概要

ハイブリッド環境やマルチクラウド環境にわたって組織の機密データにアクセスするときや、データの保管と送信をするときは、安全な状態を保つために特別なデータ保護が必要です。 暗号化サービスはテクノロジー、コンサルティング、システム統合、マネージド・セキュリティー・サービスを結合したものであり、暗号化の俊敏性や耐量子性、堅固なガバナンスとリスクのポリシー順守が得られます。

メリット

データ保全性、プライバシー、機密性の維持

信頼度の低いパーティーとのやり取りにおけるデジタル署名とデータ共有に関する専門知識と手法を提供します。 完全準同型暗号化、ゼロ知識証明、トークン化、耐量子暗号アルゴリズムなどを使用して、暗号化されたデータに対する検索と計算を可能にします。

暗号戦略と俊敏性を構築

マルチクラウド暗号化や鍵管理、自動化された鍵および証明書のライフサイクル管理に関する戦略を確立し、より高度な暗号テクノロジーに拡張します。 デプロイ済みの暗号方式については、必要に応じて置き換えや使用の停止ができるように、その概要を保持しておきます。

DevOpsへの暗号方式の統合

DevOpsチームが、セキュアなコーディング手法に従う暗号ライブラリーを確実に選択するようにできます。これにより、DevSecOpsのベスト・プラクティスとセキュアなソフトウェア開発ライフサイクルが可能になります。

関連サービス

Homomorphic Encryption Services

テストする必要があるアプリケーションの数は簡単に数百に達します。 リスクの高いアプリケーションの欠陥を見つけ、優先順位を付けることで、どれに最初に焦点を当てるべきかを判断できます。

Data Security Services

機密性の高いエンタープライズ・データとアプリケーションを発見、特定し、内部・外部の脅威から保護します。

Application Security Services

DevOpsをDevSecOpsに変革することで、アプリケーションを安全に構築、導入、反復できます。

ベスト・プラクティス

マルチクラウドの世界におけるデータ暗号化、鍵管理、暗号化サービスの管理について詳しく説明します。

参考情報

暗号の俊敏性と量子リスク

IBMのセキュリティー・エキスパートによるセミナーにご参加ください。耐量子暗号化を準備する組織が今すぐ実施できる重要なステップを学ぶことができます。

復号せずに機密データの価値を引き出す

完全準同型暗号化により、プライバシーおよびコンプライアンスの管理を維持しながら、機密データの価値を引き出す方法を説明します。

組織で暗号化サービスを十分に活用するには

エンタープライズ・スケールの暗号化をデプロイするのは、困難な作業になる場合があります。 この課題を克服するには、組織には適切なスキルとテクノロジーを組み合わせた暗号戦略が必要です。

関連ソリューション

データのセキュリティーおよび保護のソリューション

複数のハイブリッドクラウド環境にわたって企業データを保護し、プライバシー規制に適合し、運用の複雑さを簡素化します。

クラウド・セキュリティー・ソリューション

クラウド・ジャーニーのすべての段階にセキュリティーを組み込むことで、ハイブリッドとマルチクラウドに確実に移行できます。

データ・プライバシー・ソリューション

データ・プライバシー規則に準拠するためにデータを準備して保護します。

お問い合わせ