IBM Db2 Analytics Accelerator for z/OSの詳細

IBM Z 内でのDb2の緊密な統合

IBM Db2® for IBM z/OS®との緊密な統合により、すべての照会ワークロードが最も効率的な方法で実行され、各照会が最適な環境で実行されるようにします。

高性能な照会実行

Db2 for z/OS からの複雑な照会を最適化された高性能環境に透過的にルーティングします。これにより、アプリケーションを変更することなく、これらの照会に迅速に応答できます。

データベース内の変換

SQLデータ変換をアクセラレーターにプッシュすることにより、インフラストラクチャーを簡素化および削減できるようにします。異なるプラットフォーム間でデータを移動する必要性を減らし、データ変換プロセスを簡素化します。

柔軟な導入オプション

組織の要件に最適なフォーム・ファクターを、IBM Integrated Analytics Systemアプライアンス上のアプライアンスとして導入するか、またはIBM Z®に直接導入できます。

先進的なデータ同期技法

統合された同期機能により、Db2 for z/OSとアクセラレーター間の統合された低遅延のデータ・コヒーレンス・プロトコルを提供します。これにより、最新のコミット済みデータに対して分析照会を遅延なく実行できます。トランザクション照会と分析照会のデータの即時性が同じになり、トランザクション的に一貫性のある分析照会結果を提供します。

Db2 Analytics Accelerator on IBM Zの幅広い拡張性

小規模な単一ノードの導入から非常に大規模なマルチノードの導入まで、幅広い拡張性を提供します。小規模な導入環境を持つ組織から、要求の厳しいワークロードを抱える組織まで、あらゆる組織がアクセラレーターの機能を活用できます。

お客様導入事例

タブレットを見ながら話し合っている2人の男性

Baldor Electric Company

リアルタイムの製造機能を構築して、顧客満足度を高めます。

机に着いている男性

SGK(社会保障機関)

リアルタイム分析により、市民向けのサービスを向上させながら、コストを削減します。

技術的詳細

ソフトウェア要件

Db2 Analytics Accelerator for z/OSのソフトウェア要件は、以下のとおりです。

  • z/OS V2.1以降
  • Db2 V11.1 for z/OS以降
  • Db2 Utilities Suite for z/OS V11.1以降

ハードウェア要件

正常にインストールするには、最小のハードウェア要件を満たす必要があります。サイズは、以下を考慮した必要なパフォーマンスに基づいて決定されます。

  • データ量
  • ユーザー数
  • 照会の複雑性
  • 照会の到着率

おすすめ関連製品

IBM Db2 12 for z/OS

IBM Db2 for z/OSは、分析、モバイル、クラウドの安全性の高いシームレスな統合を提供する、基幹業務データのための企業データベースです。

IBM Watson Machine Learning for z/OS

IBM Machine Learning for z/OSを使用すると、高品質の自己学習行動モデルを作成、導入、管理して、データから隠れた価値を安全に引き出すことができます。

IBM Db2 for z/OS Data Gate

最新のアプリケーションに、Db2 for z/OSデータへの高速な読み取り専用アクセス権限を提供します。Db2 for z/OSデータをキャッシュして、今日の大容量、高頻度、読み取り専用のアプリケーションの劇的な増加をサポートします。

Next Steps