コンテナを使用する理由

企業はコンテナを採用することで、開発者の生産性、DevOpsの効率、アプリケーションの可搬性を改善しています。IBMはコンテナ採用の現状について調査を行いました(2017年調査)。この調査では、最も重要なソリューションと機能は何か、すぐに解決すべき重要な課題についてヒアリングを行い、コンテナ開発を採用することによってもたらされるビジネス上の利点についてまとめています。

コンテナ採用の利点 TOP3

59%

アプリケーションの品質の向上と、障害の削減

57%

アプリケーションのダウン時間の削減と関連するコストの削減

54%

従業員の生産性の向上

コンテナの統合管理

コンテナを初めて導入する企業の場合、軽量なパッケージとして簡単にコンテナを記述できます。コンテナにはすべてのソフトウェアとソフトウェアの実行に必要な依存関係が含まれます。これにより「インストール」が不要になります。迅速に使用を開始でき、パブリック環境とプライベート環境の両方で使用できます。

Kubernates

単純なソフトウェアを導入する場合コンテナは簡単に稼働できますが、通常エンタープライズ・グレードのアプリケーションの導入には適していません。Kubernetesがその課題を解消します。コンテナ化されたアプリケーションの管理、自動化、導入のエンタープライズ・グレードのニーズに対応し、今日最も広く採用されているオープン・ソース・ソリューションです。

IBM Cloud Pakcs

コンテナとKubernetes以外に、企業は本番トポロジーを調整し、アプリケーションの管理、安全性、ガバナンスを提供する必要があります。

このニーズに対応するため、IBMは「IBM Cloud Paks」を提供します。IBM Cloud上のKubernetesのために構築されたエンタープライズ・グレードのコンテナ・ソフトウェアです。オープン・スタンダードで開発され、統合機能により迅速な本番稼働を実現します。IBM Cloud PrivateとIBM Cloud Paksを統合することで、エンタープライズ・グレードのコンテナ・ソフトウェアのための安全な統合ソリューションが実現します。

Containers overview summary

主要な機能

エンタープライズ・グレード

標準装備のセキュリティー機能とガバナンス機能により企業をサポートします。

統合

管理機能とライフサイクル機能を事前に統合しています。

簡単に導入可能

コンテナ単独で導入する場合に比べ、迅速に本番環境トポロジーを導入できます。

IBM Cloud Paks in action

本番稼働に対応できるだけでなく本番稼働を実現:WebSphere Liberty + IBM Cloud Paks