IBM Cloud Blog

Kubernetes効果:チームの変革に火をつける

記事をシェアする:

この投稿は、2020年08月12日に、米国 IBM Cloud Blog に掲載されたブログ(英語)の抄訳です。

Kubernetesによって自動化を実現し、可能な限り自動化の文化を作ることができます。

クライアントがクラウドネイティブ(英語)の目標について私に話しかけるとき、回復力、スケール、パフォーマンスは最優先事項です。しかし、彼らの主な目標は、スピードです。クライアントの顧客は要求が高く、常に嗜好を進化させています。先進的なお客様は、毎日、開発チームが速度を上げることで対応する新機能、カスタマイズ、プライバシーを期待します。

最高の変革は内から生まれます

最古のテクノロジー企業の1つであるIBMは、製品とサービスを変革する100年の経験に基づく企業文化を持っています。今日、IBM Cloudチームは新しいアップデートを1日に数千回本番環境にプッシュしています。お客様は信頼できるでしょう。100歳の企業がそれを行うことができるのであれば、彼らもそれができると。

私が最もよく受ける質問の1つは、すぐに使えるクラウドネイティブの作業を行うために開発チームを編成する方法です。通常、この質問を提案に変更します。新しいプロジェクトを使用して、チームの組織、プロセス、および報酬の再評価を行います

通常、計画された結果により早く到達するための明白な方法があります。たとえば、すべてを自動化します。チームがタスクをより速く、より良く、より効率的に実行する方法について考える自由をチームに与えることが重要です。チーム内からの変更が採用される可能性が最も高くなります。

デザイン思考は期待を調整します

私が最初に行うことは、すべての利害関係者をまとめるデザイン思考のワークショップを立ち上げることです。アプリの開発と運用の実務者だけでなく、事業、マーケティング、販売のリーダーでもあります。最初の課題は、エンドユーザーエクスペリエンスから顧客が現在必要としているものについて合意することです。そこから、チームは最小の実行可能な製品(MVP)を達成するための定量化可能な丘を計画し、フィードバックのために実際の顧客の前に置きます。
MVPを提供して洗練するプロセスは、IBM Cloudのお客様に役立つようにIBM Garage(英語)メソッドがセットアップされたものです。

MVPが定義されると、チームはそれを完了するために可能な限り迅速に移動します。そこで登場するのがKubernetes(英語)です。変革の触媒としてKubernetesを使い始めることができます。開発チームと運用チームのメンバーの作業を1つの一般的な方法で実装できるようにするだけでなく、Kubernetesは本質的に、スケーリングや可用性などの複雑な問題を解決するので、開発チームは、本番環境に移行するときに一度にすべてを解決する必要がないため、負担がかかりません。そのため、Kubernetesを使用すれば、自動化を確立できます。これにより、可能な限り自動化を目標とする文化が生まれます。

IBM CloudでKubernetesサービスに取り組むという点では、私たちのチームは、SREが顧客と対話して問題解決の学習曲線を推進するのではなく、情報へのリンクを作成することに長けています。また、ドキュメントが優れており、アプリケーションに対する高速更新で進化することを確認するための優れた方法でもあります。同じ質問を2回聞くと、GitHubのissueが作成されドキュメントが更新されます。それは何かが不明確だった場合やユーザーエクスペリエンスに混乱が生じたために製品自体が更新された場合です。これは、一度に複数のレベルでアジャイルな考え方を使用する新しい方法です。それが、自動化の文化の中で実際に動作し始めたところです。

 

ChatOpsは、それが起こっているところでチームワークを自動化する

ChatOps(英語)は自動化の強力な例の1つです。私たちはChatOpsの使用は早くから始めました。各chatbot(英語)には、特定のペルソナと特定のジョブがあります。たとえば、きかんしゃトーマスの児童書に基づいて、トップハム・ハット卿と呼ばれています。トップハム・ハット卿ボットは、パイプラインを開発から本番に移行する承認をゲートするのに役立ちます。

他のチャットボットはSlackでの会話をリッスンし、Runbookのようなものを推奨したり、特定のIPアドレスに関する詳細情報を提供するアプリに誘導したりします。チャットボットが積極的に会話に価値を追加したり、チャットボットが互いに「対話」したり、人間の介入なしに対話して問題を解決したりするのを見ると、非常に興味深いものになります。

チャットボットでの作業からの重要な洞察は、人々が実際に作業している場所でワークフローの自動化を提供する必要があるということです。すでに使用しているツールに適切なタイミングでより多くの情報を取り込むことができれば、SlackからGitHubでissuesを開くなどの作業をしていることに気づくでしょう。作業の調整が非常に効率的になります。

 

小規模チームが大規模なパフォーマンスを発揮できるようにする

ご存知のように、Kubernetesはワーカーノードのクラスタ上のポッド内のコンテナ化(英語)されたアプリを管理します。 IBM Cloudでクラスターをグローバルに管理するために、私たちの小さなチームは、数万のクラスターにわたる変更を効率的に推進する方法を必要としていました。そのために、チームはRazee(英語)を発明しました。Razeeは現在、オープンソースツールです。 Razeeは、大量のKubernetesリソースへの変更を自動化します。したがって、コアSREチームは実際にはそれほど増えていませんが(おそらく最初から1〜2人)、世界中で24,000のクラスターを運用できるようになりました。

MVPを実行してからChatOpsとRazeeを使用するまでの経路は、Kubernetesに根付いた自動化の文化を反映しています。これは、使用しているすべてのツールと通信方法を評価するのに役立ち、プロジェクト間でより適切に作業を行う方法を確認できます。

クラウドネイティブのツールや働き方により、チームがより迅速に動くようにする際は、何が自分たちにあっているかを自由に考えられるようにすることをお勧めします。そうすればするほど、彼らは仕事の繰り返しのある部分を自動化(英語)する方法を見つける可能性が高まります。


翻訳:IBM Cloud Blog Japan 編集部

More IBM Cloud Blog stories

IBM Center for Cloud Training が新たに提供する、クラウド・サイト・リライアビリティー・エンジニアの認定資格

IBM Cloud Blog, IBM Cloud News

この投稿は、2020年10月06日に、米国 IBM Cloud Blog に掲載されたブログ(英語)の抄訳です。 サイト・リライアビリティー・エンジニアは、自らの開発スキルと運用スキルを活かしたい IT プロフェッショナ ...続きを読む


IBM Center for Cloud Training が新たに提供する、クラウド開発者の認定資格

IBM Cloud Blog, IBM Cloud News

この投稿は、2020年10月06日に、米国 IBM Cloud Blog に掲載されたブログ(英語)の抄訳です。   クラウド開発者は、自らの開発スキルを活かしたい IT プロフェッショナルのための、今注目され ...続きを読む


IBM Center for Cloud Training が新たに提供する、クラウド・サイト・リライアビリティー・エンジニアのためのラーニング・パス

IBM Cloud Blog, IBM Cloud News

この投稿は、2020年10月06日に、米国 IBM Cloud Blog に掲載されたブログ(英語)の抄訳です。 IBM Cloud での認定の取得を目指すプロフェッショナルなサイト・リライアビリティー・エンジニアのため ...続きを読む