セキュリティー・インテリジェンス

SIEM活用講座3回シリーズ ~情報は収集できる。それをどう活用するのか。~

Webセミナーのご案内

2018年、サイバー犯罪の攻防は「AI vs. AI」、インシデント分析と対応時間を圧倒的に短縮する方法とは?

IBM X-Forceによる5つの2018年サイバー・セキュリティー予測、その筆頭が「AI vs. AI」。高度なテクノロジーやAIまでもを駆使して巧妙に仕掛けてくるサイバー犯罪者には、こちらもインテリジェンスで対抗せざるを得ません。IBM Security QRadar を核としたセキュリティー・インテリジェント・プラットフォームを活用してどう戦うのか、その方法をご紹介します。当SIEM活用講座では3回にわたり、それぞれ「AI」「クラウド」「オーケストレーション(連携)」に焦点を当て、セキュリティー・インテリジェント・プラットフォームの活用術を紐解きます。

◆ 講師

日本アイ・ビー・エム
セキュリティー事業本部 セキュリティー・システムズ事業部

開催概要

日時
オンデマンド

場所
Webオンライン(お申込後に視聴方法をご案内)

参加費
無料(事前申し込み制)

More stories
2019-06-18

IBM、「The Forrester Wave: Identity Management And Governance, Q3 2018」でリーダーに認定

IBM セキュリティーは、フォレスター社の最新の ID 管理・ガバナンスの調査レポートにおいて、リーダーに位置 […]

さらに読む

2019-04-03

【オンデマンドWebセミナー】事例から読み解く、今QRadar SIEMが必要とされる理由

オンデマンドWebセミナーのご案内 事例から読み解く、今QRadar SIEMが必要とされる理由 近年、企業に […]

さらに読む