概要

CFOはさまざまな理由でデジタル機能を強化していく必要があります。それは企業の俊敏性を促進し、収益を拡大させ、ビジネス上の洞察を通じて価値を創出し、リスクを軽減するためです。IBMファイナンス・サービスは、業界特有の機能やプロセスに関する専門知識をAI、オートメーション、ブロックチェーンなどの先進的なソリューションと組み合わせ、企業の経理財務業務とバックオフィス業務両方のオペレーション変革を支援します。アナログからデジタルへのシフト、新しい価値資源の開拓、既存の運用モデルの最適化をIBMがご支援します。

期待される効果

財務業務のコストを最大40%削減。

財務業務のコストを最大40%¹削減。

運転資本を最適化し、売掛金回転日数(DSO)を削減。

運転資本を最適化し、売掛金回転日数(DSO)を削減。

次世代デジタル・ファイナンス・ツールにより、運用時の俊敏性を改善。

次世代デジタル・ファイナンス・ツールにより、運用時の俊敏性を改善。

経理財務・経営管理サービス

財務戦略およびコンサルティング

チームは共有サービスのデジタル財務のターゲットを作成します。彼らは、真の企業変革を実現するために最新テクノロジーを利用する、カスタマイズされたセンター・オブ・エクセレンス(CoE)で作業します。

財務計画および分析

IBMの財務パフォーマンス管理(FPM)は、財務の専門家が情報をまとめ、傾向を明らかにして、企業全体で意思決定を変革するための洞察を提供するのに役立ちます。

調達から回収まで

IBMの調達から回収までのサービスとしてのビジネス・プロセス(BPaaS)で、請求書処理コストを削減し、割引収集を改善して、サプライヤーの体験を向上します。 

見込み客発掘から回収まで

リスクと債務のエクスポージャーを削減して、カスタマー・エクスペリエンスを向上させます。また、顧客から回収までのサイクルを変革して、それらのすべての時間を活用します。

記録から報告まで

時は金なりと言われます。そのため、企業のデータ基準や会計方針の遵守や、効率性の向上を推進して、より優れた意思決定のための時間を増やします。

リスク、コンプライアンス、および不正に関する管理コンサルティング

リスク、コンプライアンス、および不正に対応するIBMのサービスは、組織の構成、運用ガバナンス、およびテクノロジーをナビゲートし、リスクの検知、管理、および対応が改善されるようにサポートします。

IBMの経理財務・経営管理サービスの詳細について

事例

株式会社三井住友銀行

RPAとCognitive OCRとの連携によるコア業務の改革・「行員の意識改革」により200億円の経費削減と経営基盤強化を目指す。

関連ソリューション

IBM Automation

プロセス設計を再考し、自動化による新しい働き方を作り出します。

IBM プロキュアメント・サービス

コグニティブ・ソリューションによってサプライ・チェーン運用を変革し、運用コストの削減をサポートします。

IBM Blockchain

ブロックチェーンによりトランザクションと情報をデジタル化することで、データを保護し、コストを削減します。

エキスパートの紹介

岡部 武

岡部 武

コグニティブ・プロセス変革
理事・パートナー

真藤 達也

真藤 達也

コグニティブ・プロセス変革
アソシエイト・パートナー

IBMのエキスパートにご相談ください。

電話でのお問い合わせ:0120-550-210 | 識別コード:Services

IBMをフォローする

IBMをフォローする