システムとクラウド・アプリケーション間でのデータの転送

ビジネスの発展に伴い、アーキテクチャーやデータ・スキームが異なってくると、従来のエンタープライズ・システムと新しいクラウド・ベースのアプリケーション間でのデータの移動が難しくなる可能性があります。新しいアプリの可能性を最大限に高め、既存のシステムを最大限に活用するために、App Connectはデータベースからパッケージ・アプリケーションまでのすべてのエンドポイントに安全に接続する方法を提供します。

アプリケーションとデータがどこに存在する場合でも統合可能

オンプレミス・システムとクラウド・ベースのシステムを安全に接続し、一致しないデータ形式を把握し、データをバッチまたはレコード単位で移動するデータ統合フローを簡単に構成できます。

App Connectがお客様をサポート

エンドポイントの接続

スマート・コネクターがさまざまなクラウド・アプリケーションとオンプレミス・アプリケーションを結び付けます。高速で安全な接続を行い、データの可能性を高め、正確で可用性の高いデータを提供します。アプリケーションへの直接かつ安全なアクセスにより、ビジネスが標準モデルとは異なるものになっても、カスタム・フィールドを処理することもできます。

Salesforce Service Cloud、SAP、ServiceNow、SFTPのアイコンのスクリーン・ショット

データのマッピング

コーディングなしにアプリケーション間でデータ転送を行う統合フローを簡単に構成します。App Connectのインテリジェント・マッピング機能を使用すると、データがアプリケーション間を移動中に変換とクレンジングを行うことで、データの移動先と直接連携させ、情報がすぐに使用できるようになります。

IBM App Connectのインテリジェント・マッピング機能のスクリーン・ショット

高速なデータ転送

App Connectは、バッチ転送、バルク転送、リアルタイム同期などさまざまなタイプのデータ転送をサポートします。スケーラブルなランタイムにより、非常に柔軟に必要なタイミングで必要な情報を転送することができます。ユーザーはどのタイミングでどのデータを転送するか制御できます。

IBM App Connectのバッチ・データ転送機能のスクリーン・ショット

APIの開発を開始する

アプリケーションとデータを統合しました。次にApp Connectを使用してAPIを開発しましょう。

無料でApp Connectの利用を開始する

統合パフォーマンスの向上、待ち時間の短縮、コスト削減を実現します。コーディングなしで設定できるため、数分で稼働状態になります。Liteプランを選択すると、専門家によるアドバイス、インストール環境、最初の2つのフローを無料でご利用いただけます。