IBM Sustainability Software

Think2019現地レポート #0 by Watson IoT

記事をシェアする:

 

Think2019現地レポート #0 by Watson IoT

Think2019に参加するために、サンフランシスコに来ています。

イベントが本当の意味でスタートするのは明日で、今日はプレオープン的な位置づけでパートナー企業向けのセッションがいくつか開かれています。

ただ、私自身が参加あるいは取材予定のセッションは今日は夕方までなかったので、今日は先ほどまで観光地3箇所(Pier39の野生のアシカ、LGBTタウンとして知られているカストロ、ヒッピー発祥の地と言われているヘイトアシュベリー)を駆け足でぐるっと回ってきました。

そして今、コンファレンス会場の下見にきて、ロビーでこのブログを書いています。

明日以降はセッションの中身などを取り上げるつもりです。
それでは、明日以降のレポートもぜひご覧ください。

(TEXT: 八木橋パチ)

 

問い合わせ情報

お問い合わせやご相談は、Congitive Applications事業 にご連絡ください。

 

More IBM Sustainability Software stories

TRP2024ボランティアリーダーふりかえり座談会(後編)

IBM Sustainability Software

日本IBMのLGBTQ+コミュニティーのメンバーにとって、すっかり毎年の恒例となっている東京レインボープライド(TRP)への参加。今年も、200人の社員やその家族、パートナーや友人たちがプライドパレードに参加し、出展ブー ...続きを読む


TRP2024ボランティアリーダーふりかえり座談会(前編)

IBM Sustainability Software

まず、この短い動画を見ていただきたい。 なによりも、たくさんの笑顔が印象に残るのではないだろうか?   規模拡大を続け、今年は2日間で延べ27万人を動員したという東京レインボープライド(TRP)2024。そのT ...続きを読む


法務・AIリスクのスペシャリスト三保友賀が語る「ダイバーシティー」 | インサイド・PwDA+7(後編)

Data Science and AI, IBM Sustainability Software

日本IBMにて法務、特にAI倫理・リスクのスペシャリストとして、そして同時にLGBTQ+コミュニティー*1やPwDAコミュニティー*2のアライとして積極的に活動している三保友賀さんにお話を伺いました。 前編での法務・AI ...続きを読む