ホーム Zのソフトウェア Zの分析 Data Virtualization Manager IBM Data Virtualization Manager for z/OS

IBM Zアプリケーションをモダナイズします。リレーショナル・データ・ソースおよび従来型の非リレーショナルのメインフレーム・データおよびその他のデータ・ソースへのアクセスを容易にします。IBM ZデータからAIアプリケーションを直接構築できます。

IBM Data Virtualization Manager for z/OS とは何ですか。

 

IBM® Data Virtualization Manager for z/OSは、IBM Z上に存在するデータの仮想統合ビューを提供します。これにより、ユーザーとアプリケーションは、データを移動、複製、または変換することなく、適切な場所のIBM Zデータに読み取り/書き込みをすることができるようになります。

Data Virtualization Manager for z/OSは、個別に設計されたデータ構造の統合を容易にし、追加の処理コストを最小限に抑えながらこれらを一緒に使用できるようにします。 従来のデータ移動アプローチは、必要なときに必要な場所でデータを活用する機会に悪影響を与える可能性があります。Data Virtualization Manager for z/OSは、一般的な業界標準API(SQLなど)を使用してIBM Zデータを活用できるようにすることで、時間とコストを節約します。PrestoDBコネクターはIBM® DVM for z/OSを介して、IBM Zデータ・セットへのIBM® watsonx.dataの即時アクセスを可能にします。watsonx.dataは、どこにいてもすべてのデータのAIワークロードを拡張できる、オープンかつハイブリッドな管理対象データ・ストアです。

ソリューション概要

IBM Data Virtualization Manager for z/OSを使用すると、メインフレームのデータを活用可能になり、ハイブリッドクラウドや分析、AIアプリケーション向けに簡単に統合できるようになります。

メリット メインフレームのデータに簡単にアクセス

アプリケーション開発を加速し、メインフレームのデータへのアクセス方法のモダナイゼーション・コストを削減します。

インフラストラクチャーのモダナイゼーションに合わせて調整

ハイブリッドクラウド、分析、AIイニシアチブ向けにメインフレームのデータへのアクセスを簡素化します。

メインフレームのデータでの直接的な読み取り/書き込みが可能に

データ移行のためにコストや手間をかけずに、最新のメインフレームのデータにアクセスできます。

機能
IBM Zデータを活用 管理対象の最も価値のあるデータにアクセス

IMS、VSAM、その他のメインフレームおよび非メインフレームのデータ・ソースに保存されているメインフレーム取引データに簡単にアクセスできます。


開発を加速 深刻化し続けるスキルギャップに対処

見つけるのが難しく、雇用コストもかかる、極めて特定的かつデータ・ストアに関する専門性の高い人材の必要性を最小限に抑えます。


アプリケーションのモダナイズはこちら より機能が充実したアプリケーションを開発する

複数のデータ・ストアのデータにアクセスし、これを統合することで、より機能が充実した魅力的な顧客アプリケーションの開発を実現します。


アクセスを簡素化 アーキテクチャーの複雑さをマスキング

複雑なデータ構造を、業界標準のAPI(SQLなど)を介してアクセス可能な、理解しやすいテーブル構造に変換します。

 


ユースケース

IBM Zデータを活用する方法

既存のレガシー・アプリケーションをモダナイズ リレーショナルおよび従来の非リレーショナルなメインフレームや非メインフレームなデータ・ソースでの直接的かつリアルタイムな読み取り/書き込みをできるようにして、IBM Zアプリケーションをモダナイズします。 メインフレームにおけるスキルがなくても、IBM® Db2 for z/OS、Virtual Storage Access Method(VSAM)、IBM® IMS、IBM以外のメインフレームのデータ・ソースなどのIBM Zデータ・ソースにアクセスできます。

クラウド・アプリケーションの最新データ メインフレームと非メインフレームの複数のデータ・ソースのデータをオンデマンドで組み合わせて、異なるソースからのデータをリアルタイムで統合します。 今日、組織は、より豊富で魅力的な顧客アプリケーションを実現するために、さまざまなデータ・ストアにアクセスする必要があります。
データ・ファブリックの最新データ データ・ファブリック内でIBM Zデータにすぐにアクセスできるようにします。 メインフレームのデータは多くの場合、組織が管理するとりわけ貴重なデータの一部です。 これはビジネスの現状を理解するために不可欠であり、機械学習(ML)およびAIモデルに有用な予測値を提供します。
レイクハウスに必要なデータ watsonx.data環境内からメインフレームのデータにシームレスにアクセスできます。ユーザーがメインフレーム・システムからデータにアクセスして分析する時間を短縮します。メインフレームの運用処理に影響を与えることなく、重要なコンピュート・リソースを複雑な分析に活用できます。分析プロジェクトやMLまたはAIプロジェクトに最新の企業データを使用します。

参考情報 IBM Z データで watsonx.data を強化

メインフレームの取引データを使用してAIのインサイトをより有用なものにし、統合における課題を克服します。 貴重な企業データをwatsonx.dataに取り込みましょう。

詳細はこちら
ソリューション概要

IBM Data Virtualization Manager for z/OSを使用すると、メインフレームのデータが活用可能になり、ハイブリッドクラウドや分析、AIアプリケーション向けに簡単に統合できるようになります。

詳細はこちら
IBM® Redbooksの資料

IBM Data Virtualization Manager for z/OSを探索して、従来の非リレーショナル・データへのアクセスをシームレスにモダナイズします。

詳細はこちら
関連製品 IBM watsonx.data

watsonx.dataは、オープン、ハイブリッド、ガバナンスに対応した業界唯一のデータ・ストアで、あらゆるデータを対象に、あらゆる場所で分析とAIワークロードを拡張できます。

IBM Cloud Pak for Data

すべてのクラウド上で実行されるオープンかつ拡張可能なデータとAIプラットフォームを使用して、AIへの取り組みを加速し、ビジネスの運営方法を変革します。

IBM® z/OS Connect Enterprise Edition

モバイルおよびクラウド・アプリケーション用の効率的でスケーラブルなRESTful APIを作成します。

詳細情報はこちら

IBM営業担当員とのミーティングを予約し、IBM Data Virtualization Manager for z/OSの変革力の詳細をご確認ください。