Watson Explorerのテキスト分析機能が、データ・サイエンス・エクスペリエンスで利用できるようになりました。

概要

コグニティブな探索とコンテンツ分析のプラットフォームであるIBM Watson® Explorerを活用すると、データから洞察を引き出すことができます。 構造化データ、非構造化データ、社内データ、社外データ、パブリック・コンテンツを探索および分析して、意思決定や顧客サービス、ROIを改善するための傾向とパターンを明らかにします。多くのお客様が、Watson Explorerを活用して、受信した通話やe-メールを100%把握することで、情報の品質と活用能力を改善しています。 機械学習モデル、自然言語処理、次世代APIを搭載した標準のコグニティブ機能により、お客様のすべてのデータから価値を引き出すことができ、顧客の全体像を把握して、顧客にとってより良いエクスペリエンスを実現するのに役立ちます。

人間が読みきれない大量の文献、文書、レポートを分類・分析して知見を獲得

Watson Explorer は、企業内外に蓄積している文書を統合的・横断的に収集し、高度な分類・分析を行うことにより業務の知見を獲得する、オンプレミス型の構造化および非構造化コンテンツ分析プラットフォームです。競合との差別化につながる業務ナレッジベースの構築を実現します。

ビッグデータ対応

様々なデータソースをクロールしてパフォーマンスも快適に収集~分類~分析

高度な言語理解と深い洞察

高度な自然言語処理と業務固有の情報も抽出

多言語対応

日本人研究者による研究開発で日本語に強く、16ヶ国もの多言語対応でグローバル支援

機械学習を用いた自動文書分類

お客様の声をテーマごとに自動分類するといったことが可能に

データに基づく分析ステップのガイド

次の分析ステップの提示により、効率的な知見の発見を可能に

Watson Explorerがもたらす価値の一例

Watson Explorerが大量の顧客の迅速な処理を支援することを表すアイコン

顧客接点の質の向上に

コールセンターでオペレータの問い合わせ履歴を詳細分析し、クレームや重要問題に適切に対応するベスト・プラクティスを把握したり、効果的なFAQ作成を支援 / オペレータによる顧客への迅速な回答、応対を支援。

Watson Explorerで問題を特定して時間を節約できることを表すアイコン

製品・サービスの向上に

顧客の声やソーシャルメディア等の大量の市中情報を統合的に収集、分析することで顧客視点での商品企画につなげたり、競合との差別化を図る/求人情報と求職情報を活用してジョブリコメンドやキャリアサポートのサービスを支援。

高度な知識が必要な業務の支援や技術の伝承に

日々の保全報告書の記載から危険予兆を早期に検知しアクションを図る 過去の技術報告書から熟練者のナレッジを抽出してデータベース化。技術伝承に活用することで業務効率と後継者の育成を図る 保険の請求書や診断書の内容を理解し、難易度の高い支払査定業務を支援 特許情報から重要技術のトレンドの予兆など高度な分析を支援

お客様導入事例

JFEスチール株式会社

製鉄プロセスを支える装置に故障が起こった際に迅速に復旧。IBM Watsonを用いて膨大な文書情報から有益なナレッジを素早く検索して対処。

→ 事例を見る

 

三井住友海上

三井住友海上

三井住友海上では、年間約150万件の電話問い合わせ内容をデータ化。IBM Watson Explorerで解析し、最適な回答を画面上に表示させることで、オペレーターの業務を支援しています。

国立循環器病研究センター

国立循環器病研究センター

国立循環器病研究センターは、従来は困難だった電子カルテに自然文で自由に記述されたテキストデータからの症状の自動抽出をIBM Watson Explorerで実現

主な採用プレスリリース

AIを用いた特許読解支援システムを構築

IBM Watsonを活用し故障復旧時間を大幅に短縮

多種多様な問い合わせをAI技術によって速やかに回答

給付金支払査定システムを構築

保険金支払審査業務の判断支援を開始

保険金・給付金等の支払業務への活用

給付金等の支払査定業務に。診断書査定自動コード化システム構築

コールセンター全席導入。行内照会対応業務への活用へ

お客様の声

製品イメージ