IBM® Process Mining

2021年のGartner社のMarket Guide for Process Miningに選出

概要

プロセス・マイニングとは

プロセス・マイニングは、従業員による実際の作業を把握するために、エンタープライズ・アプリケーションによってログに記録されるプロセス、ケース、イベントに特化したデータ・マイニング・アルゴリズムを適用することで、隠れたボトルネックを検出し、自動化により最も大きなプロセスの改善につながる場所を特定することです。

プロセス・マイニングはなぜ必要 →

製品資料ダウンロード(PDF,214 KB)→

 

活用方法

ご利用上のメリット

プロセス・マイニングの機能

モデルとルールの精緻化

ビジネス・ルールとロジックを検出します。自動ルール管理用に、What-Ifシナリオにコンテキスト・データを追加します。

ボット、リソース割り振り

ご希望の自動化レベル、予測ROI、リソース・コストに基づいてリソース割り振りを調整します。

現状とWhat-Ifの比較

現在のプロセスのアクティビティー、パフォーマンス、コストをWhat-Ifプロセスのシナリオと比較します。

クリティカル・リソース分析

プロセスの主要ユーザーを特定し、リソースと役割の関係を識別し、コンプライアンスを確保します。

アクティビティー・マップ

各アクティビティーに含まれるリソースと役割をすべて表示し、ドリルダウン分析を実行します。

規格適合検査

プロセス・パフォーマンスとプロセス・モデルを比較し、予期しない動作を検出し、標準化逸脱の根本原因を発見します。

マルチレベル・プロセス・マイニング

複数のシステムで複雑なプロセスをマップして分析し、偏りのある統計とデータの重複に対処します。

シミュレーション

任意の数のWhat-Ifシナリオを作成し、実装前に、ROIを最大するためのリスクのない自動化に関する意思決定を見出します。

タスク・マイニング

従業員のデスクトップ操作を発見し、モニターし、分析します。 パターンを確認し、生産性を向上させ、 RPAに関する推奨事項を入手します。

バリアントの比較

時間とコストの非効率性を強調するために、2つ以上のバリアントを比較し、改善の機会を特定します。

自動化基盤

共有コンポーネント

手のひらのイラスト上に浮かぶ三角形に積み上げられたドット

一度構築すると再利用可能

共通のAIと自動化のコンポーネント・セットは、各IBM Cloud Pak®を強化し、セキュリティー機能の充実したコンポーネント統合を可能にします。このため、一度構築すると、ビジネス運用とIT運用全体で再利用できます。主なコンポーネントには以下が含まれます。

  • プロセス・マイニングにより、プロセスの展開方法の傾向、パターン、詳細を識別できます。
  • タスク・マイニングにより、容易に実現可能なRPAのオポチュニティーを発見できます。
  • ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)により、反復の多いタスクを自動化できます。
  • 統合資産 リポジトリーにより、再使用可能な自動化成果物が保管、共有されます。
  • 単一のイベント・ハブにより、イベント・データがリアルタイムで処理され、機械学習にデータが提供されます。

作業のオーケストレーション

破線で描かれた六角形とその内側の五角形

パーソナルな対話式AI

作業者が既に使用しているツール(Eメール、カレンダー、Slack®コラボレーション・ソフトウェアなど)に独自の対話式AIツールを装備すると、日常的なタスクもミッション・クリティカルなタスクもより迅速に実行できるようになります。作業は、チャットを使用して簡単に開始できます。次に、強力なAIエンジンが、組織で蓄積された知識と過去の対話に基づいて事前にまとめられたスキルを組み合わせて作業に取り組みます。

エンタープライズ・グレードのコンテナ

立方体内の3本の斜線

どこにでも導入可能

自動化基盤とIBM Cloud Paksはコンテナ化されたソフトウェアであり、エンタープライズ対応KubernetesプラットフォームのRed Hat® OpenShift上で稼働します。このようなコンテナは、ハイブリッドクラウド、マルチクラウド、 エッジと、どこにでも導入できます。Red Hat OpenShiftは制御の一元化により、環境全体でのオーケストレーションを簡素化します。

IBMは、構成からモニター、スケーリング、コンプライアンス、パッチ適用までソフトウェアのライフサイクルを自動化するコンテナ・テンプレートを認定・管理します。セキュリティー強化技法により、一般的な脆弱性が発生する可能性までも軽減されます。

自動化ジャーニーを活性化する

反復タスクを終了し、プロセスを迅速化します。 お客様に最適な自動化についてご覧ください。 IBM Robotic Process Automationがお客様に最適な自動化を提供します。

主要なユースケース

業務オペレーション

標的のアイコン

ローン申請、保険の引受と請求などの業界固有の業務オペレーション・プロセスに加えて、口座開設やオファー承認を含む一般的な業務オペレーション・プロセスのマイニングを行います。

人事

盾と人物のアイコン

人材採用のパイプライン、採用プロセスとオンボーディング・プロセスを改善できる場所を明確にします。従業員のパフォーマンス追跡、トレーニング、コンプライアンス、関係、要求を強化します。

財務・会計

3層からなる2Dの四角形のアイコン

マーベリック支出、期日内の支払い、請求書処理時間を分析して、逸脱とやり直しを減らし、過剰な人的資源を特定して、自動化を進め、コストを削減します。

ソフトウェア配布

スクリーン・ショットのアイコン

ソフトウェアのビルド、テスト、導入のプロセス、ソース・コードのアクセス管理をすべて把握します。移行、ソフトウェア更新、パッチの配布と管理について、効率性を分析し、特定します。

ITとセキュリティーのプロセス

セキュリティーを表すシールドのアイコン

ヘルプ・デスクのプロセスを詳細に確認し、受理から解決までのチケットのルーティングを明らかにします。今後のネットワーク運用とハイブリッドクラウド管理のプロセスをシミュレートし、セキュリティー管理とサーバー管理を把握します。