概要

You Pass, We Pay(YPWP)は、IBM資格情報の達成やオプションのロードマップ教育への参加のための費用について、お客様に払い戻しを行うものです。これらの資格情報は、PartnerWorldプログラムでより上位のレベルに移行するため、あるいは厳選されたコンピテンシーやインセンティブを獲得するために必要なものです。払い戻し額の上限は、プログラム・レベルごとに決められています。

注: セールス・マスタリー・テストは、バリュー・パッケージにも含まれているバウチャーによってカバーされています。 

 

対象となる資格情報

対象となるIBM資格情報およびオプションの準備コースについては、当ページ下部の表をご確認ください。これらの表は毎月更新されます。経験がある場合は、オプションのコースに参加せずに資格情報テストを受けて、払い戻しを受けることもできます。

請求ガイドライン

資格情報テストまたはオプションの準備コースを受ける前に、バリュー・パッケージを購入する必要があります。テストおよびコースを受ける時点で、バリュー・パッケージが有効でなければなりません。登録前に、請求ガイドラインをすべて慎重に検討してください。

払い戻しプロセス

払い戻し請求の申請は簡単です。

  1. 貴社のバリュー・パッケージ・サブスクリプションを確認し、請求ガイドラインを検討してください。
  2. オプションの研修に参加し、資格情報テストに合格します。
  3. 払い戻し請求フォームとサポート資料をIBMに提出します。

これで完了です。すべての請求情報を受け取った後、60日以内に貴社の銀行口座に払い戻しが行われます。

テストまたはコースに登録する前に知っておくべきこと

  • 貴社は、資格情報テストまたはオプションの準備コースを受けるに、バリュー・パッケージを購入する必要があります。テストおよびコースを受ける時点で、バリュー・パッケージが有効でなければなりません。 バリュー・パッケージは、支払いが完了し、さらに署名済みのバリュー・パッケージに関する特則がIBMによって受諾されるまで、有効にはなりません。注:参加者はバリュー・パッケージ特典を受けたい国ごとに個別のバリュー・パッケージを取得する必要があり、参加者の登録済みの居住国はバリュー・パッケージを購入した国と同じでなければなりません。
  • ビジネス・パートナー様は、グローバル研修プロバイダー(Arrow、Global Knowledge、Ingram Micro、LearnQuest、Tech Data、またはそれらに関連する教育プロバイダー)から購入したすべてのコースについて、公開済みの基準価格から、10%(レジスタード・レベル)、20%(シルバー・レベルまたはゴールド・レベル)、最大30%(*プラチナ・レベル)の割引が適用されます。お客様は登録中にこの割引を要求して確認する必要があり、請求書への支払いを行う前に、この割引がコース請求書に記載されていることを確認してください。割引がまだ請求書に適用されていない場合でも、You Pass, We Payではこの割引分を払い戻し金から差し引きます。ビジネス・パートナー割引を受け取っていない場合は、グローバル・トレーニング・プロバイダーに連絡して、返金を要求してください。グローバル・トレーニング・プロバイダーの研修割引は、Pearson VUEテスト料金には適用されません。*割引は提供方法(クラスルーム、コンファレンスなど)によって異なり、グローバル・トレーニング・プロバイダーによって異なる場合があります。IBMビジネス・パートナー様が利用できる研修割引について詳しくは、グローバル・トレーニング・プロバイダーにお問い合わせください。
  • コースに登録するに、払い戻しの手順と請求ガイドラインをお読みください。
  • テスト受験者が資格情報テストの質問に正確に回答するには、製品についての十分な知識と経験が必要です。
  • 代替コースの提供方法 - インストラクターによるオンライン(ILO)、セルフペースの仮想クラスルーム(SPVC)、Webベースの研修(WBT)、および自己学習も払い戻しの対象となり、Windows、Linux、AIX、およびz/OSなどのさまざまなプラットフォームで利用できる場合があります。
  • 新しい資格情報とテクニカル・マスタリー・テストは、全世界で使用可能になった時点で追加されます。廃止された資格情報の除去など、その他の変更は四半期ごとに通知されます。リストの確認はこまめに行ってください。

重要な提出期限

オプションのコース、学習時間、および資格情報のテスト日を慎重に計画してください。

  • 資格情報は、選択した資格情報パスで払い戻しの対象となる最後のコースを完了した後、60日以内に達成する必要があります。資格情報を達成した後に完了したコースは払い戻しの対象になりません。  注: 自己学習(オンラインまたはオフライン)コースの払い戻しを受けるには、コースの購入日から120日以内にコースを完了し資格情報を達成する必要があります。複数の自己学習コースを受講する予定の場合は、最初のコースの購入日から120日以内にすべてのコースを完了し資格情報を達成する必要があります。
  • 1つの資格情報に対して複数のテストが必要な場合は、60日以内にすべてのテストに合格し資格情報を達成する必要があります。
  • 資格情報を達成してから60日以内に、払い戻し請求フォームを提出してください。

払い戻しの対象となる資格情報、テスト、コース

表にリストされているコース・コードの組み合わせ(および/または)は、事前の知識や経験がまったくない、あるいはほとんどない社員を対象とした、資格情報テストの準備のための推奨ロードマップを示しています。リストされているコースはすべてオプションであり、資格情報を証明することで払い戻しの対象となります。経験がある場合は、コースを受講せずに資格情報テストを受けて、払い戻しを受けることもできます。

YPWPの新機能

厳選されたIBMデジタル能力バッジは現在、You Pass, We Payに含まれており、IBM PartnerWorldのコンピテンシーおよびプログラムに適用されます。

バリュー・パッケージのサブスクライバーは、YPWPに現在リストされている能力バッジを獲得し、YPWPガイドラインに適合すればオプションの準備コースの払い戻しを受けることができます。

注:IBMデジタル能力バッジは、必須要件が満たされていれば無料で付与されます。バッジ要件はさまざまですが、無料または有料のコース、クイズ、ハンズオン・ラボ、実装プロジェクトなどがあります。

アナリティクス

コグニティブ・ソリューション

Global Technology Services

Watson Customer Engagement

旧称: IBMコマース

セキュリティー

Watson IoT (モノのインターネット)