Webセミナー

「金融機関のDXを支える ークラウド本格適用とハイブリッド・マルチクラウドの勘所」

概要

世界的な危機の中で、金融機関の役割は、かつてないほど重要になっています。金融機関は、数年単位ではなく数週間で迅速に変革を進めていくことが求められています。一方で、セキュリティーとコンプライアンスの要件にも対応していかなければなりません。競争力を維持していくために、業界はデジタル化とモダナイゼーションを行い、従業員が新しい働き方に適応できるようにする必要があります。企業は業務のあらゆる側面を改善して、効率的かつ安全で俊敏なクラウドへの移行を支援する、豊富な業界専門知識を持つ信頼できるパートナーを必要としています。

お客様事例

株式会社百十四銀行

金融機関のDXに繋ぐ「デジタルサービス・プラットフォーム(DSP)」を導入し、新たなサービスが可能になりました。

株式会社琉球銀行

「次世代営業店構築プロジェクト」に着手し、営業店業務プロセスをデジタル化。事務処理時間50%削減を目指しています。
 

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド

RBSのサービス責任者であるMaryAnn Fleming氏が顧客の住宅購入をどのように容易にしたのかを説明します。

デジタル変革ソリューション

顧客体験ソリューション

銀行向けリスク・コンプライアンス・ソリューション

銀行向けサイバーセキュリティー・ソリューション

金融プロフェッショナルブログ

THINK Business 最新記事

井上 やよい
金融サービス事業部
ファイナンシャルマーケッツコンサルティング部長

変化する市場系システム、成功の鍵を握るアライビリティとは

酒井 大輔
金融サービス事業部

デジタル・リインベンションコンサルティング部長

デジタル時代の銀行とは? (2) ―― デジタル化の浸透で再定義される銀行の未来像

大山 剛
Promontory Financial Japan, an IBM company
CEO & マネージング・ディレクター

試されるRAF——金融機関のミスコンダクトと経営の持続可能性にどう対峙するか

鍋島 四郎
金融サービス事業部
リスク管理&コンプライアンスパートナー

気候変動リスク業界動向とIBMソリューション

参考情報

お客様との共創のはじまり「IBM Garage」

お客様が実現されたいご要望に応じて、ビジネス、デザイン、テクノロジーそれぞれの分野における多様なIBMエキスパートが、お客様チームと連携します。IBM Garageのフレームワークに基づき、ビジネス価値創出までの時間を短縮し、最新テクノロジーを使った画期的なプランを共に創り上げて実行していきます。
IBM Garageは、デザイン思考、アジャイル、DevOpsなど、IBM独自のエンドツーエンドのフレームワークにより、様々なソリューションをシームレスに発案、構築し、測定や反復を繰り返しながら、お客様のビジネス価値を拡げます。