマシン


Apple MacOSに組み込まれているTime Machineは、Macシステム全体の時間ごと、日ごと、週ごとのバックアップを自動的に実行します。バックアップは、Mac、外部ドライブ、またはAirPort Time Capsule(Apple はもう製造しておりません)に保存できます。ファイルを復元するときは、Time Machineを使用して日付つきのバックアップをめくって、必要な回復ポイントを選択できます。Mac上のファイル (ドキュメント、写真、曲など) を iCloudにバックアップすることもできます。

SQL Databaseのバックアップと復元に関する詳細はこちら


MySQL、PostgreSQL、SQL Databaseのバックアップと復元は、コマンドラインから、または別途入手するサードパーティ製ツールを使って簡単に行うことができます。

iPhone


iTunesを使用してiPhoneのデータをコンピュータにバックアップすることも、iCloudを使用してクラウドにバックアップすることもできます。端末に保存しているデータの量によっては、追加の iCloud ストレージの購入が必要になる場合があります。

Androidバックアップとリセット


Androidバックアップとリセットは、すべてのAndroidモバイル・デバイスに組み込まれているバックアップ ツールであり、データと設定をGoogleドライブにバックアップします。さらに、Samsungなどの特定のAndroidスマートフォン・ベンダーは、独自のアプリのバックアップと復元、およびデータ・ストレージ・サービスを提供しています。

関連ソリューション
IBM Cloud Backup

IBM® Cloudに接続するアプリケーションを数分で構築、デプロイできる

IBM Cloud Backupの詳細はこちら
Veeam on IBM Cloud

ハイブリッドクラウド全体の予測可能なバックアップと高速リカバリにより、災害復旧用に、オンプレミスのワークロードとバックアップをクラウドに簡単に移行できます。

IBM® Cloud上のVeeamの詳細はこちら
継続的データ保護(CDP)ソリューション

VeeamやZertoなどのIBMビジネス パートナーと協力して、クラウド内のワークロードのバックアップ、災害復旧、事業継続計画を構築します。

継続的データ保護(CDP)ソリューションの詳細はこちら
サイバー・レジリエンス - IBM Storage FlashSystem

IBM FlashSystem Cyber Recovery Guaranteeは、IBM Storage Expert CareおよびIBM Storage Insights Proとあわせて新しいFlashsystemアレイを購入した方を対象に設計されています。このパッケージでは、保護コピー(変更不可能なスナップショット)の復元ポイントを60秒以内に復旧することを保証します。

IBM Storage FlashSystem でデータを保護する
参考情報 災害復旧とは?

災害復旧計画のプロセス概要、ならびにサービスとしての災害復旧 (DRaaS) がビジネスを保護するための正しい選択であるかどうかに関するガイダンス。

マルチクラウドとは?

マルチクラウド(2 つ以上のベンダーのクラウド・サービスを使用すること)により、組織はパフォーマンスの最適化、コストの管理、利用可能な最高のクラウド・テクノロジーをより柔軟に活用することができます。

次のステップ

IBM は、直感的で応答性の高い Web ブラウザー・ベースのインターフェースを通じて管理される、フル機能のエージェント・ベースのバックアップおよびリカバリー・システムである IBM Cloud Backup を提供しています。 IBM Cloud Backup では、ベアメタルの復元だけでなく、広く使用されているサード・パーティー・ソフトウェア・アプリケーションのデータのみのバックアップも可能です。データを保護するエンドツーエンド暗号化と、データ・フットプリントを最大99%削減するインテリジェントな圧縮とフロントエンド重複排除機能を備えています。

IBM Cloud Backupの詳細はこちら