ビジネス・オペレーション

官公庁・地方自治体の業務をAI、洞察、専門知識で支援

記事をシェアする:

公的機関が IoTデータとAI を使用して、スペースをモニターし、居住者の健康を確保するには

[著者] マーロン・アティケン (Marlon Attiken)、U.S. Public Service、IBM Global Business Services

通常、私たちは米国会計検査院 (GAO) の高リスク・リストを検討して、デジタル変革の取り組みを評価します。現在、米国連邦政府、州、および地方のすべては、リソースとサービスに対する前例のない要求に直面しているため、このリストは差し迫った課題を二の次にしていると言っても間違いありません。

公的機関とテクノロジーの連携

幸いにも、官公庁・地方自治と技術革新は長い間、良好な関係を維持しています。より優れたモビリティー、自動化、IoTデータ、AI からの洞察などに力を入れていて、スマート・シティー・オプションとも呼ばれるプログラムを提供しています。このプログラムでは、官公庁・地方自治体のコストを抑えながら、より高速で、よりパーソナライズされたサービスが提供されます。また、ますます高まる市民の期待に首尾良く対応し、公的機関の運営の仕組みを変革しています。

どのような状況でも、官公庁・地方自治体は常に、より少ないリソースでより多くのことを実行する方法をしなければなりません。施設をデジタル化し、IoTデータや AI からの洞察を適用することで、建物の運用コスト全体の20%を節約できます。

今まさに切迫したビジネス上の問題に取り組まれているのであれば、IBMにご相談ください。

IoTデータとAI を使用したスペース管理と居住者の健康の維持

今日、人々の安全を維持するためにテクノロジーが果たす役割はますます多くなっています。多くの人々は在宅勤務をすることができますが、「必要不可欠」と見なされている機関、建物、人々は無数にあります。つまり、仕事が続く間、動作し続ける必要があります。また、すべてのスペースがどのように使用されているか、誰がいつ使用しているかを理解することが重要になります。一部の機関では、既存のスペース利用率をさらに高めようとしており、他の機関では、必要に応じて迅速に統合または追加することを目標としています。そして、誰にとっても居住者の健康と安全を優先させることは必須です。

混乱の最中には、AI ベースの不動産・施設管理ソリューションが重要な役割を果たす可能性があります。占有率を正しく把握し、監視することにより、ソーシャル・ディスタンスのガイドラインに基づいてスペースを割り当てる方法、清掃強化が必要な施設や、飲食物提供サービスの需要を管理する方法を理解します。対面でのやり取りをさらに減らすための、セルフサービス、非接触型注文、およびAI ベースの支援を提供するスマートフォン・ソリューションもあります。これらのソリューションは、計画外のダウンタイムを回避するために予防保守の項目に注意を喚起し、空間と占有率に関する信頼できる唯一の情報源を提供することもできます。その情報は、機関が新しい「日常」に備えて取り組みを強化するときに必要になります。

アナリストによる分析情報

このトピックについての詳細については、独立調査会社であるVerdantixによるレポート(英語, 1.3MB)をご覧ください。レポートでは、急速に技術革新が進む中、不動産業界や公共機関の幹部は毎年テクノロジーを再評価する必要があると提言しています。 また、統合型職場管理システム (IWMS) および施設管理ソリューションの価値についてもご紹介しています。

さらに、Tim Paydos によるブログ記事「The essential role of government during COVID-19(新型コロナウイルス感染症における政府の重要な役割)(英語)」をご紹介します。この投稿で次のように述べています。「現時点で、そしてこれまで以上に、この危機を乗り切るための中心にあるのは、安定した効果的な政府です」。

効率的で信頼性の高い官公庁・地方自治体運営の確保と専門家への相談

つながる資産や未使用のデータ・ソースから得た洞察は、設備の保全、パフォーマンスの最適化、およびダウンタイムの回避のために必要な、予防的、予測的、および処方的対策を理解するために不可欠です。IBM は、急速に変化する条件に対応するインテリジェント・ワークフローを構築するための、ソフトウェア、サービス、および業界専門知識の不可欠な要素をお客様にご提供しています。お客様がそのデジタル変革の過程のどこであっても、IBMはお客様のパートナーとして、よりレジリエントな事業運営のために必要とされる、AI によって強化された洞察とコンサルティング・サービスをご提供いたします。詳細な説明をご希望される場合は、IBMにご相談ください。

次世代のビジネスオペレーションの情報もこちらでまとめています。

著者について:Marlon Attikenは IBM Servicesのパートナーであり、政府向けのモノのインターネット (IoT) オファリングを率いています。デジタル技術とプラットフォームを使用したお客様のビジネス変革に重点的に取り組んでいます。IBMの官公庁・地方自治体向け IoTイニシアチブのリーダーとして、連邦政府、州、地方、および高等教育機関と協力し、IoT、AI、ブロックチェーン、クラウドなどの飛躍的な進歩を遂げるテクノロジーを通じて既存のビジネス・モデルを変革しています。Marlonは、IBMで戦略とデジタルの領域でさまざまな役割を果たし、財務および運用の変革、新しいテクノロジー戦略、システムの実装についてお客様にアドバイスしています。また、公認会計士 (CPA) の資格をもち、ニューヨーク大学のスターン・スクールで金融商品および市場を専門とする経営学修士号 (MBA) を取得しています。

※この記事は米国時間2020年4月7日に掲載したブログ(英語)の抄訳です。

More ビジネス・オペレーション stories

お客様と共に、事例を超えるために

社員が語る「キャリアとIBM」

社員が語る「キャリアとIBM」では、IBM社員のキャリアや仕事内容をインタビュー形式でご紹介します。 第四回目は、IBMコンサルティング事業本部のアソシエイト・パートナー、M.O.さんのインタビューです。 Q.現在の所属 ...続きを読む


拡張インテリジェント・ワークフローの魔法 | from IBVレポート

IBM Sustainability Software

当記事は、IBM Institute for Business Value(IBV)のレポート『バーチャル・エンタープライズ 拡張インテリジェント・ワークフローの魔法』を一部抜粋し再編集したものです。 全編は下記よりダウ ...続きを読む


LGBTQ+とニューロダイバーシティ当事者による連携イベント振り返り | インサイド・PwDA+3

IBM Sustainability Software

6月はプライド月間(プライドマンス)と呼ばれ、LGBTQ+*の権利啓発イベントが世界各地で開催される月です。日本IBMでも、10数年前から社内外で多くのイベントを開催していますが、2022年はある1つの新しい試みが行われ ...続きを読む