ホーム ケーススタディ William Jalloul氏 IBMとともに新市場の迅速な拡大を実現するためのFlowpayの取り組み
Flowpay + IBM
watsonx.aiによる花模様の白い円のデジタル・レンダリング

フィンテックの新興企業である Flowpay は、チェコ共和国全土の中小企業(SME)にシンプルなオンラインの運営資金を提供するという1つのアイデアと大量のデータを携えてその歩みを開始しました。最初の市場で大きな進歩を遂げた後、Flowpayはいよいよ他の国々の顧客をターゲットにする準備ができました。新市場への参入を準備する際、見込み客から決済サービス指令(PSD2)の取引データを分類するためのメタデータを収集する必要があります。従来、Flowpayにとってこれは非常に時間のかかるプロセスでした。Flowpayのチームは、成長目標を達成するにはアプローチを修正する必要があることを認識していました。

Flowpayは、IBM® Fintechxプログラムの一環としてIBM Client Engineeringとの連携を開始し、一連のイノベーション・ワークショップに参加しました。同社の目標は、生成AIを導入することでプロセスを強化することでした。このパートナーシップの結果、AIを利用した2つのプロセスが作成され、4週間のパイロット期間中に7人のユーザーによって構築およびテストされました。1つ目のプロセスは、メタデータ作成プロセスを高速化および簡素化するように設計されており、2つ目は引受報告書の作成を自動化します。どちらのプロセスもIBM watsonx.ai ™を利用しています。これは、セキュアで協調的なデータ管理とプロセスの自動化のために設計されたAIツールの統合スイートです。

IBMのクライアント・エンジニアリング・チームは、実用的で革新的なソリューションを非常に短期間で構築するのを支援してくれました。協力体制はプロに徹していて、チームは知識が豊富で積極的でした。 Flowpay 創設者兼CEO(最高経営責任者) William Jalloul氏
この実験では、平均して、極めて有望な結果が得られました。 100% 新しい市場調査とメタデータ作成のための時間の節約 ~50% メタデータのエラー修正のための国別の時間短縮量(月単位) ~20% 引受人によるローン承認プロセスの迅速化
Flowpay社は2024年に、4月のスロバキアを皮切りに、いくつかの新たな市場に参入する予定です。watsonxのパイプラインを使用して、スロバキアの市場やその他の新市場向けのメタデータの初期バージョンを生成しつつ、ソリューションに微調整を徐々に施していきます。同時に、自動生成される引受報告書を新しいセクション(申込者のデジタル・プレゼンス、主要ビジネス・パートナー、収支予測の評価など)でさらに強化し、API呼び出しを通じて当社の主力製品で利用できるようにする予定です。 データサイエンス責任者 David Hanzelka氏 William Jalloul氏

最初のソリューションは、大規模言語モデル(LLM)を使用して完全に新しいコンテンツを生成し、インターネットベースの検索結果を処理します。Flowpayが拡大対象にしているどの国でも、数分で簡単に設定して、公開されているデータを分析できます。初期データセットが自動的に作成されるため、PSD2取引を分類および分析し、最初の現地顧客に対応する準備が容易になります。

2つ目のソリューションは、Flowpayの引受プロセスを大幅にスピードアップするように設計されています。ローン申請者の銀行口座からの未加工のPSD2取引と計算されたデータ・ポイントに基づき、LLMは申請者の財務の健全性とその人物へのローン供与に関連するリスクの簡潔な要約を、理解しやすく専門的でない言葉で作成します。

Fintechxプログラム内でIBMと共同で構築したソリューションのプロトタイプは、生成AIの「手法」と機能をより深く理解するのに役立ち、今後の新しい市場への拡大を大幅に加速させるでしょう。 データサイエンス責任者 David Hanzelka氏 William Jalloul氏
南ワイカト地区議会のロゴ
Flowpayについて

Flowpay(ibm.com外部のリンク)はチェコ共和国のフィンテックスタートアップ企業で、予測AIモデルを使用してリスクをより正確に評価し、中小企業の可能性を真に理解しています。同社は中小企業への直接融資者として事業を営み、中小企業プラットフォーム向けの組み込み型金融インフラストラクチャーと、融資機関向けのサービス型リスク(RaaS)ソリューションを提供しています。

IBM watsonx.ai AIスタジオの詳細はこちら

基礎モデルと機械学習モデルを簡単に学習、検証、チューニング、デプロイできます。

詳細はこちら お客様事例はこちら
法務

© Copyright IBM Corporation 2024.日本アイ・ビー・エム株式会社 〒105-5531 東京都港区虎ノ門二丁目6番1号 虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

2024年4月、アメリカ合衆国で制作。

IBM、IBMロゴ、ibm.com、IBM Cloud、IBM Watson、watsonx.aiは、米国やその他の国または地域におけるInternational Business Machines Corporationの商標または登録商標です。その他の製品名やサービス名は、IBMまたは他の企業の商標である可能性があります。IBM商標の最新リストは、https://www.ibm.com/jp-ja/legal/copyright-trademarkで入手できます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

引用または説明されているすべての事例は、一部のクライアントがIBM製品を使用し、達成した結果の例として提示されています。実際の環境でのコストや結果の特性は、クライアントごとの構成や条件によって異なります。お客様のシステムおよびご注文のサービス内容によって各クライアントの結果は異なるため、一般的に予測される結果を提示することはできません。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。

お客様は、自己の責任で関連法規および規則を順守しなければならないものとします。IBMは法律上の助言を提供することはなく、また、IBMのサービスまたは製品が、いかなる法規もしくは規則をお客様が順守していることの裏付けを、表明ならびに保証するものでもありません。