セキュリティー・インテリジェンス

ゲーム「TERMINAL」に挑戦: IBM Tokyo SOC セキュリティー エンジニア 岡安貴大

記事をシェアする:

event_members

もしも、ビジネスの基幹システムがハッキングされたら…。サイバー攻撃に対するインシデント対応ゲーム「TERMINAL」は、ある巨大な国際空港が舞台。サイバー攻撃から国際空港を守るため、3つのステージを順にクリアしていくこのゲーム。

アナリスト、マネージャー、役員、とステージごとに立場が変わり、難易度も増していく。

次々と起きる空港のトラブルを、迅速に的確に、回避していくことができるか…IBMメンバーたちが挑戦してみました!

第3回目の挑戦者は…

岡安貴大

岡安貴大
日本アイ・ビー・エム株式会社
MSS SOC・セキュリティーエンジニア

 

 

– まずは普段の業務について

岡安:セキュリティーアナリストです。Tokyo Security Operation Center(SOC)にて、セキュリティー機器のリアルタイム分析業務を担当しています。

– 今回のテーマであるサイバー攻撃についても詳しそう!プライベートの過ごし方は?

岡安:旅行が好きで、国内外を巡っています。昨年は、47都道府県を廻り終えました。最近は外出自粛のため、大学の頃から続けている創作折紙や、友人とオンラインゲームをして過ごしています。

– セキュリティもゲームもお手の物ですね!ゲーム結果が楽しみです!

 

<ACTⅠ :IT担当者 ステージ>

IT担当者として、ウィルスから空港の搭乗口のシステムを守るステージです。

<ACTⅠ :IT担当者 ステージ>

岡安:モニタリング・ツールがかっこいい!実際にこんなのがあるといいなぁ。こんなにサクッと迅速にファーム・ウェアをアップできるなんて、なんて素晴らしい環境なんだ…。

うん?ワンちゃんが逃げ出した…?あぁあ、頑張ってボタン押してるんですが、まずい…!!

 

<ACTⅡ :マネージャー・ステージ>

マネージャーとして、対策チームを結成してトラブル対応に当たらせるステージです。

<ACTⅡ :マネージャー・ステージ>

岡安:外注先を装ったメールからマルウェア感染とは、現実的ですね。メール経由で感染してしまうのが、最近多いと思います。

 

<ACTⅢ :役員 ステージ>

役員として、メディア対応をはじめとして、トラブルについて社内外が納得できる判断を下すステージです。

<ACTⅢ :役員 ステージ>

岡安:現場のかなり細かいトラブルまで上がってくるので混乱してしまう…またワンちゃんが出てきましたね

– お疲れさまでした!ゲーム中、悲鳴のような嘆きが漏れていましたね…実務でも直面したことのあるサイバー攻撃でしたか?

岡安:普段はアナリストとして、実際にお客さまの環境に入ってくるマルウェアなどを見ているのですが、まずメールから入ってきて、ルーターを攻撃して、順番に内側で広がっていく流れがリアルでしたね。ゲームでは空港の話でしたが、今年も色々な業界で似たようなサイバー攻撃のニュースが流れています。サイバー攻撃を防げないと、こういう状況になるというのは、良くシミュレーションされていたと思います。

– このゲームはどのような方に勧めたいですか?

岡安:私は普段はリモートからお客様をサポートしていますが、このゲームではお客様の視点での現場の対応や、立場が違う方々の視点というのが疑似体験できて、とてもよく理解できました。異なる視点を得られるのはなかなか貴重なことだと思うので、我々のような実際にセキュリティー業務に当たっている人にやっていただきたいですね。

– 最後に、在宅勤務が多い毎日の過ごし方の工夫やコツがあれば…

岡安:在宅勤務でオンライン・ミーティングが増えましたが、私はXR技術に興味があり、最近は猫の姿でミーティングに参加しています。フェイス・トラッキングで自分の顔の動きに合わせて、白猫ちゃんの顔が動いて会話できるのですが、ミーティング中に相手のお子さんの「猫ちゃんだ!」という声が聞こえると嬉しいですね。味気ない会議に少しの和みを与えられるように努めています(笑)

– 「TERMINAL」は誰でもご自宅のPCからプレイできるオンライン・ゲーム(無料)です。在宅勤務の合間などに、ぜひ多くの方々にチャレンジしていただければと思います!

 

<ターミナルのCM動画 / リンク>

TERIMINALでサイバー攻撃を体験する TERMINAL遊び方ガイドを見る

【関連情報】

More stories
2020-10-05

情報漏えい時に発生するコストの三大要因とその軽減策

データ侵害、情報漏えい発生時のコストは、過去6年間の平均で微増しています。Ponemon Institute が調査を実施し、IBM Security が発表した「情報漏えい時に発生するコストに関する調査:Cost of […]

さらに読む

2020-09-29

ランサムウェア2020:世界の組織に影響を与える攻撃の傾向

ランサムウェアは、あらゆる業界や地域の組織が直面している最も難解で一般的な脅威の1つです。また、ランサムウェア攻撃によるインシデントは増加し続けています。一方で、ランサムウェアの脅威のアクターは、組織がこの攻撃から回復す […]

さらに読む

2020-09-28

ゲーム「TERMINAL」に挑戦: IBM広報 一ノ瀬はづき

もしも、ビジネスの基幹システムがハッキングされたら…。サイバー攻撃に対するインシデント対応ゲーム「TERMINAL」は、ある巨大な国際空港が舞台。サイバー攻撃から国際空港を守るため、3つのステージを順にクリア […]

さらに読む