IBM Cloud 市場の声・市場評価

IBM Cloud Satelliteが BIG Awards for Business 2021 “New Product of the Year” 受賞

記事をシェアする:

この投稿は、2021/12/8に Arin Bhowmick, Vice President and Chief Design Officer, IBM Software Products が自身のブログサイトに掲載した投稿 (英語)の抄訳です。

 

IBM Cloud SatelliteがBusiness Intelligence GroupのBig Awards for Businessで2021 New Product of the Yearを受賞しました

IBM Designは、デザイン思考のフレームワークと革新的なアイデアを用いて、お客様の問題を解決することをお約束します。IBM Cloud Satelliteの製品チームは、この戦略を用いて、最も規制の厳しい業界にもクラウド技術を導入するために、精力的に活動しました。

Business Intelligence Grouが毎年開催しているコンテストは、各業界をリードする企業、製品、人材を表彰しています。複数のビジネス領域にわたるパフォーマンスを測定する独自のスコアリングシステムを用いて、ビジネスエグゼクティブの審査員によって審査します。Business Intelligence Grouのチーフ・ノミネーション・オフィサーであるマリア・ヒメネスは、「IBM Cloud Satelliteの2021年の傑出したリーダーシップと業績を称えることができ大変誇りに思います。今年の受賞者グループは、グローバルなビジネスコミュニティで明らかに手本となっています。」と述べています。

Business Intelligence Groupの発表アイコン
Business Intelligence Groupの発表 原本 (英語)
85 GLOBAL LEADERS NAMED WINNERS IN THE 2021 BIG AWARDS FOR BUSINESS

Secure by Default : IBM Cloud Satelliteで規制の厳しい企業でもハイブリッド・クラウドの導入が可能に

IBMは、ハイブリッド・クラウドのトップ・プロバイダーとなり、お客様がクラウド・テクノロジーを活用する方法を変革するという目標を掲げました。IBMのEDT(Enterprise Design Thinking)フレームワークを活用し、IBM Cloud Satelliteのプロダクトチームはその実現に向けて動き出しました。チームは広範なユーザーリサーチを行い、顧客のカスタマージャーニーをより理解するために顧客にインタビューを行い、埋めるべき市場のギャップについて学びました。

クラウドへの移行は、どんな企業にとっても複雑なプロセスですが、規制の厳しい業界ではさらに困難です。銀行や病院などでは、厳格なコンプライアンス基準により、最先端のテクノロジーソリューションを利用することができませんでした。IBM Cloud Satelliteは、急速に進化するクラウド市場において、規制の厳しい企業のニーズに応えるために作られました。EDTのフレームワークに従い、製品チームは「デフォルト(暗黙的に)で安全」なアプローチで IBM Cloud Satelliteを一から構築しました。このアプローチにより、コンプライアンス基準を満たし、急速に拡大するセキュリティの脅威から顧客が安心して保護されることが保証されました。

Satellite Locationのセットアップ画面ショット
ユーザーは数回のクリックでわずか15分でSatellite Locationをセットアップできます

製品チームは、リサーチで得た知見をもとに、初めてクラウドを利用するお客様のために、直感的なサポート体験を提供しました。ベータテストの段階では、Satellite Locationを設置するために90もの画面を操作する必要がありました。この複雑で複数のステップを踏むプロセスを完了するのに、お客様は1ヶ月もかかっていました。そこでプロダクトチームは、エンジニアリングやプロダクトマネジメントと協力し、段階的な情報開示と最先端の自動化ツールを用いて、IBM Cloud Satellite の主要なコンセプトをユーザーに伝えるユーザーエクスペリエンスを構築しました。このデザインソリューションは、急速に進化するドキュメントのセットと組み合わせて、ユーザーがIBM Cloud Satelliteを採用する際に必要なカスタマーサポートの量を、15分というシンプルなプロセスにまで減らしました。
IBM Cloud Satelliteのプロダクトチームは、クラウドの概念をひっくり返し、企業がオンプレミス、エッジ、または他のパブリッククラウド上でクラウドサービスを利用できるようにしました。

私は、IBM Cloud Satelliteのチームの革新性と勤勉さをとても誇りに思います。彼らは、ハイブリッド・クラウドの世界の壁を破る優れた製品を作り上げることに成功し、それがこの賞で認められたことを嬉しく思います。

※上記の記事はArin Bhowmick氏の個人的なものであり、必ずしもIBMの立場、戦略、意見を代表するものではありません。

Arin Bhowmickのブログ投稿 原本 (英語)
Business Intelligence Groupの発表 原本 (英語)

関連情報


翻訳:IBM Cloud Blog Japan 編集部

 

More IBM Cloud 市場の声・市場評価 stories

APクロス・リージョンおよびソウルと香港でリージョナルのIBM Cloud Object Storageをご利用の皆さまへ

IBM Cloud Blog, IBM Cloud News

2021年秋にお知らせしました(詳細はこちら)、IBM Cloud®の一部老朽化データセンターの閉鎖に伴い、 お客様には対象データセンターから移行先データセンターへのリソースやサービスの移行、およびデータの移行に関してご ...続きを読む


IBM Cloud FoundryからCode Engineへのマイグレーションに関するベスト・プラクティスの紹介:サービス・バインディングとコード

IBM Cloud Blog, IBM Cloud チュートリアル

Part1:Cloud Foundry アプリケーションを IBM Cloud Code Engine にマイグレーションするためのベスト・プラクティス 昨年、 Cloud Foundry のアプリケーションを IBM ...続きを読む


VRA OSを最新にアップグレードしましょう

IBM Cloud Blog, IBM Cloud アップデート情報, IBM Cloud テクニカルサポート

VRAをご利用の皆様、現在使用しているバージョンは1912でしょうか? VRA OS 1912は、2022年6月にEOS (End of Support)となる予定です。 この機会に2012へのアップグレードを推奨致しま ...続きを読む