ホーム ケーススタディ Belfius ベルギーの大手銀行がITとサイバーセキュリティ―のイノベーションを解き放つ
Belfius社 + IBM
近代建築の建物から見える抽象的な形状
急速な変化を先取り

Belfius Bankは、ベルギーで380万人以上の人々に銀行・保険サービスを提供している総合企業で、急速に変化する今日の金融業界をリードし、顧客に最高の銀行・保険サービスを提供し続けるために、サイバーセキュリティー・ソリューションをはじめとした同社のITを業界の変化に合わせて進化させたいと考えていました。

Belfius社は、IBM Securityのサービスとソフトウェア、およびIBM ZのメインフレームをIBMと契約することで、同社が持つ技術革新の能力を向上させながら、自社のテクノロジーを可視化して管理できるようになりました。

セキュリティに自信を持つ

『2024 IBM X-Force Threat Intelligence』を読む

~73% のアラートはMLによる自動処理が可能
Belfius社とIBM Securityチーム間の緊密な連携と、IBMプラットフォームに追加されたAIコンポーネントとの相乗効果により、Belfius社のリスクとセキュリティ―体制に対する可視性と管理が強化されました。 Karine Goris氏 最高セキュリティー責任者 Belfius Bank
イノベーションを解き放つ

IBMと直接関係を築くことができるマネージド・サービスに移行することで、Belfius社はAIと機械学習(ML)によって増強された高度なセキュリティ機能を活用し、コアITシステムを継続的なイノベーションに開放しました。

このパートナーシップによって以下が実現しました。

24時間年中無休のセキュリティ一元運用:IBM Securityオペレーション・センター(SOC)から、 IBM脅威の検知および対応(TDR)サービスが、24時間体制でリアルタイムのインシデント管理を提供しています。

効率的で自動化された脅威の検出と対応:IBMチームは、IBM Securityソフトウェアを活用して、Belfius社が保有するオンプレミスとクラウドのインフラストラクチャーを一元的に可視化しています。 このソフトウェアは、毎秒何千ものセキュリティー・イベントを自動的に分析して相関させ、インシデント対応の活動を調整し、必要に応じて自動化を支援します。Belfius社は、セキュリティ情報およびイベント管理(SIEM)ダッシュボードと、インシデント対応に関連するすべてのアクションとステータスを完全に可視化できるようになったため、TDRチームと協力して、ユースケースと対応ルールを長期的に改善できます。

AIとMLによる効率化:TDRのセキュリティー・プラットフォームには、エンドポイントからのものも含め、あらゆるセキュリティー・イベントをMLベースで分析した内容と分類が含まれています。 アラートの約73%は自動的に処理され、誤検知はすぐに破棄され、無害または標準的な問題は自動解決に割り当てられるため、人間のアナリストによる処理が不要になり、より深刻な問題に集中できます。 このプラットフォームはまた、IBMのグローバルなSOCネットワーク全体から収集した脅威インテリジェンスにAIを適用し、継続的かつ透過的に検知能力をチューニング、適応、改善します。

メインフレームとストレージの管理:Belfius社とIBMは、Belfius社のコア・バンキングと保険アプリケーションを2台の新しいZメインフレームに移行し、同社の分散コンピューティング環境をソフトウェア・デファインドのストレージに接続しました。 最後に、この契約によってBelfius社はIBMのソフトウェア・カタログに直接アクセスできるようになり、一般的な調達プロセスに依存することなく、オンデマンドで自社のプラットフォームをモダナイズするために必要なソリューションを組み込むことができるようになりました。

IBMエンタープライズ・セキュリティー・ソリューション

ビジネスとともに進化する、AI駆動型のサイバーセキュリティー・ソリューション

レジリエンスとアジリティ

「Belfius社とIBM Securityチーム間の緊密な連携と、IBMプラットフォームに追加されたAIコンポーネントとの相乗効果により、Belfius社のリスクとセキュリティ―体制に対する可視性と管理が強化されました」と、Belfius社の最高セキュリティー責任者のKarine Goris氏は述べています。

Belfius社はコンプライアンスのレポートも強化できます。 実際、欧州連合の新たな規制であるデジタル・オペレーション・レジリエンス法(DORA)(リンク先はibm.com外部)と、サイバーセキュリティーに関してEUが2023年に制定したNIS2指令(リンク先はibm.com外部)では、金融機関に対して新たに重要な報告義務を課しています。Belfius社はIBMと直接契約して連携し、自社のコアITプラットフォームとそのセキュリティー・ソリューションの可視性を高めることで、規制当局に提出する必要がある情報により容易にアクセスできるようになりました。

Belfius Bankのロゴ
Belfius Bankについて

Belfius社(リンク先はibm.com外部)は、ベルギー全土で銀行・保険サービスを提供している総合企業です。 小売顧客、あらゆる規模の企業、公共機関、非営利団体にサービスを提供しています。 ベルギー国民の約3人に1人がBelfius社と取引をしています。

サイバーセキュリティーを変革してビジネスを推進

サイバーセキュリティー・コンサルティング、クラウド・セキュリティー・サービス、マネージド・セキュリティー・サービスにおける業界のグローバル・リーダーとして、リスクを管理します。

IBM脅威検知および対応サービスについて学ぶ お客様事例はこちら
法務

© Copyright IBM Corporation 2024. 日本アイ・ビー・エム株式会社 〒103-8510 東京都中央区日本橋箱崎町19-21

2024年3月、米国で制作

IBM、IBMロゴ、ibm.com、IBM Security、QRadar、IBM Z、IBM z16は、米国およびその他の国々におけるIBMの商標です。その他の製品名やサービス名は、IBMまたは他の企業の商標である可能性があります。IBMの商標の最新リストは、ibm.com/legal/copyright-trademarkでご覧いただけます。

Microsoft、Windows、Windows NT、Windows のロゴは、米国、その他の国、またはその双方におけるMicrosoft Corporationの登録商標です。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

引用または説明されているすべての事例は、一部のクライアントがIBM製品を使用し、達成した結果の例として提示されています。実際の環境でのコストや結果の特性は、クライアントごとの構成や条件によって異なります。お客様のシステムおよびご注文のサービス内容によって異なりますので、一般的に期待される結果を提供することはできません。本書の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。

適切なセキュリティー慣行に関する声明:どのようなITシステムや製品も完全に安全とみなすべきではなく、不適切な使用やアクセスを、完全に実効性のある形で防止できる単一の製品、サービス、セキュリティー対策もありません。いずれかの当事者による不正行為または違法行為の影響がシステム、製品またはサービスに及ばないという保証、またはこうした影響がお客様企業に及ばないようにするという保証をIBMが提供することはありません。

お客様は適用法・規則の遵守を徹底する責任を負うものとします。IBMは法律上の助言を提供せず、IBMのサービスまたは製品を使用することでお客様による法律または規則の遵守が確約されると表明することも保証することもありません。