モバイル・セキュリティー

働き方改革におけるモバイル・デバイス活用術(グループウェア連携)

記事をシェアする:

~安心してモバイルデバイス活用するためのヒント

企業の様々な業務において、BYOD をはじめモバイルを活用した変革が進んでおり、モバイル・デバイス管理ツールの利用も普及しつつあります。働き方改革における実業務において、モバイルを活用するにはデバイス管理ツールだけでは不十分であり、セキュリティーを担保した戦略的なモバイル・アプリの管理、セキュリティー脅威への対策などを視野に入れる必要があります。

日本IBM社内では、モバイル・デバイスの管理として、IBM MaaS360を導入しています。本セミナーでは、日本IBM社内の事例を交えて、IBM MaaS360を導入しているモバイル・デバイスとグループウェアがどのように連携しているのかを含め、安全に利用するための連携シナリオをご説明します。

さらに、IBM MaaS360の最新情報としてID管理の新機能についてもご紹介します。シングル・サインオンや信頼されたデバイスへの条件付きアクセス、VPN機能機能についてわかりやすく解説します。ぜひご参加ください。

アジェンダ

  • IBM MaaS360の機能概要
  • IBM MaaS360とグループウェア(Domino)連携方法
  • IBM MaaS360の新機能

講師
日本アイ・ビー・エム株式会社
セキュリティー事業本部 セキュリティー・システムズ事業部
テクニカルセールス
吉田 剛

More モバイル・セキュリティー stories
2019-11-28

Emotet(エモテット)、約2カ月の沈黙を経て再び猛威を振るう・・対策は?

  2019年9月に、ポーランド語、ドイツ語のユーザーをターゲットとしたマルウェアが添付されたスパム […]

さらに読む

2019-10-31

SIEMとは何か?脅威の検出を強化する仕組みとは?

SIEM (セキュリティー情報/イベント管理:Security Information and Event M […]

さらに読む

2019-09-27

【オンデマンドWebセミナー】マルチクラウド時代におけるサイバーセキュリティーの考慮点

オンデマンドWebセミナーのご案内 マルチクラウド時代におけるサイバーセキュリティーの考慮点 今日、多くの企業 […]

さらに読む