SPSS Statistics

SPSS Statistics 26の新機能

記事をシェアする:

SPSS Statistics 26で利用できるようになった最新機能を発表いたします。ユーザーからの要望の多かった新しい統計機能、既存の統計とスクリプト・プロシージャーの強化、クラシック・ユーザー・インターフェースへの新しいバッチ機能など、新機能を強化しました。これらはすべて、お客様からのフィードバックにお答えしたものです。

バージョン26の新機能で実行できることを紹介します。
 

新しい分位点回帰分析の実行


 
2つのROC曲線の比較


 
一元配置反復測定分散分析、1サンプルの2項分布、1サンプルのポアソン分布向けに拡張されたベイズの各種プロシージャーの実行



 
複数評価者に対応したフライスのカッパ係数を使用して信頼性分析を向上



 
MIXED、GENLINMIXED、MATRIXのスクリプト機能拡張を実行


 
IBM SPSS Collaboration and Deployment Servicesに代わる、SPSS Statisticsジョブの処理のための新しいバッチ機能拡張


 
上記の機能をSPSS Statistics 26でご利用いただけます。その仕組みについては、こちらのデモ・ビデオ(Youtube, 8分4秒, 英語)をご覧ください。これらの機能の詳細やバージョン26の他の機能については、Knowledge Centerにアクセスしてください。
 
今回の新機能は以下のモジュール、エディションでご利用いただけます。

  • 分位点回帰分析はRegression moduleとStandard edition
  • ROC分析はBase edition
  • ベイズプロシージャーはAdvanced Statistics moduleとStandard edition
  • 複数評価者に対応したフライスのカッパ係数はBase edition
  • MIXED、GENLINMIXEDのスクリプト機能拡張はAdvanced Statistics moduleとStandard edition​
  • MATRIXのスクリプト機能拡張はBase edition
  • バッチ機能はBase edition

 
購入情報は、SPSS Statistics製品ページでご確認いただくか、IBM担当員または販売パートナーにお問い合わせください。

無料評価版は、2019年5月に提供開始の予定です。SPSS Statistics製品ページをご覧ください。登録した後、「クラシック」ユーザー・インターフェースで評価版をダウンロードしてください。

これらの機能の実現に時間を費やしてくださったすべてのお客様、スポンサー・ユーザー様、ベータ参加者様、設計担当者、開発者、統計担当者、そしてビジネス・パートナー様に心より感謝申し上げます。

 


本記事は、What’s new in SPSS Statistics 26(英語)の抄訳です。

More SPSS Statistics stories

AI & データ関連Webセミナーのご案内

IBM Data and AI, IBM Watson Blog, アナリティクス...

自席からご参加いただけるWebセミナーです!開催当日は、チャットでQ&Aも行えます。開催翌日からは、録 ...続きを読む


Db2 Warehouse on Cloudエントリー・プラン後継サービスのお知らせ

Db2, アナリティクス

Db2 Warehouse on Cloudに関する重要なお知らせです。後継サービスのリリースに伴い、2019 ...続きを読む


【10月16日開催】Db2ユーザー・コミュニティ「Db2 User Network」のご案内

Db2, アナリティクス

Db2ユーザー・コミュニティ「Db2 User Network」とは 2019年10月16日(水)に、Db2を ...続きを読む