分析の高速化により銀行業務に関する洞察を提供
分析ワークロードの高速化により、メインフレームの効率を向上
7月15日殉教者の橋が背景に見える、晴れた日のボスポラス海峡の眺め。

世界中でデジタル化が進むなか、成果を上げている銀行はデジタル化を取り入れています。その代表的な例が、トルコ第2位のプライベート・バンクであるGaranti BBVAです。5,000台を超えるATMと約1,000支店の運営に加えて、革新的なテクノロジーを導入して、Web、モバイル、ソーシャル・バンキング・チャネル全体を通じて、顧客にシームレスなデジタル・エクスペリエンスを提供しています。

同行のデジタル化への取り組みは、成果に結びついています。1,000万人近くのデジタル・ベースの顧客を抱えており、非現金取引の97%を占めています。

さまざまなプラットフォームやクラウド・サービスが同行のデジタル環境を支えていますが、本番環境のバンキング・アプリケーションは、IBM® z15メインフレームとIBM Db2 for z/OSデータベースで実行されています。Garanti BBVAのクラウド・データ・プラットフォーム・テクノロジー部門マネージャーのIbrahim Parlak氏は次のように言います。「当行の核となる銀行サービスにおいては、Db2 for z/OSを活用して、重要なビジネス上の意思決定を行っています」

このシステムにより、毎日、膨大な量の取引データと運用データが処理されています。これらの数十億もの取引、およびテラバイトのデータを分析することで得られるインサイトを想像してみてください。ビジネス部門とIT部門の双方にとって、大きなメリットになります。

たとえば、マーケティング担当者は、モバイル顧客の銀行取引履歴に基づいて、どのサービスを提供すべきかをどのように判断できるでしょうか。組織の会計プロセスは、政府の規制に準拠しているでしょうか。また、IT部門では、テラバイト・クラスのパフォーマンス・ログがアプリケーション・エラーを示しているのでしょうか、また、メンテナンスのためにアプリケーションをオフラインにする最適な時間帯はいつなのでしょうか。

データベースチームは、IBM Zプラットフォーム上で数万のバッチ・ジョブを一晩で処理します。これは、下流の分析、機械学習、インサイトを得るためのレポートおよびシステムのために履歴データを準備するジョブです。ただし、このワークロードはCPUを過剰に消費する可能性があり、本番アプリケーションに干渉する可能性があり、高価なアップグレードが必要になります。

300件以上のバッチ・ジョブ

 

Garanti BBVAは、IBM Db2 Analytics Accelerator for z/OSを活用して、毎晩300件以上のバッチ・ジョブを処理しています。

45時間

 

アクセラレーターにより、IBM z15メインフレームの CPU消費量を毎日45時間分削減しています。

1分

 

z15を導入したことで、以前は2日かかっていたコンプライアンス・レポートを1分で実行できるようになりました。

私の部門は、最もクリティカルな銀行取引を実行するメインフレームプラットフォームを管理しています。私たちの主な責任は、より高速かつ安全にし、今後の要件を満たすために新しいテクノロジーを実装することです。 Ibrahim Parlak氏 ユニット・マネージャー クラウド・データ・プラットフォーム・テクノロジー部門、Garanti BBVA

さらに、メインフレーム上の大規模なデータセットにわたる複雑な分析クエリでは、結果が出るまで時間がかかりすぎる可能性があります。また、夜間のバッチ処理は静的データのみが処理され、モバイル顧客がログインするたびに変動する動的データは処理されていません。しかし、リアルタイムのライブデータを分析することで、最も貴重な洞察を得ることができます。

つまり、コスト効率に優れ、かつセキュアな方法でメインフレームによる過去のデータ分析を高速化する方法だけでなく、動的な顧客データをリアルタイムで分析する能力を獲得する方法を見つけることがデータベースチームの課題でした。

「私の部門は、最もクリティカルな銀行取引を実行するメインフレーム・プラットフォームを管理しています」とParlak氏は説明します。 私たちの主な責任は、取引をより高速かつセキュアにし、将来の要件を満たすために、新しいテクノロジーを実装することです。

分析アクセラレーターの展開

Garanti BBVAがたどり着いた回答は、 Db2 for z/OSを論理的に拡張する高速クエリ・エンジンであるIBM Db2 Analytics Accelerator for z/OSを導入することでした。このテクノロジーにより、アクセラレーター上の分析ワークロードとIBM Zプラットフォーム上の取引のワークロードを効率的かつコスト効率よく処理するハイブリッド・トランザクション分析処理(HTAP)が可能になります。このアクセラレーターは、Db2 for z/OSの統合バックエンド・コンポーネントとして、同様に高可用性、レジリエンス、情報セキュリティーを実現するように設計されています。

同行のデータベースチームは、IBMと連携して、2019年7月にDb2 Analytics Accelerator for z/OSのバージョン5の導入を開始し、高度な機能を得るために更新を続けています。「IBMのサポートに感謝しています」とParlak氏は言います。「問題が発生した場合には、IBMが重要な製品とサービスをサポートしてくれることを確信しています」

アクセラレーターは当初から、z15からオフロードされた分析ワークロードを処理することで、バッチ・サイクルを改善してきました。ジョブは広範囲に及びます。300を超えるデータベース・テーブルが高速化され、各部門が分析に使用するデータが準備されます。分析データは、アプライアンス上に存在する33 TBのデータと、Db2 for z/OSに圧縮された残りの44 TBのデータから取得されます。

Db2 Analytics Accelerator for z/OSは、クレジット カード、顧客アカウント、リスク管理、および規制遵守に関連するレポートを作成します。また、アクセラレーターは、データ・ウェアハウスとAI向けにデータを準備する際にETL機能を実行し、品質保証テスト時に新しいアプリケーションのエラーを分析します。

さらに、このアクセラレーターは、同行の30万のアプリケーションと数百万のSQLステートメントからのCPU消費量とパフォーマンス・ログの定期的な分析を通じて、データベースのトラブルシューティングを自動化するのに役立っています。分析でエラーが検出されると、アクセラレーターは10年間のユーザー・アクセス履歴を自動的に分析して、最適なメンテナンス期間を決定します。

 

バッチ・ジョブの実行のほかに、アクセラレーターは少数のオンライン取引を分析します。データベースチームは、これを大幅に拡張して、モバイル・ユーザーによるアカウントへのアクセスや、その他の動的データを分析したいと考えています。そこで同行は、IBM Integrated Synchronization機能を搭載したDb2 Analytics Accelerator for z/OSバージョン7.5を導入しました。

このデータ・レプリケーション・プロトコルにより、データを所定の場所に保持しながら、ほぼリアルタイムでアクセラレーターへの動的データの増分更新が可能になります。その後、メインフレームのCPU消費量を削減しながら、最新のデータに対して分析クエリを実行できます。Integrated Synchronizationは、IBM Z Integrated Information Processor(zIIP)テクノロジーにより、コストをさらに削減します。

「現時点では、バッチ・ウィンドウ内に、アクセラレーターの大部分の恩恵を受けています」とParlak氏は言います。 「しかし、最新バージョンでは、オンライン取引を強力なマシンにルーティングすることに重点を置いています。近いうちに実現できると期待しています」

大手金融企業として、当行にはデータベースとアプリケーション環境のパフォーマンスを監視するチームがあります。IBM Db2 Analytics Acceleratorを使用することで、ほとんどの問題をビジネスに影響を与える前に特定できています。 Ibrahim Parlak氏 ユニット・マネージャー クラウド・データ・プラットフォーム・テクノロジー部門、Garanti BBVA
ビジネス・クリティカルな分析の加速

Db2 Analytics Accelerator for z/OSを使用することで、Garanti BBVAは大きなビジネス価値を得ています。分析処理は、ビジネス・クリティカルなタスクを自動化し、処理速度を向上させ、メインフレームのCPU消費量を抑えるのに役立っています。

アクセラレーターは、レポートと分析を驚異的なペースで自動的に実行します。ある例では、1,000億件の会計記録に基づく法規制遵守レポートをメインフレームで実行するのに2日間かかっていました。現在では、所要時間がわずか 1 分となり、ほぼ3,000倍速くなっています。「このようなレポートの作成を担当するチームにとって、これは大きなメリットでした」とParlak氏は言います。

IT管理の自動化もメリットです。アクセラレーターは、アプリケーションが本番環境にリリースされる前にエラーを検出できるため、品質管理に役立ちます。また、システムによるパフォーマンスとユーザー・アクセス・ログの定期的な分析により、データベースの異常をプロアクティブに検出し、メンテナンスに最適なタイミングを正確に判断します。

「大手金融企業として、当行にはデータベースとアプリケーション環境のパフォーマンスを監視するチームがあります」とParlak氏は言います。「アクセラレーターを使用することで、ほとんどの問題をビジネスに影響を与える前に特定できています」

Db2 Analytics Accelerator for z/OSは、z15もサポートしています。オフロードされたジョブにより、コストを削減しながらも最高のパフォーマンスで実行できます。データベースチームは、高速化により、メインフレームのCPU消費量が毎日45時間削減できると見込んでいます。

Garanti BBVAの経営陣は、プロセスの自動化、より高速な分析、より効率的なメインフレームというメリットを高く評価しています。さらに、データベースチームは、オンライン・データを分析するために、IBM Integrated Synchronizationをまもなくアクティブ化する予定です。これにより、ビジネスに役立つインサイトが得られる可能性が高いと考えています。

Parlak氏はこう締めくくりました。「Db2 Analytics Accelerator for z/OSは、ビジネス・クリティカルな金融プラットフォームにおいて不可欠です」

Garanti BBVA ロゴ
Garanti BBVAについて

1946年に設立され、イスタンブールに本社を置くGaranti BBVAは、トルコ第2のプライベート・バンクです。法人、民間、中小企業、決済システム、小売、プライベート・バンキングおよび投資銀行業務を含む、あらゆる銀行セグメントの1,800万の顧客にサービスを提供しています。18,000人以上の従業員を抱える同行の2020年度の売上高は523億トルコリラ、純利益は 64 億トルコリラでした。

次へ:
新型コロナウイルス感染症時代のモダナイズ ロードアイランド州 より良いインサイトを獲得するための架け橋を築く Sund & Bælt社
脚注

© Copyright IBM Corporation 2021.日本アイ・ビー・エム株式会社 〒103-8510 東京都中央区日本橋箱崎町 19-21

2021 年 12 月

IBM、IBMロゴ、ibm.com、Db2、IBM Z、z/OS、およびz15は、世界中の多くの管轄区で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。その他の製品名およびサービス名は、IBMまたは他社の商標である可能性があります。IBM商標の最新リストは、ウェブ上の「著作権および商標情報」 https://www.ibm.com/jp-ja/legal/copytradeで入手できます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。