脅威インテリジェンスをチームに提供

SOCアナリストは多くの情報に基づき迅速に意思決定を行う必要があります。脅威インテリジェンスを共有するためのクラウド・プラットフォーム「IBM X-Force Exchange」を活用することで、 アナリストは最新のセキュリティー脅威を迅速に調査し、実用的な情報を集約しながら、チームでのコラボレーションが可能になります。

世界最大規模のセキュリティー研究開発機関であるIBM X-Force

IBM X-Forceのセキュリティーの専門家たちは、さまざまなソースで発生するセキュリティー問題を監視および分析し、IBMセキュリティー製品の基盤として脅威インテリジェンス情報を提供します。IBM® X-Force は、多くのソート・リーダーシップ・セキュリティー調査アセットを作成して、お客様、セキュリティー研究者および一般の人々が最新のセキュリティー・リスクをより良く理解し、最新の脅威に後れを取らないように支援します。

 

 

IBM X-Force Exchange

IBM X-Force Exchangeは、脅威インテリジェンスを共有するためのクラウド・ベースのプラットフォームであり、ユーザーは、最新のセキュリティー脅威の迅速な調査、実用的なインテリジェンスの集約、仲間関係者間でのコラボレーションが可能になります。IBM X-Force Exchangeは、IBMのX-Forceのスケールを利用する、手動で生成されたインテリジェンスと自動的に生成されたインテリジェンスによってサポートされています。

参照情報

拡張された永続的脅威とは何か。

検出されずに企業に侵入する恐れのある、回避可能なマルウェアについてご覧ください。

IBM X-Forceの対話式セキュリティー・インシデント

この可視化された対話式のデータで、最新のセキュリティー侵害を説明します。

安全なインターネットのための連携

IBMは、安全なプライベートDNSサービスを提供するために、Packet Clearing HouseおよびGlobal Cyber Allianceと協力しています。

お問い合わせ電話番号: 0120-550-210 (識別コード: Security)