アプリケーションのモダナイゼーション

menu icon

アプリケーションのモダナイゼーション

アプリケーションのモダナイゼーションの概要、一般的なメリットと課題、開始方法をご覧ください。

アプリケーションのモダナイゼーションとは

アプリケーションのモダナイゼーションとは、既存のレガシー・アプリケーションを使って、それらのプラットフォーム・インフラストラクチャー、内部アーキテクチャー、機能をモダナイゼーションするプロセスです。 今日のアプリケーションのモダナイゼーションに関する議論の多くは、モノリシックなオンプレミスのアプリケーション(典型的には、ウォーターフォール開発プロセスを使用して更新し保守されるもの)と、それらのアプリケーションをクラウド・アーキテクチャーとリリースのパターンにどう組み込むか、つまりマイクロサービスのDevOpsに焦点を当てています。

アプリケーションのモダナイゼーションのメリットは、通常、新機能の提供速度の向上、他のサービスがAPIを介して消費するための既存のアプリケーションの機能の公開、さらに、アプリケーションの拡張性とパフォーマンス、長期的なデータセンターとIT戦略を目的としたオンプレミスからクラウドへのアプリケーションのリプラットフォームと要約できます。

アプリケーションのモダナイゼーションの課題は、通常、コストと複雑さということになります。 ROIを考慮せずに、アプリケーションをオンプレミスからクラウドに移動するということは、アプリケーションをただ移動するために移動していることです。 逆に、他のアプリケーションは、リプラットフォームやリアーキテクチャーから有意義なメリットが得られる可能性がありますが、既存のシステムやインフラストラクチャーと非常に密接に結合しているため、モダナイゼーションの複雑さがメリットを上回る可能性があります。

アプリケーションのモダナイゼーションを成功させるためには、他の場合と同様に、最終的に戦略とアプリケーションのモダナイゼーション・プロジェクトの選択が鍵となります。これらの戦略とプロジェクトでは、クラウドのメリット、スピード、パフォーマンス、規模、新機能の開発などが、特定のアプリケーションに顧客体験とROIの向上のための明確な道筋を示すものになります。

IBMがアプリケーションのモダナイゼーションのジャーニーでお客様をどのように支援できるのかをご覧ください。

レガシー・アプリケーションをモダナイズする理由

レガシーのアプリケーションは、多くの場合、モノリシックのアプリケーションでもあります。 モノリシックのアプリケーションには、モダナイズすることが望ましい2つの特性があります。 更新が難しいことと、拡張が難しいうえに高いコストがかかることです。

モノリシック・アプリケーションは、アーキテクチャー上の理由から更新が困難です。 1つのアプリケーションのコンポーネントがすべて一緒に出荷されるため、複雑さと統合の課題にかかる手間を考えると、機能を追加することは困難で、コストもかかります。

同様の理由で、拡張は困難でコストがかかります。 アプリケーション内で負荷とパフォーマンスの問題があるコンポーネントが1つだけであっても、最も要求が厳しい1つのコンポーネントに対応するためだけに、アプリケーション全体を拡張する必要が生じる可能性があります。 このアプローチでは、無駄になる計算機資源が多くなってしまいます。

1つのアプリケーションを複数のマイクロサービス・アーキテクチャーへとモダナイズすることにより、各コンポーネントはより小さくなり、疎結合され、互いに独立したデプロイメントと拡張が可能になります。 このアプローチでは、複数の独自の問題が伴う一方、モダナイゼーションにおける重要な価値の多くを見出すことができます。

次の動画では、マイクロサービスのアーキテクチャーについて詳しく説明しています。

マイクロサービスとは(06:37)

アプリケーション評価から始めるアプリケーションのモダナイゼーション

アプリケーションのモダナイゼーション・プロジェクトを開始するとき最も重要なことは、アプリケーションを評価することです。 変革を始めるために、手持ちのインベントリーを使用することは当然と言えます。これはほぼすべての変革に当てはまります。

リストができたら、x軸とy軸で示す難易度と、モダナイズされた場合に増加する潜在的な価値について、それらすべてのアプリケーションをグラフに示していくことができます。 「潜在的な」価値とは、そのアプリケーションが顧客体験とお客様の組織の将来にとってどの程度重要であるかを示すものとも考えられます。

このグリッドは価値の高さと労力の少なさを示しており、その右上に分類されるアプリケーションは、アプリケーションのモダナイゼーション・プロジェクトを開始するための、明らかに有力で異論の少ない候補になります。

最も難しい決定は、移動が難しい高価値のアプリケーションに対するものなります。 こうした決定について、プロジェクト開始当初にやるかやらないかの二者択一の戦略を取る必要はありません。 このような場合、お客様のポートフォリオを正しい方向に進めながら、リスクを軽減しコストを削減できる、アプリケーションのモダナイゼーション向けアプローチが複数あります。

アプリケーションのモダナイゼーションのパターン

アプリケーションのモダナイゼーションについては、プラットフォームの組み合わせ、アプリケーションのアーキテクチャー、APIを介したアプリケーションの機能の公開に焦点を当てている、よく知られたアプローチが少数あります。

モノリシックからマイクロサービスへ

アプリケーションのモダナイゼーションの最も一般的なパターンでは、モノリシック・アプリケーションのリファクタリングと小さく疎結合されたマイクロサービスへの分割が行われます。

モノリシックからマイクロサービス・アーキテクチャーへ

上記のマイクロサービス・アーキテクチャーの例では、n層を持つ1つの小売アプリケーションがマイクロサービスのコレクションに分割されます。マイクロサービスはアプリケーション内の個々のサービスに対応し、それぞれ独自のデータベースとデータ・モデルを備えたものです。

こうしたアプローチの1つに、「ストラングラー・パターン」として知られているものがあります。ストラングラー・パターンでは、モノリシック・アプリケーションの分割を一度に行う代わりに、アプリケーションを少しずつ分割し、モダナイゼーションが最も容易で価値の高い部分から移行します。このアプローチが進行するに従い、最終的にはモノリシック・アプリケーションのすべてが移行されます。

クラウド移行

ほとんどのモダナイゼーション・プロセスに、マイクロサービスへのリファクタリング、アプリケーションのリプラットフォームまたはリホスティングが含まれます。 大幅な書き換えを行わずにアプリケーションを単純にリフト・アンド・シフトすることは可能ですが、多くの場合、コンテナやKubernetesの活用など、クラウド・モデルをより有効に活用するためのアプリケーションの再構築に価値があります。

クラウド移行の詳細については、「クラウド移行:基本ガイド」を参照し、次の動画をご覧ください。

クラウド移行とは(04:46)

APIを介した機能の公開

最後に、アプリケーションをそのままにしながら、APIを介してその機能またはデータを安全に公開する、モダナイゼーションのアプローチがあります。 この方法は、移行よりも統合に重点を置いているため、新しいクラウドネイティブ・アプリケーションで既存のシステムとデータの機能を簡単に利用できます。

アプリケーションのモダナイゼーションのための主要テクノロジー

ほとんどの組織が経験しているモダナイゼーションのプロセスを促進できるテクノロジーの幅広いポートフォリオがあります。

プライベート、ハイブリッド、マルチクラウド

パブリッククラウドがモダナイゼーション戦略の重要な部分であると同時に、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド、マルチクラウドの戦略も、セキュリティー、遅延、アーキテクチャー上の理由から非常に重要です。

さまざまな理由で、組織がデータセンターからパブリッククラウドに直接移行する準備ができていない可能性があり、特定のワークロードをそれぞれの特性に基づいて稼動させる必要がある場合、そこに関連するアーキテクチャーとポリシーの複雑さをすべて解決するために、パブリッククラウド以外のクラウド・モデルが役立つことがあります。

コンテナとKubernetes

コンテナKubernetesは、クラウド内の多目的コンピューティングの一形態としてのVMへの挑戦者としてだけでなく、ハイブリッドクラウドとアプリケーションのモダナイゼーション戦略の主要なイネーブラーとして登場しました。

コンテナ化では、デスクトップ、クラウド、オンプレミスのすべての環境にわたり一貫性をもってアプリケーションを実行できるように、アプリケーションを一貫性のある軽量な方法でパッケージできます。 この種の柔軟性は、クラウドにおける前進を計画している組織にとって現実的なメリットです。

コンテナ化の説明(08:08)

アプリケーションのモダナイゼーションとIBM Cloud

アプリケーションのモダナイゼーションは、特にビジネスとITの運用全体で自動化のニーズが拡大する場合、お客様の組織の前進のほんの一部にすぎません。 自動化の拡大は、小規模で測定可能なプロジェクトを成功させることから始める必要があります。その後、他のプロセスや組織の他の部分のために、そのプロジェクトを拡張・最適化できます。

IBMと連携することで、すべてのプロセスをよりインテリジェントにしてイノベーションを加速させるために、事前構築されたワークフローなど、IBM Cloud Pak for AutomationのAIを活用した自動化機能を利用できるようになります。

IBM Cloudの製品とサービスのポートフォリオは、組織がビジネス・プロセスとレガシーのアプリケーション資産をクラウドに取り込む際に役立つようにも設計されています。

詳細情報はこちら:

IBM Cloudアカウントを今すぐ始めましょう。